滑走日記8(養成講習1・岩見沢グリーンランド)

◆2017年1月3日(火) 岩見沢は晴れ

今日から「江別スキー連盟・準指導員養成講習」実技スタート

グリーンランド20170103

◆シ、シゴかれた・・・・・

覚悟はしていた。

しかし、のっけから強烈にダメ出しされた。(笑

6人で受講していたのだが、「全員、足首・膝・股関節の動きが少なすぎる」と、指摘。

・直滑降→足首・膝・股関節曲げ→直滑降→3関節曲げ
・直滑降→外足加重停止
・外足加重プルーク


私は、

・腰が折れすぎて、足首が全く使われていない。股関節の曲げは脛の角度と同じくらい
もっとガッツリ足首と膝を使うこと

・外足加重時、上体が外側に倒れすぎる。足首・膝・股関節の曲げの結果として状態が傾く

という点を指摘され、何度も何度も繰り返し練習させられる。

自分の感覚としては、

・お尻を落とさず、ブーツのベロを壊すくらいの意識で足首を曲げる

ということかな。


いや~しかし、今日の練習はコタえた~

 

======講習概要(自分のための防備録)======

◆直滑降での上下動
意図する動作:足首、膝、股関節をしっかり大きく動かす

雪面を押しながら曲げ、押しながら伸ばす。

→吉川、膝が内側に入る。ひざ、足首がまっすぐ前に曲がるように修正する。
→ひざ、足首が曲がった結果として状態が動く
→ブーツのタングをしっかりそすように

◆プルークポジションでの上下動
意図する動作:同じ

→吉川、上体がターン外側に傾きすぎる。
→ひざ、足首が曲がった結果として状態が傾く程度

◆目合わせ用 基礎パラ大、基礎パラ小
意図する動作:大きな動きができるよう。

→全員動きが小さすぎる。可動域を大きくするためのトレーニングが必要


◆ズレの大きなショートターン
意図する動作:大きな上下動と上半身と下半身のひねり

→吉川、ショートターンでも丸くターンを仕上げる必要あり
→「つ」の字を意識すべき?

◆直滑降→急停止
意図する動作:重心を外足に預ける。外足をひねる。

→吉川、ストップするときは外足に体を近づける

◆プルークショートターン
意図する動作:しっかりニュートラルを作り外足を押す

(防備録)
とにかく、まずは大きく動く!!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1015

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年1月 3日 21:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「滑走日記7(自主練7・テイネハイランド)」です。

次のブログ記事は「仕事はじめは、バタバタで・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。