滑走日記(自主練6・テイネハイランド)

◆2016年12月31日(土) テイネハイランドは晴れ -11℃


9:20ちょっと遅れて駐車場に到着・・・ゲレンデは・・・・寒い!

気温計を見ると、今日も-11℃である、しかし、昨日ほど寒さを感じない。

teine20161231



◆悪友とのスキーキャンプ1日目

恒例になった年末・年始のハイランドスキーキャンプ。もう15年以上続いている。 
黙々とひたすらノンストップでテイネの1.7kmのコースを滑走するのだ。

◆欠点可視化・・・?

今日も急斜面、ショートターンの練習。

悪友にビデオ撮影してもらう。再生してビックリ・・・・

left-turn

(ビデオからのキャプチャなので、画像がひどく粗いです)

左ターン(右足外足)は、もう少し外足に乗りたいところはあるものの、
まずまずのターンポジション。上体のひねりも現時点では合格点だろう。

ところが、右ターン(左足外足)となると・・・

right-turn

何てこった・・・・ただ、内側に倒れているだけ・・・これではダメである。

左ターン(上の画像)では、上体が外向きに残っているので、スキーをフラットにするだけでニュートラルポジションが作れる。あとはスキーのトップが落ちてくれるのを待つだけでいい。

ところが、右ターン(下の画像)では上体が内に倒れてしまっているので、まず、しっかりとターンをコントロールするのが難しくなる。その上、フラットをな状態を作ろうとすると「内側から体を起こす」必要があり、対応が遅れ気味になる。その間、スキーは縦に走ろうとするのでどうしても加速してしまう。バランスの良い左ターンで深く、ある程度おさえられても、右ターンでスピードが制御できず、結局、急斜面では何ターンかで破たんしてしまうことになる。

外足(左足)にもっと乗らないとダメ。そして、上体もターン外側に大きく傾かないとダメである。体の傾きが概則への加重を強めることになるので、すべての問題の根本原因がここにある。

そのために、今シーズン最初からコツコツ、プルークでポジションを確認してきたつもりだったのだが・・・

さらに悪友より、

「膝が割れている」

と指摘がある。ん~、なるほどね。これも理由は明確で、「内足への加重が不足して、内側のひねりが足りない」ということだ。

内側がフラット気味になっているので、コントロールが甘くなり、開き気味になる。若干ポジションが後傾になっていることもその理由かもしれない。

いずれにしても、左外足ターン時に

・もっと上体をターン外側に倒す(斜度に垂直に立つ)
・外足をしっかりひねりこむ
・内足を軽くせず外足と同調させるようにひねりこむ

明日のスキーキャンプでの課題が明確になった。ビデオを撮影してくれた悪友に感謝・・・

それにしても・・・・上達への道は遠い・・・・(w

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2016年12月31日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「滑走日記(自主練5・テイネハイランド)」です。

次のブログ記事は「謹賀新年2017」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。