幸せな敗戦・・・なでしこ準優勝

◆2015年7月8日(水) 江別は晴

日本代表 2 - 5 アメリカ代表

なでしこ準優勝 

asahi,com より

◆幸せな敗戦

結果のわかっていた試合を、VTRでじっくり見せてもらった。

2-5という結果から、蹂躙されて押しまくられた展開を予想していたのだけれども、それは開始から16分間だけだった。

22分にファーストシュートを放ってからは日本らしい、速くてキレのある試合展開を見せてもらう事ができた。

しかし、その前の16分間で、すでに試合は終わっていた。

わずか16分の間で4点も失点してしまうとは、まさに夢にも思わない結果・・・

 

アメリカは、ハイクロスを封印したかのように徹底したグラウンダーの攻撃を仕掛けてきた。

コーナーキックで背の高いアメリカ選手のマークに慌ただしくするスキをつかれ、素早いグラウンダーのクロスが面白いように日本のゴールを割った。

日本戦を研究し尽くし、おそらくは、何度も何度も繰り返して来た「対日本専用」の作戦に、見事にハマってしまったというところだろうか・・・

 

しかし、幸せな敗戦だと思う。心から、そう思う。

準優勝ではダメなのだから・・・

 

「ワールドカップの本戦で優勝出来なければ不満。準優勝では物足りない」


このメンタリズムに迎えられる選手達は、何処の国のどの選手達より幸せなのでは無かろうか・・・?

男子代表を見ればいい。私達には、彼らに、


「ワールドカップ本戦で決勝に出なければ物足りない」


と、本気で言えるだろうか。

残念ながら、その境地には(少なくとも私は)至れない。
本田がどれだけ豪語しても・・・だ。

そういう意味ではなでしこの選手達は、本当に幸せなのだ。
ワールドカップで「優勝して当たり前」という、メンタリズムに迎えられること。
サッカー選手にとって、これ以上ない境地に入られるのだから。

そして、このこの敗戦で、蹂躙された負け試合から、
彼女たちはまた、再び、強くなる機会を与えられるわけだ。

わくわくする四年間を、過ごせる私達もまた、同じように幸せなのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/994

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2015年7月 8日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美しさと安定した強さを身につけて・・・アジアカップ、予選リーグを戦い終えて・・」です。

次のブログ記事は「2018ロシアワールドカップ アジア二次予選観戦記 対シリア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。