したたかに、したたかに・・・三年ぶりの日中首脳会談

◆2014年11月10日(月) 江別は晴

日中首脳会談

産経ニュース Web版

◆何故、今、日中首脳会談???

この首脳会談に何の意図があったのだろう?私にはさっぱりわからない。
誰か教えて欲しい。(笑

日中間で交わされた「合意文書」にこう記されている。


>尖閣諸島など東シナ海の海域で近年緊張状態が生じていることに異なる見解を有している

ちょっと待て・・・である。そもそも私達の主張は

日中間に領土問題は存在しない

だったはずだ。それが、「異なる見解」を有している・・・・ということになれば「領土問題の存在」を認めることになってしまうのではないのか・・・?

私には、今回、日中首脳会談を行わなくてはいけない理由がさっぱりわからない。

向こう(中国)がどんなにわめこうが、騒ごうが、しれっと「領土問題など存在しないので」と、相手にしなければ良かった。そうすれば、どこかで、さしもの中国も、慌てるはずだったのだが・・・

したたかに、したたかに・・・

外交は、とにかく焦らずしたたかに言って欲しいモノだ。

 

それにしても、こんな「譲歩」をあえてしてまで会う必要がどこにあったのだろう・・・

私には、わからないのだ・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/979

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2014年11月11日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Googleホリデーロゴ ベルリンの壁崩壊」です。

次のブログ記事は「2014-2015 滑走日記3(個人練習) 桂沢国設スキー場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。