2014年初釣りは磯から。熊石・見市川河口、大成・長磯第三トンネル下

◆2014年5月3日(土)の釣行記

kenichi20140503-1
タックル

サ オ:ダイワ ランドサーフ33-405

リール:ダイワ エンブレム4500A 5000A

ミチイト:ナイロン6号

オモリ:各種 25号(弾丸、コイン)

◆2014年シーズンは磯から。

ゴールデンウィーク。例年、本業?のコイ釣りはホームの千歳川の雪代が納まる6月初旬前後からスタートする。今日は会社の釣り仲間と、春の釣行会である。

コイ釣りのウォーミングアップというところだ。

しかし、今年に入ってから、仕事は多忙を極め、また、スキーの練習で土日はすべてスキー場にいたため、釣りの準備は全くできておらず・・・

昨年秋の釣行時、日本海か太平洋か行き先が絞れなかったので、太平洋向け「大バリ、短ハリス」と、「中型、やや短ハリス」の日本海仕様の両方を作成していたので、仕掛けはハリスを替えるだけで、なんとか対応が出来た。

札幌を深夜23:00頃出発し、会社の釣り仲間Y師匠に導かれて明け方3:00頃釣り場に到着。辺りはまだ真っ暗・・・・

今回は熊石町・鮎川町の「見市川河口」。

河口左岸は根掛かり多数ということで、ゴロ石とバラ根、砂地が点在する右岸に入釣。

向かって右側から川の水が入り、カジカ、クロガシラ、ホッケの好ポイントとの事。


◆まず、問題発生!!!

日帰りの釣行と言うことで、「とにかく荷物を少なく軽くせよ」とのY師匠からの指令であった為、私はウエーダを持参せず、長靴という「軽装」。

しかし、現場に着いてビックリ!ポイントへ向かうには、浅くなった見市川を「漕いで」渡らなくてはいけなかった・・・

当然、長靴の私は越えることが出来ず・・・ウェーダーを着用のY師匠とT氏の「足手まとい」も良いところ・・・ウエーダー着用の二人が、荷物を運んでくれるわ、体を支えて川を越えさせてくれるわ・・・・で、大変迷惑を掛けてしまった・・・

荷物を少なく、軽装で・・・とは言え、本格的な磯釣りに向かうわけだから、ウェーダーは「使わないかも知れないけど、クルマには積んでおく」心がけが必要だったわけだ・・・ここは、反省。

 

(執筆中・当然に続く・・・・)

 


より大きな地図で 見市川河口 を表示

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/961

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2014年5月 8日 06:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日も神降りてきた? SAJスキー準指導員検定2日目(ルスツスキー場)」です。

次のブログ記事は「サッカー・女子アジアカップ2014観戦記 (VS オーストラリア戦)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。