釧路二日目 出張日記その5 「東家・ぬさまい」の味に驚嘆!

◆2013年11月15日(金)

釧路名物「かしわ抜き」!

「抜き」と「もり」

東家ぬさまいそば(蕎麦) / 釧路駅
昼総合点★★★★ 4.5

東家・幣舞(ぬさまい) 「抜き」と「もり」

◆絶妙な「そば」と「つゆ」のマリアージュ?

出張5日目、最終日のランチは東家幣舞(ぬさまい)。

地元の営業所長が、「うまいそば屋があるんですよ!」と、釣れてきてくれたのが、ここ。

釧路の東家は、系列店が沢山あってどこも、そこそこにおいしいイメージがあったのだが、ここは別格であった。


江戸時代、天ぷらそばの「そば」を抜いた「天ぬき」というそばメニューがあったらしい。

てんつゆではなく、濃いめのそばつゆに天ぷらをひたした・・・・というイメージのメニューで、一部の通で、かなりな評判を呼んでいたらしい。

ただ、そば屋のメニューで「そば」が入っていないモノということで、その店のごく一部の常連だけが食べられる、「幻のメニュー」的な商品でもあったようだ。

そのノリ・・で、釧路の昔からある老舗のそば屋が、かしわそばのそば抜きを常連出したら、それが好評で、一気に界隈に評判が広がった。なので、好評に応えてレ湯ラーメニュー化した。

それが、この「かしわ抜き」のウンチク・・・らしい。(笑


ウンチクはともかく、この「かしわ抜き」と「もりそば」を頼むと、

かしわ抜き・・・温かいそば
もりそば・・・つめたいそば

の両方が一度に味わえて、お得、かつおいしい。

なので、釧路の東家系のそば屋に来られば、いつもこの組み合わせを頼む。

初めてのそば屋で、「かけ」と「もり」の両方を試すようになったのは、ここ(釧路東家系統)のそばを食べてからかもしれない。


それにしても、ここはおいしい!

ランチタイムの忙しい中なのに、そばがのびてもおらず、かわいてもいない。舌触りの滑らかさ、そばの香り、のど越し・・・・パーフェクトである。

かしわ抜きは、つゆの甘さが絶妙で、鶏ガラのコク、脂のバランス、軟骨のようなコリッとした味わい。絶品である。そばをつけると、つゆとそばのバランスがよく、そばの甘み・・・が感じられる。

冷たいつゆも、カツオのダシ・・・鯖節なんかも結構入っているのだろうな、コクが凄い・・・が効いて、そばの味わいを上品に引き立てる。

うまい・・・

これはうまい・・・


シルキータッチの味わい そんな表現をしたくなるとても上品でおいしいそばだ。

釧路 東家ぬさまい

ここはおすすめ!である!


より大きな地図で 東家ぬさまい を表示

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/944

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年11月15日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「釧路一日目 出張日記その4 インデアンカレーの不思議な魅力」です。

次のブログ記事は「最後の最後でギャンブルを仕掛け、それに勝ち残ったザックに「勝負師」の凄みを見た。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。