帯広へ!出張日記・その1 元テツの回想・・・?

◆2013年11月11日(月)札幌は吹雪

スーパーおおぞら

スーパーおおぞら

◆慌ただしく、慌ただしく出発

スーパーおおぞら11号、札幌発19:45→帯広着22:20にて帯広へ。

19:00ちょっと前くらいまで客先にて仕事、その後、タクシーを飛ばし、地下鉄を乗り継いで発車の7分前にホームにたどり着く。

晩ご飯用の駅弁などを購入するひまもなく、出発。

ホームに入線した列車を見て、なんとなく違和感。いつものスーパーおおぞらではない・・・

JRは、一連の事故等の影響があり、臨時編成。

通常は「スーパーとかち」や「スーパー宗谷」で使われている、「キハ261系」という車両編成が、臨時で「スーパーおおぞら」に転用されているらしい。

このあたり、昔の「テツ男」の名残ではあるのだろう。

学生時代・・・中学から高校時代の私であれば、JR(当時はまだ国鉄・・・だな)特急での「校費出張」・・・つまり、自分で切符代を負担しなくて済む・・・などは狂喜乱舞だったろうと思う。

札幌駅から南へ北へと出発して行く特急列車達を、ただ、眺めたり、写真を撮ったりする為だけに駅にいったりしたものである。

いまでも、交通機関を利用した移動(旅・・・というには、出張移動はあまりにも趣がない・・・笑)は、嫌いではない・・・むしろ、どちらかと言えば好き・・・な方である。

しかし、余りにも出張が重なり、移動が続くと流石に疲れるし、移動が苦にもなったりする。

かつては、東京に行くのに、「飛行機で1時間半では(短すぎて)勿体ない、16時間かかっても、特急(道内)→連絡船→特急(本州)で行きたい!」と、思っていた私である。

それほど、列車好きだった私なのに、最近は「出来れば移動は短く、飛行機なども使えたら使いたい」と、思うようになってしまった。

人はそれを「年をとった」と、いうのだろうか・・・(笑

車両編成の微妙な違いに気付いた自分の「元テツ」ぶりを、思い出しているうちに、いつしかすっかりねむりこんでしまったらしい。

気がついたら、帯広は目の前だった。


◆手近なジャンクフードで夕食

晩ご飯はホテルのすぐ近くにあった、モスバーガーにて。

mos20131111

スパイシーモス+ポテト+コーンスープ・・・・私は、これを「黄金の組み合わせ」と呼んでいる。

 


今回は、一週間の出張である・・・・長い・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/940

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年11月11日 23:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10人目の選手・・・楽天のファンの方々に拍手! 日本シリーズ第七戦観戦記」です。

次のブログ記事は「帯広一日目、出張日記・その2 怒濤の焼き肉!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。