柔らかな雪の下には硬いバーンが・・・テイネハイランド(滑走日記3)

◆2013年1月3日(木)

今日のテイネは時折、10m以上の暴風ということでリフトも減速運転という情報。なので、滑走を断念して自宅待機。(笑)なので、滑走日記は昨日のものです・・・)

teine20120102

(昨日は)良い天気にふかふかの新雪

2日の天気 曇りのち晴れ 気温-7℃

悪友が神戸からスキーをしに返ってきていたので、同行。

朝一番は、最高の雪質で軽い感じ。「今日の雪はいいな!」と、飛ばしても、雪面が軽く受け止めてくれる。

teine20130102-2

手稲山頂がすっきりと見渡せる。

しかし、2本3本と滑走を重ねるウチに、雪が重くなると言うか、力が必要になって来ている事に気付く。

しっかりとスキーに乗って、自分でスキーに働きかけないと廻ってくれない。

バーンが硬くて力がいるのだ。

数センチ、軽く積もって圧雪された雪に、「今日の雪は軽くていいぞ!」と思ったのだが、それが時間の経過と供に剥がされて、その下の硬いバーンが出てきたという事だ。

意外に疲れる雪。

teine20120102-3

リフトを降りてコースに向かう、やや、緊張感を持たないといけない今日の雪だ。

teine20120102-4

山頂の天気はめまぐるしく、晴れ→曇り→晴れ→粉雪と変わる。

壁では、一番左の急斜面を小回り、ショートターン中心で降りる。

単にスキーを横に向けるだけでのごまかしショートターンでは、スキーが暴走する。しっかりとスキー板を「たわませて」回し混んで揚げて、スピードコントロールしなくてはいけない。

11本目でスピードをコントロール出来なくなり、大クラッシュ/大転倒しそうになる。危ない危ない。

予想以上に力のいる雪面に、足に来ているのだ。(笑

 

結局12本滑って、終了。

 

なかなか、タフな雪で思ったより疲れた・・・

 

teine20130102-6

今日の1本松。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/814

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年1月 3日 00:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google ニューイヤー記念ロゴ」です。

次のブログ記事は「果敢にコブにチャレンジも、あえなくKO? テイネハイランド(滑走日記4)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。