海外組の連携の良さに順調な立ち上がり・・ワールドカップ最終予選 VS オマーン戦

wc-4

日本代表 3 - 0 オマーン代表

◆予想以上に順調なスタートを切れた最終予選開幕戦

今日はオマーン戦、運命の一戦とか絶対に負けられないとか言われているけど、。目標はワールドカップ出場ではなく、ベスト4かそれ以上なのだ。まあ、こんな所でモタついてもらっては困るのだ。

相手は引いてガッチリ守られるだろう。容易に点を取れないかもしれない。でも、2点取られたら3点取ればいい。4点取られたら5点取り返す。どんなブサイクな形でも良い勝ち点3を取る。今日の試合はそれ以上でも以下でもない。勝ち点3を取り切る・・・それだけだ。

試合直前の、本多の柔和な表情、香川、長友のリラックスした表情が非常に印象的だ。このあたりのメンバーの「経験値」は、今までの日本代表には無い財産である。

◆前半開始

オマーンは「専守防衛」ではなく、意外に前目のポジションを取る。これならスペースをつくアタックが可能な感じだ。

積極的な攻めが目立ち、硬さを感じさせない。良い感じの試合の入りである。

11分【日本GOAL!】左サイドを切れ込んだ長友からのマイナスのクロスを本田が左足インサイドボレーで決める。

やはり長友のスピードと正確なクロスは日本の武器だ。

中央から左サイドで、本田、遠藤、長谷部がよく連動し、そこに長友が絡むという非常に安定した試合運びで安心して見ていられる。

20分を過ぎて、足元へのパス交換が増え、スピードがやや落ちる。キープしている割に前に運べなくなる・・・というより、相手がヒキ気味になって来た事を受けてのペースダウン。相手がロングボールを入れてこないので、安定した守りが出来る。

30分を過ぎて日本はペースアップ。再びリズム良くなり。ダイレクトパスが通りはじめる。

31分 中央で本田が長友にはたき、左サイドから正確なクロス、岡崎がドンピシャのヘッドを叩くがこれは惜しくもゴールを外れる。

39分 本田からのワンツーを受けた香川がゴール前粘ってシュート、こぼれた所を長友これは惜しくも外れる。

40分 ゴール前の混戦から長谷部が岡崎へ。岡崎のヘッドはキーパーがファインセーブ。

1-0で前半終了

本田のタメのあるキープを、長友、香川、長谷部というメンバーが速く巧みに連動し良い形を作る。オマーンはロングボールに頼らず、真っ正面から戦いを挑んで来てくれたため、日本の良さが生きる展開。相手シュートをゼロに抑えた非常に良い展開。

◆後半開始

香川・長友・本田 このカラミが本当に良い。開始直後から香川がドリブルで持ち込む展開が目立つ

5分【GOAL!】5分長谷部→本田→長谷部→本田と渡ったボールを左サイドで粘る。香川からシュート気味のパスが前田に入り。前田が粘ってゴール。

香川のドリブルが早くてキレるので、相手ディフェンダーがどうしても香川を見る。そして、本田や長友までケアしなくてはいけないので、その死角をスルスルと上がった前田が突いた形。

8分【GOAL!】香川から前田に渡り前田が放ったシュートのこぼれた混戦を岡崎が押し込む

オマーンDF陣は、日本のアタッカーの速さと多彩な攻撃に混乱をきたしている。

3-0になり、オマーンは戦意喪失という雰囲気が出てくる。日本は全く危なげない試合運び。

酒井が内田に替わりin。イエローを一枚もらってしまった内田を温存。

30分 岡崎に替わり清武がin。

35分 本田とポジションを代えたかのように中央にでた香川からその本田に。本田のシュートはわずかに外れる。

43分 速いパス交換から本田がシュート、GKがセーブ、こぼれた所を清武が抑えの効いた見事なシュート!これもキーパーはファインセーブ。

3-0で試合終了

◆これ以上ない良い展開だった。

相手が、専守防衛ロングボールの放り込み・・・という展開ではなく、正面から挑んで来てくれたので、予想以上にスペースが空き、日本の良い所ばかりが目立った試合。

ディフェンスは長谷部、遠藤の献身的なポジショニングを今野が危なげなくカバーしていたので、本当に危なげない試合運びが出来た。

オマーンディフェンダーは、6万人という大観衆と、めまぐるしくポジションを代えてくる速い日本の攻撃陣に混乱した。自分のマーカーが視野から消え、死角から次々と飛び込んで来てシュートを放つ局面にはおそらく恐怖すら感じていたはずだ。

お互いの持ち味を共有し、誰がどんなプレーをするか、誰がどこでどんなボールを欲しがるかが解ってくると、このチームはもっと良くなると思う。コンディションとコミュニケーションは試合を重ねるごとに良くなるだろう。チームとしての伸びしろをまだまだ感じさせてくれる試合だった。

金曜日のヨルダン戦がこれまでになく楽しみになったぞ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/678

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年6月 3日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google カールファベルシェ生誕166周年記念ロゴ」です。

次のブログ記事は「歴代最強の代表?と、思える位今日の日本は強かった・・・ワールドカップ最終予選 VS ヨルダン戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。