セミナー受講レポート(1) 5step ソーシャルメディアマーケティングシステム 講習会in札幌 (樺沢紫苑)を聞いてきた!

樺沢紫苑先生に初めてお会いした!


kabasawa

最近、怒濤のごとく著書を起こされ、今やソーシャルメディアの寵児という趣きだが樺沢先生は、私にとっては、ツイッター/フェイスブック・インターネットの講師・・・というより、スープカレーの先生・・・というイメージであった。

はて、さて、どんな話が聞けるか、けだし聞きモノである!

ソーシャルメディアをビジネスに活用するには・・・

今回の講演テーマは(↑)で、以下の構成である。極力、話し言葉でレポートしてみる。

序論:樺沢紫苑という私、そして、ソーシャルメディアとは何か?
Step1:複数メディア戦略を定める
Step2:売り込まない
Step3:ソーシャルメディアブランディング
Step4:交流する
Step5:ビジネスにつなげる

 

序論:樺沢紫苑という私、そして、ソーシャルメディアとは何か?


皆さん、スープカレーは食べたことがありますかね?ああ、結構沢山おられますね?では、スープカレブームの仕掛け人というのは誰だかご存じですかね?それは、じつは私なんですね。私はホームページで、スープカレーのお店が流行りだした2003年くらいから約200件のカレー店を食べあるいて、店を紹介してきました。そして、それをホームページで紹介してきたんですね。まだブログなどが無い時代ですよ。ただ、そうしてスープカレーのお店を紹介して行く中で、

「インターネットには可能性があるなぁ・・・」

と言うことを感じました。

2004年に目アルマがを発行しました、そこで肌で感じたことは、「インターネットは凄い、一人の私が、数万単位の人々に情報発信出来るツールなんだ・・」と言うことです。

私はこれを「革命」だと感じました。「デジタル(情報)革命」ですね。だって、かつては、数万単位の人々に情報発信できるのは、一握りの大マスコミ位じゃないですか。まあ、人口比で言ったら1%の人といえるかどうか?しかし、インターネットを使うと、それ(情報発信)が誰にでも出来てしまう。
これはもの凄いことですよね?ビジネスにITを使うと言う事は、「自らが情報発信者となる」と言うことです。

ソーシャルメディアとは何か?みなさん一言で言える方いらっしゃいますかね?どうでしょう?私は、

ユーザーがコンテンツを作成する事が出来るもの・・・がソーシャルメディアだと定義できると思います。mixi、Twitter、FaceBook、ブログも含まれるでしょうね。そして、これと対するものが、ニュースサイトやポータルサイトなどの、上から沢山の人々に一方的に情報発信されるもの、といえるでしょう。


ソーシャルメディアの時代


ソーシャルメディアの中でも「個人」が簡単に取り組めるモノ、これにはTwitterやFacebookがありますが、これらは強烈なパーソナルブランディングが可能になるのです。

私、樺沢がFaceBookを使うことによって起きた変化を例に取りましょうか?

・200人の(有料)セミナーが満席になった!(Twitterの時は100名が限界)
・パーティ、交流会で多くの人々が自分の事を知っている!(Twitterの時はそうでもなかった)
・出版依頼が引きも切らなくなった
・コミュニテイが盛り上がり、参加者が二倍になった

顔と名前を覚えてもらうのにFacebookはとてもよいツールだと感じているんですね。と言うことで、TwitterやFacebookの利用効果を簡単にまとめてみると・・・

①コミュニケーションが濃くなる
②熱心なフアンが増える
③人が集まる
④ビジネスがうまく行く

こんな風にまとめられるのかなと思います。

(以下、明日以降に続く

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/449

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年8月30日 02:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岩見沢駅は「マチ」を感じさせてくれる良い駅だと思うのだ・・・」です。

次のブログ記事は「ワールドカップアジア三次予選観戦記 (VS 北朝鮮)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。