アジアカップ 観戦記(vs 韓国戦)

■2011年1月25日 アジアカップ 韓国戦

2asiancup_logo.png

試合終了 日本 2 - 2 韓国  PK日本3-0韓国

 

■試合開始

韓国が試合開始直後から猛攻を仕掛けてくる・・・かと思いきや、意外に静かな立ち上がり。

韓国の攻撃の出所をキチッっと抑えるから、韓国は苦し紛れのロングボールか、個人での突破に頼らざるを得ない。対して日本は本田がタメのあるキープを見せ、左の長友のオーバーラップを引き出すうまい動き。かと思えば、そのポジションに香川が出てきて、やはりタメを作りスペースにボールを出す。

ワンタッチでボールが流れ、韓国の最終ラインが混乱を来す。

おそらく、韓国のDF陣は誰にどう付いたら良いのか、途方に暮れる時間が続いた事だろう。

前半23分 やや不可解なPKを取られ、韓国に先制される。ちょっと微妙な判定では会ったが、この中東でのアジアカップはペナルティエリア内では何があってもおかしくない。

前半分 中央で頑張った本田から長友へ。長友は美しいドリブルで長い距離を切れ込み、そのままシュート!と思いきやマイナスの低いクロス。これを前田がセンターフォワードらしく豪快に蹴り込み同点!

その後も、本田・香川のめまぐるしいポジションチェンジ、前田がDFを引きつけて、岡崎のウラへの飛び出し。ボールを持っていないプレーヤーの動き出しの流れるような連動で美しくボールが流れる。素早いポジションチェンジとパスワークに韓国は怖がってチェイスに来られない展開。

非常によい流れで前半終了。 もう少し、右の内田が絡むような展開になればもっと簡単に点が入るのにね。

■後半開始

何だろうね、韓国はコンディションが悪いのかな?怖さを感じない。ロングボールと個人での突破に頼り切るサッカーだ。

韓国は流石に左サイドの長友をキッチリケアし始める。こうなると日本は右の内田の突破がどうしても必要になるな。

韓国はマンマークというよりファイブバック気味にして、本田からのパスの出をしっかりケアしさらに長友も抑えられ、韓国が前目でプレーできはじめてくる。韓国の選手交代もよく効き始めて、良い押し上げ。やや、韓国が優位に試合を進めるようになってきた。左サイドの攻撃を完全に封じられてしまう。

比較的高いポジションでディフェンスされ、ボールを支配されてしまうのだ。日本は相手の選手交代後、完全にスペースを作れなくなってしまう。

後半35分
左サイドをよく粘った本田がクロス、岡崎が右から中へ入り込んでヘッド!これは惜しくも外れる。

しかし、今日の内田は最悪だな。動き出しがおそく、ボールを持っていないときに突っ立っているからせっかくスペースがあっても全く生きない。お互いに非常に苦しい時間帯だがやや韓国が右サイドを起点にいい攻撃をしている。

後半41分
香川に代わって細貝が入る。お互い、本当に苦しい時間帯。ここからは精神力の勝負かな。

後半終了 ふむ。なんとかしのいだね。

■延長前半開始

後半同様、今ひとつ波に乗れない時間帯が続く。イラン戦で延長120分を闘って中二日の韓国の方がコンディション的にはツライだろうに。よく頑張っている。

延長前半5分
前田が粘り、本田へ、もらった岡崎がゴール前よく粘ってPK。う~ん、このPKもなんだかおまけっぽかった。

【GOAL!!!】
なんだかいやな感じがしたのだが、案の定本田のPKはキーパーにストップされた!あ、なぜかそこに細貝が飛び込んでいて押し込む!待望のGOAL!!!

延長前半終了。さあ、あと15分。

■延長後半開始

延長後半1分、きわどいシーンが続く。最終ライン、もう少し押し上げないと危ないんだよなぁ・・日本は伊野波を入れた事で

本田が献身的に粘り、岡崎が持ち込む、長い距離を走り込んだ長友がシュート!これは惜しくも外れる。

日本はもう、岡崎、本田、長友の三人で前戦でボールをキープ。 何とか時間を稼ごうとする。

しかし、韓国は怒濤の波状攻撃を繰り返し、あと数十秒でというところでゴール前の混戦から押し込まれる!

【GOAL!!!】韓国の気迫に押し込まれてしまった感じ。

ここはもう韓国の最後まであきらめない闘志をたたえるしかないな・・・・

タイムアップ。PK戦にもつれてしまった・・・・・。

■PK戦

本田・・・心配だねぇ・・・彼が決めれば多分勝てるね。でも何かはずしそうな気がする・・・おお決めてくれたか!
川島・・・韓国の一人目をストップ!

岡崎・・・落ち着いてしっかり決めてくれた。
川島・・・韓国の二人目もストップ!

長友・・・足つってなければいいけど・・・やっぱり外した。アメリカワールドカップのバッジョのように・・
川島・・・気迫で相手のミスキックを誘う?(笑

今野落ち着いて、ゴール右隅に放り込む!!!!勝利!

今日は何と言っても川島だな。そして、最後のPK蓮したけど長い距離を走り回った長友、そして前線でがんばり抜いた岡崎だね。

でも、最後の最後まで試合をあきらめず戦った韓国の気迫に素直に拍手を送りたいな。勝負には勝ったけど、後半以降の韓国は試合を支配していた。敗れてなお強し・・・と言う印象だったね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/264

コメント(2)

昨日に限ったことではありません、内田ってずっとこうでしたよ。

海賊オヤジ様

コメントありがとうございます。

シャルケの内田は、もっと積極果敢な印象があったんですけどねぇ・・

あるスポーツ新聞は、岡崎7 長友7 内田7と採点してました!

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年1月25日 23:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アジアカップ 観戦記(vsカタール戦)」です。

次のブログ記事は「今日はテイネでSKI・ON!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。