型破り!ですね。千葉ロッテマリーンズというチームは・・・

■2010年11月6日(土)江別は晴れ

面白いですね、日本シリーズ。

シリーズ.JPG

ドラゴンズ 4 - 10 マリーンズ

ノーアウト2・3塁。外野フライでも何でも一点入ればその場で勝ち!

という十中八九勝ちを手中にしていた試合を、ひっくり返されて劇的な負け・・・・・

フツー、引きずってしまうと思う。私も一昨日の試合は、負け試合を土壇場でうっちゃったドラゴンズの勢いが勝るか・・・などと思っていた。

ところが、いざフタをあけてみたらショックを引きずるどころかマリーンズの面々は、(切り替えというか開き直りというか)まあ、よく打つ事打つ事!
お美事!というしかなかったです。

ドラゴンズのキャッチャー谷繁が、「マリーンズの打者は楽しそうにバッティングをしている・・・」とボヤいたそうです。確かに、どの打者もファーストストライクから迷い無くフルスイングしてくる。試合をひっくり返されても、臆することなく、切り替えて伸び伸びプレーできている。

多分、監督の指揮・指向性がモロに出ているんじゃないかと思うのです。

マリーンズの西村監督は、穏和、我慢の人らしいですし・・・・選手に対し、温情というか暖かいイメージがあります。
ドラゴンズの落合監督は、非情、即動く人・・・・求道者の様な選手に対し、厳しさをより求めるイメージがあります。

結果が出なくとも、待ち続ける西村さんに、一試合で結果が出なければスパッと切る落合さん。

そんな監督の野球に対する姿勢の差が、今のチームの勢いの差に出ているような気がしてなりません。

 

数字的にはマリーンズが優位に立ちましたが、今度はドラゴンズのホームだし、先発のチェンは前回マリーンズにスキを与えていません。マリーンズもエースの成瀬を投入するでしょうが、五分五分から、ややドラゴンズ優位に進みそうな予想をしています。

でも、私らなんかの予想をなんて、いとも簡単にぶっちぎってくれるマリーンズの選手達から目が離せませんね。(笑

今夜も楽しみです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/180

Powered by Movable Type 5.02

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2010年11月 6日 08:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一球の怖さ・・・日本シリーズ観戦記」です。

次のブログ記事は「尖閣諸島中国漁船衝突事件/VTR流出に思う・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。