自作餌(コマセ)2020バージョン 改造!

◆2020年6月6日(土)江別は晴れ

chitosegawa20200606

今日と明日は天気が・・・鯉釣りに向けては・・・・悪い。
と、言う事で今日も明日も釣行は中止にして、川の様子を見に来た。

風は北向き・・・
気温は今日が17℃、明日でようやく20℃・・・
(先週が26℃だっただけに、10℃近く低い、ということだ)
やはり、これではあまり良い釣りにはならなかっただろうと思う。

◆コマセをリニューアル製作

先週の釣行 で、大型が喰ってくる前に、50台後半~60台前半の「食い気の盛んな」中小型が喰ってきてしまった。

さらには、大型ウグイの連発・・・ウグイ祭りを招いてしまった。

もう少し、香りのおとなしいコマセにする必要があるのではないか・・・と、考えて、新しいコマセを製作することにする。

komase2020060513komase2020060512
食用押し麦1kg 250円 徳用パン粉 75円

材料は、トライアルで見つけた安い麦とパン粉。それぞれ1kgで250円と300gと格安。

コマセの材料は何でもいい、沢山使用するので安ければ安いほどいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・本体の麦の炒り方を少し浅くする
・フスマ(麦ぬか)の炒りを浅くして、量を半分にする
・パン粉の量を半分にする
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなイメージで製作する。

komase2020060500

フライパンで炒る。今日は炒り方を工夫する。

komase2020060501

5分ほどで、色が付き始め、

komase2020060502

10分ほどでキツネ色に。

いつもはここで焦げる手前まで、もうひと炒りするのだが、今日はここで止める。

そして、もう半分は10分経つ前に止めてしまう。

komase2020060503

左側が10分炒り、右側が7~8分炒り、これをブレンドする。

komase2020060504

前回のコマセ とあまり変わらない???様な気もする。

komase2020060505

麦ぬかは、フルイにかけて、より滑らかにしておく。

komase2020060506

ダマを潰して、炒りやすくするわけだ。麦ぬかは炒るとすぐにダマになってしまうので、炒る前にあるダマは全て潰しておく。

komase2020060507

軽く炒る。

こちらも強く炒って香りを出し過ぎないようにする。

komase2020060508

2~3分炒って香りが出てきたら止める。

komase2020060509

手前が麦ぬか、奥が押し麦

麦ぬかの粗熱を取っている間に麦をミルで粉砕する。

komase2020060510

粉砕した麦と、炒りあがった麦ぬか。

割合は 前回 は1:1だったが、今回は麦2:麦ぬか1・・・つまり麦ぬかの割合を半分にしてみるという事だ。

komase2020060511

出来上がり。ここだけ見ると 前回 とそれほど変わっていない印象である、やっぱり・・・

komase2020060514

そして、パン粉を加える。

前回:麦 850g (麦ぬか同量)にパン粉250g
今回:麦1000g(麦ぬか半分)にパン粉150g

配合量、メモしておく、私はすぐに忘れてしまうので・・・(笑

脂(麦ぬか)の絶対量を下げ、アピール度合いを弱める。パン粉の絶対量も下げて、甘みを抑える。そして炒り方も全部強炒りから、半分中炒りと半分浅炒りをブレンドして香りの発生を抑える・・・

出来上がり

komase2020060515

確かに香りはかなり少なくなったような気がする。

そして今回は、これを「一週間寝かせて、香りを飛ばす」事も行えるわけだ。あえて、「直前に作らず、一週間前に作る」事で一週間で香りが少し抜けるはずだ。この効果も期待できる。

さて、これらの「変更」が実釣にどれだけの効果があるものなのか、中小型/ウグイなどの寄りを抑えて、穏やかに大物を寄せ/喰わせることができるのか・・・?

はっきり言ってコマセが効いて、食いが立ってしまうとこれらの「わずかな差」は、ほとんど意味のないものになりそうな気もする。

自己満足・・・ともいえるかもしれない。

でも、その「わずかな差」にこだわることで、大物に一歩でも近づきたい・・・というのもコイ釣り師の性といえるのだろうな、とも思う。


 

ふと、ひらめいた。

麦を「浅炒り」「中炒り」「深炒り」で持ち、
麦ぬかとパン粉を混ぜずに持ち、

釣り場でその時の気温、水温、風向きと強さで「合わせ分ける」・・・・というのはどうだろう?

そうすれば、

・食い気が立たない時は香りや脂の多めの配合

で、早めに食いを立たせ、

・小物外道の食い気が経ってしまったら、浅炒りベースで、麦ぬかやパン粉を抑える

事で、ポイントを落ち着かせつつ、コマセの効きもある程度保つ・・・


そんな「釣り場でのブレンド」が出来れば有効なのではないだろうか・・・?


頭の中では警報が鳴る。

「やめろ!炒り方を分けたら識別や保管方法が大変になる」

「やめろ!釣り場での餌づくりにさらに時間がかかる」

「やめろ!それでなくても、いろんなこだわりがある自分、さらに選択肢(迷いの要素)を増やしてどうする?」

冷静な自分は、警報をならす。とにかく、これは用意がめんどくさくなる、相当にめんどくさい。


しかし、私はやってしまいそうな気もする。

あえて、面倒な事でもやってしまいそうな自分なのだ・・・・たのむからやめてくれ、それでなくとも仕事の忙しい金曜。仕事がおわってから(趣味とは言え)自分の仕事を増やしてどうする!

という声が聞こえるけれども、受け入れそうもない自分が・・・

また、くだらないこだわりに、ハマリそうで怖い。(笑

 

まあ、それも鯉釣りの楽しみ方なのだろう。

まずは、来週の釣行が楽しみだ。

 

◆2020年釣行記一覧は(コチラ)
◆鯉釣りポータルは(コチラ)
ブログトップへ戻る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1556

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2020年6月 6日 23:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【2020年釣行記1】 令和2年の初釣行はアタリラッシュでスタート!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02