よっしー流パンプカ釣法? 浅場の見える鯉を釣るには・・・・? Ryu様への返信。

◆2019年9月18日(水)江別は晴れ

Ryuさんへの回答に代えて・・・

早苗別水門

早苗別水門(GogleMapより、クリックで拡大します)

◆浅場の見える鯉を釣るには・・・・?

なるほど、早苗別水門ですね。早苗別川合流ではないということですね。

昨日の アタリがもらえない原因考察 の答えは意外なところにありました。場所が違っていたのですね(笑

しかし、このポイント、ここは浅い!とにかく浅い!時には水深30cmくらいしかない時もあるのではないでしょうか?その位浅い。

基本的に私は、鯉の中でも、野生の鯉、またはそれに近いものを狙っています。

野生種またはそれに近いものは、人に見えるような浅場にはめったに姿を現しません。(と、思っています)なので、私は、浮いている鯉をフカセ系・浮かせ系で狙うという釣りはめったに・・・ほとんどやりません。

なので、この「浅場で見える鯉を釣る・・・」というテーマは、えらそうなことは言えないかもしれませんね。

でも、アタリが遠くて、魚とのヤリトリを忘れてしまいそうな時は、リハビリを兼ねてやることもあるかもしれません。

なので、「よっしー流、浅場の見える鯉を釣るには・・・・」を考えてみましょう。


◆浅場の鯉はパンプカ・・・に限る?

と、言われます。(シミュレーションで)やってみましょう。

1.鯉を探す

浮いている鯉を探します。いなければ話になりませんからね。(笑


2.パンを流して様子を見る

まずは、食パンをちぎって・・・そうですね、3cm四方位にちぎってみましょうか?二つ三つ四つ・・・位そのまま放り込んで様子を見ます。

すぐに喰ってくるようであれば、針に付けて本番!

でも、Ryuさんのコメントを見ると、ここの鯉は相当スレて警戒心が強くなっているように見受けますので、最初は反応が無いかもしれません。

この時にどういう流れで、パンがどう動くかしっかり見ておいてください。


3.喰ったらどうするかシミュレーション(イメージ)しておく

障害物の有無、水草、沈んでいるモノをしっかりロケーションして、かけた鯉をどう導くかをしっかりイメージしておいてください。これ、とても大事なことです。実際に鯉が喰ってくると意外に慌ててしまい、バラシてしまう事も多いです。

タモなども、置く位置をしっかり決めておきます。

 


4.(すぐに反応が無い時には)パンを沈めて見る

これもとても大事なことです。浮いているパンに興味を示さなかった鯉も、沈んでいるパンを喰ってくれることが良くあります。一度パンを喰ってくれると、エサを強烈に認識してくれるので、捕食モードにスイッチが入ることも多いです。捕食モードに入る(食いが立つ)と、浮いているパンを喰ってきてくれます。

また、沈んだパンしか喰わないケースも結構あります。その場合は、針つけ時に少しパンを練り込んで放った時に沈むようにしておきます。そうすると、沈んだハリ付きのパンをあっさり食ってくれることもあります。

 


5.水面を流れる餌に口を使っているときは、そこにうまく流してやる

水面でパクパク浮いているモノを捕食していることがあります。この時は比較的チャンスですね。流れを読んで、うまく鯉のそばにパンをながしてやります。

こういう時はかなりな確率で食ってきてくれるはずです。

 


6.反応が薄い場合は、流れに沿ってパンを沈める。

パンの流れに沿って、沈むパンを放ってゆきます。流れるパンのラインに沿って、パンを沈めるイメージですね。うまくいけば、全部のパンを拾ってくれることもあるはずです。

 


7.極力、姿を隠しながら、竿もあまり水面に出さずに・・・

基本は鯉を刺激しないように、大きく強くは動かず、そっとそうっと活動してください。1~6、ここまでくれば、パンに対して鯉がなにがしかの反応を示してくれることも多いと思います。

沈めパンで攻めるか、浮かせてみるか、反応を見ながら攻め分けてください。

 


8.浮かせるときはチモトだけ、沈めるときは全体を練り込んで。。。

パンをハリつけするときは、浮かせる場合はチモト付近をぎゅっとつまむように練り込んでください。抜けにくくなります。沈めるときは、パン全体を練り込む感じで。

いずれの場合も極力ハリを隠すようにセットしてください。

 

 

*仕掛けはミチイトにダイレクトにハリスを結べばOK。軽めのヨリモドシ等を使っても良いですね。

*思い切り走ったかと思うと、急に向きを変えることが多いので、くれぐれも油断しないよう。急に反転されたときに、喰いが浅く、スッポ抜けることも多いです。

*予想外の大物が喰ってきてくれることもあります。くれぐれも油断しないよう。

*パンは多めに、喰いの渋いときは、思い切って沢山撒いてください。

*一尾かけてしまうと、散ってしまいますが、辛抱強く撒いているとまた寄ってきてくれます。うまくゆけば数釣りも狙えますよ!

 

がんばってください!!!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1448

コメント(3)

パンプカですねw
夕方5時に思いつき、十分な検証ができないままタイムアウトになりました。今週末、じっくりと挑戦してみます!有難うございますw

いろいろアドバイスいただき、ありがとうございました!
結果報告です。
21日、22日でそれぞれ1匹ずつ釣れましたw
どちらも50cmと小振りですが、1か月以上振りの釣果に満足ですw
パンプカはしませんでした。朝は魚影が見えなかったので。
少しだけ仕掛けを改良し、21日は干し芋で、22日はタクアンで釣れました。コマセも少しだけ大きく(野球ボール大)しましたw
より大きな鯉を目指してまた頑張りますwしかし、蟹の猛攻をかわす方法は無いのですかね?^^;

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年9月18日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アタリがもらえない原因は? 鯉釣り考察(Ryu様の質問に答える代わりに・・・)」です。

次のブログ記事は「絶好の条件にアタリラッシュも、釣果は・・・ 千歳川五条通樋門下」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02