今日も惨敗、丸ボウズ!でスランプ継続・・・も、スランプの理由がわかりかけた? 千歳川五条通樋門

◆2017年10月9日(月)祝日の釣行記

koi20171009

天気:晴れ
風:東南東・南・南南東0.8~7.2m

気温℃15.4(9:00) 水温12℃(9:00) 気温は直射日光下で26℃まで上がる

石狩新港満潮   5:00 (31)干潮11:32(12) 満潮19:00(32cm)
水色 :ササ濁り  
流行 :静止、のち正流、のち逆流
風向 :無風、流れに向かって正風、のち逆風 波立ち

サ オ  :ダイワ PSサーフパワー 25-420
リール :ダイワリーガル X4550BRT Z4550BRT
ミチイト:ナイロン4(黒)
オモリ :カメ30号 パイプオモリ30号
仕掛け :袋式1本針 ・中通し (誘導長25cm)
ハリス :ミクロン20ポンドテスト  12cm~10cm 生き餌30cm
ハ リ :フカセ15号

◆今日の潮位と風

koi20171009-13choui20171009-12

◆南風だけど、肌寒い・・・

昨日、小さいながらもようやく型を見ることができ、スランプを脱した?今日はなんとかサイズアップを図りたいものだ。

9:20

釣り場着。今日も昨日と同じ必殺釣り堀ポイント。釣り堀といいつつ、型が見られなくなってはいるのだが・・・(笑)

しかし、肌寒い、霧・・・霧雨のなか、気温は14℃しかない・・・水温は意外に?高く14℃。まだまだ釣りにはなる温度ではある。

川の流れは昨日にもまして速い。風が流れを押してさらに速くなっている感じ。

koi20171009-6

今日は根ガカリを考慮し、パイプオモリを試してみる。投入時は・・・

koi20171009-7

速い流れにコロコロと横に転がってしまわないように、少~し、曲げて使う。ちょい投げ気味で遠投の必要が無い場所なので、これで良いのだ。

koi20171009-2

今日のコマセと食わせはいつもと同じ。配合餌2:イモ1の冬配合。

10:14

1番エサ入れ。追いコマセ4発。食わせは干したイモヨウカン。

koi20171009-4

10:17

2番エサ入れ。こちらも食わせは干イモヨウカン。

koi20171009-5

10:35

今日も三本目を出してみる。こちらはウグイの切り身。

koi20171009-8

ハリス25cmを縫い刺しにして使う。

koi20171009-11

こちらは半分「捨て竿」的に入れっぱなしにしてみる。

11:45

1番打ち替え・・・ウグイがついていた・・・水温が下がると海から上がってくるんだな~こいつらが・・・こいつらを集めてしまうとウグイ祭りとなり、釣りにならなくなってしまう。千歳川は魚影の濃い川なのだけれども、こうして外道も本当に多い川でもある。(後にさらなる外道が存在していたことが判明するのだが・・・)

11:55

2番打ち替え。

koi20171009-9

あ~あ~・・・思わずタモ使わないと竿折れちゃうかな・・・と思ってしまう位のトンでもなく重たい藻屑。

言い訳にはしたくないんだけど、今シーズンは週の半ばで雨が強く降ることがホントに毎週のように多くて、せっかくの釣行日、天気は良くても底が大荒れ・・・なんてことがほぼ毎週・・・

まあ、条件が良くてもヘタクソ釣り師の私の事なので、釣果に影響は関係ないかもしれないけどね。(笑

半ば自虐的な独り言をつぶやきながら、淡々とエサを打ち替える事にする。

底荒れゴミが酷いので、1時間も経つまえに、こまめに打ち替えるわけだ・・・

しかし、アタリは遠い・・・

12:00

雲が切れて陽がさしてくる。とたん、すぐにすごく暖かくなる。ん~このまま晴れあがってくれて、気温があがってくれれば少しは事態も好転してくれそうなものだが・・・

koi20171009-10

12:40

1番竿のドラグが一瞬鳴く!

すわ!アタリか!?と、一瞬期待に身を固めるも・・・

上がって来たのはゴミの塊・・・

 

こまめに打ち替えるんだけど、ミチイトには盛大にゴミ・また・ゴミ・・・

ほとんど戦意喪失・・・というくらいゴミに悩まされる。千歳川は基本的に流れの速い川だけに、一度荒れると、もう収集がつかなくなるのだ。

13:14

突然、辺りにトランペットの音が鳴り響く・・・

うわ~

今日はボートが少なくていいかな、と、思っていたんだけど、今日はトランペットの練習・・・・か。まあ、川は釣り人だけのものではないからね。

私は、護岸されている場所でも足音など、音に敏感なコイを相手にしているわけだから、ことのほか気をつかっている(つもり)。それでなくてもアタリが遠いのに、良い影響は無いよね。


相変わらず、どの竿も目いっぱい穂先が入っている。ゴミを拾っているわけだ。

落としオモリを使ってミチイトを底に沈めたいんだけど、足元のブロックが怖くて、それも出来ない。まさに八方ふさがり状態。

打ち替えのたびに、食わせが戻ってこない。または、ウグイが付いてくる。

おかしい。もともとイモヨウカンはエサもちが良いエサではないけれども、私のヨウカンは凍らせては干し、凍らせては干し、を繰り返して粘りを出し、エサもちは良いはずなんだけど、見事にエサ落ちしてしまっている。流れが速い事を差し引いてもエサもちが悪すぎる。

14:17

あまりにも穂先が入ってしまっている捨て竿を打ち替え。あらら、ウグイの切り身がボロボロ・・・ん~、なんだコレ?小魚の猛襲にでもあっているのだろうか?何か腑に落ちない・・・

14:55

1番打ち替え。試しに1番の竿の食わせを「タクアン」にしてみる。これはエサもち抜群なハズ。

 

アタリは、やはり遠い・・・


16:00

流れがやや弱くなる。潮が満ちて来たかな。

koi20171009-3

周囲はすっかり暗くなり始めて、撤収の準備である。今日も釣れなかった・・・惨敗である。

結局アタリには全く恵まれず、まず、ウグイの切り身をつけた捨て竿を回収。藻屑・ゴミは極端に少なくなった。このコンデイションなら良い釣りが出来るんだけどなぁ・・・

しかし、回収した仕掛けの食わせ針には、ウグイの皮一枚しか残っていなかった・・・

これって、ひょっとして・・・

ある考えが頭をよぎる・・・それも、最悪のシチュエーションが・・・

 

16:05

1番竿回収。うん、予想通りタクアンは戻って来た。やはり、こちらのエサもちはイモヨウカンに較べて良いようだ。

16:10

最後の二番竿回収。

あれ?最後の最後で根ガカリ?こんなところで?

と、思ったら、ひとアオリで根ガカリが外れる。回収してみて・・・ああ!!!!やっぱり!!!!!

koi20171009-12
(写真はクリックで拡大します)

そう、カニ・・・モクズカニの足である。

一瞬、根ガカリのように感じたのは、コイツが底にへばりついていた為であろう。

しかも、ここまで見事にフッキングしてくれてしまっているという事は・・・

そう、

「多数の足で(私の喰わせを)しっかり抱き込んでいた」

という事だ。

柔らかで香りのよいヨウカンが一時間も持たない事・・・

エサもちのよいウグイの切り身はがボロボロになる事・・・

ヌカの香りしかしないタクアンがほとんど無傷で帰ってくる事・・・

これらはすべて、「カニの猛襲」があったことを指している。

 

モクズカニは、河口や水門回り、川の合流点などの水通しが良くてエサが舞うようなポイントを好む。

モクズカニは、9月頃から「乗っ込み」に入りエサを喰いまくる。

モクズカニは、9月頃から産卵のため海に下り始め、餌場で一時的に捕食し、また下る。

モクズカニは、肉食でもあるが、基本は藻や植物性プランクトンなどが「主食」つまり、私の麦やイモを主体とする植物性のコマセや食わせは「大好物」なわけだ。

 

気づくのが遅かった・・・というより、忘れてたよ、ものの見事にすっかり忘れていた。

◆これからの釣りは「カニ対策」が必要

カニ対策は・・・

①何といってもこまめなエサ替え。1時間以下、3~40分程度での打ち替えが必須
②タニシ・シジミなどの貝類の「鯉しか食えない」餌を使う
③香りのよくない(カニにとって)タクアンなどの漬物系(糠をつかう)餌にする

というものがセオリーである。

①は可能。しかし、②はタニシのストックなどは無いし、シジミは手に入るけど、これ、アタリが本当に遠くて辛抱の釣りになる・・・そもそも、シジミにエサ慣れさせている間にシーズンが終わってしまうだろう・・(笑)③は取り入れ可能か・・・しかし、時と場合によってはタクアンでも、今度はウグイの猛襲に会う事も覚悟する必要もある・・・のだが・・・。

従って、来週からの釣りは、

3本の竿を基本にして

対策①1本は捨て竿的にシジミをつけて超大物を待つ
対策②食わせはタクアン。コマセは小さめ、追いコマセは全く使わない
対策③30~40分と非常に短いスパンでの打ち替えと食わせチェックをする

というところになるだろうか・・・

これがベストとは言えないかもしれないが、ベターではあるだろう。

もう少し早くわかっていれば今週は対策を試せたのだが・・・

 

ヘタクソ釣り師の悩みは・・・深い。(笑


来週は・・・スランプ脱出したいものだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1170

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年10月 9日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悪条件に工夫を重ね、なんとかもらったアタリは・・・・ 千歳川五条通樋門」です。

次のブログ記事は「なんと! 荒川で?50cmオーバーのクロダイが釣れた???? 滝本釣具店 東京都北区赤羽3-3−1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02