釣行前日は、エサづくりで忙しい?

◆2017年8月10日(金)

明日の釣行に備えて、エサを作るのだ!

私の鯉釣り餌は、完全に自作。自分では「大物を穏やかに寄せるエサ」を目指してはいるのだが、まあ、小型の鯉も良く釣れる。(笑
一週間の仕事を終え、終電で帰って来てから「エサ職人」としての私が起動する。

1.大麦を炒る

圧ぺん大麦をフードプロセッサーでパウダー化する。次に、大麦を炒り、イモを蒸かす。

麦_さつまいも20170810

フライパン1回あたり15~20分程度炒る。最初は強火、真っ白な大麦に色が付き始めたら、弱火にして焦がさないように・・・

大麦20170810

私の場合、一度の釣行でフライパン4回分くらい使用する。つまり、大麦を炒るだけで1時間程度かかってしまうことになるが、ここで手は抜けない。

炒りあがった大麦20170810

大麦が炒りあがる。粗熱を取っておく。

2.ふすまを炒る

今回から、ふすまのブランドを変えてみる。20kg、1500円と格安。ただ、北海道までの送料が1700円と本体価格より高い。(笑

麦ふすま20170810

完全なパウダー状ではなく、小さなフレーク状になっている。以前利用していた「ミルワーム」という名のふすまもフレーク状で意外に軽かった。こちらの製品もいかにも比重は軽そう。本当は少し重い方が使いやすい。速くポイントに落ちてほしいからである。軽いと浮力がありすぎて投入時ポイントからずれてしまう(浮いて、少しながされてします)のだ。

麦フスマを炒る20170810

こちらは大麦より炒りやすく、10分程度で炒りあがる。

大麦とふすま20170810

先に炒りあがった大麦と合わせる。炒りたてだと熱くてさわれない。なので粗熱が取れるまでイモを処理する。


3.イモをつぶしてパッキング

大麦、ふすまを炒っている間に、イモは蒸けあがっている。イモはキントキでも、紅あずまでも、コウケイでもなんでもいい。甘さもとくにこだわらない。ほんのりとした香りが麦と合ってくれれば良いので、安いもので構わない。(大量に使用するので、コストが一番ということでもある・笑)

イモが蒸けた20170810

イモが蒸けた。それをすぐさまボウルに移し、

イモをすりつぶす20170810

つぶせる限り、つぶしておく。冷めてしまうとつぶすのに労力と手間が余計かかってしまうので、熱いうちに行う。ボウル内で潰れたイモをまな板の上に広げて、手で押さえつけ伸ばす。なるべく粒が無くなるように広げる。

まな板の上でさらにすりつぶす20170810

粗熱が取れていても、場合によってはやけどするくらい熱いので、流水で手のひらを冷やしながらの作業である。

イモを練りつぶす20170810

まな板から剥がして、今度は塊にして練り込み、粒を潰す。これも熱くて仕方がないので手のひらを冷やしながら行う。何度も何度も小さくちぎっては練り込み、ちぎっては練り込みを繰り返して、少し滑らかにする。イモヨウカンにする場合は、ここからさらに「裏ごし」して、完全に粒をなくしてしまう。しかし、コマセにする場合には、あるていど粒が残っていた方が底残りしてくれるし、食わせと見分けがつかなくなってくれるので、手で練りつぶすくらいでちょうど良い。(と、私は思っている)

つぶしたイモはZIPLOCKへ20170810

一塊ずつZIPLOCKに詰めてゆき。

イモの完成20170810

一杯になったところで、さらに冷まして「冷凍庫」行きとなる。ガッツリ凍らせて、釣行前日に解凍するわけだ。


4.コマセの仕上げ

大麦とふすまを合わせて、仕上げる。

パン粉を加える20170810

パン粉を一袋(230g)加える。

そして、麦茶を3パック加える。

麦茶を加える20170810

これ(麦茶)は、あっても無くても釣果や魚の寄りに差はないのではないかと思う。しかし、全体的にエサの色が白っぽくなり、そこに麦茶の黒い粒があると、何となくエサっぽい感じがするので、加える。
麦茶は、喰いが悪い、寄りが悪いと思われるときに「添加増量」するために常に持ち歩いてはいる。

これをザッとまぜて、コマセは完成。

完成20170810

コストパフォーマンスはかなり高いのではないかと思う。大麦とふすまは一釣行当たり100円するかどうか?パン粉が1袋100円、麦茶は30円?(もっと安いか?)合計1回あたり230円くらいというところだろうか。材料費は安い事は安いが、手間がかかることこの上ない。コマセの作成に2時間弱。作業を並行することもできるけど、イモの作成に小一時間。

したがって、金曜の深夜・・・というより24:00を回ってるので、日付は変わっている・・・に作業を開始すると、終わるころには外は明るくなってきている。結果、たいがい寝坊する。(笑

 

今回も、翌日目が覚めたのは11:00を過ぎてしまっていた・・・・完全に時合を逃し、お休みとなってしまった。
いつも、月~木のうち、つまり釣行前日以外の日に作成しよう・・・とは思うんだけど、どうしても手がかかって「めんどくさい」感があり、前日になってしまう怠惰な私なのだ。

連休中、12・13日は雨の予報。最近の千歳川は流速が極端にはやくなってしまっているので、雨後はほとんど釣りにならない。

寝坊してしまったせいで、次の釣行は20日(日)以降に、まる一週間延期である・・・・

寝坊は高くついてしまった・・・(T_T)


来週こそ、大物をあげたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1124

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2017年8月10日 19:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘタクソ釣り師の悩みは深い 釣りに行けない日は、ちょっと考える・・・千歳川五条通樋門下」です。

次のブログ記事は「遅めの夏休み、鯉に会いに来たのだが・・・千歳川五条通樋門下」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02