雨中、アタリラッシュに満足の釣行! 千歳川石狩川合流左岸

◆2014年8月19日(火)の釣行記

千歳川2014/08/19

天気:雨 気温19℃ 水温18℃
風向;南南東~南 風速3~5m

小樽潮位
満潮9:11(32) 干潮18:01(16)

◆天気予報に勇んで釣り場へ・・・・

長かった一週間の夏休みも、本日で終了。
一昨日も試し釣りをしたが、惨敗・・・今日はリベンジである。(笑

天気予報では今日は曇り、昼過ぎから弱雨、風向南・・・・・とのこと。

竿出しして、ゴールデンタイムの昼過ぎに弱雨、サカナは活性化する・・・まあ、これは願ってもない絶好のコンディションといつになく、勇んで釣行。

ここの所、さすがの体力マンの私も、ドクターストップが掛かったりしたこともあり、釣りに行く気力がどうしても湧かずにいた。

家人が心配して、「気分転換に釣りに行けば・・・?」と、言うほど元気が無かった。
釣り仲間からも、釣行記のアップを迫られたりもした。(笑

しかし、今日のこの天気予報であれば、行かずには済まされまい!と、前日から気合いが入っていたのだが、目が覚めてビックリ。

すでに、雨が降っている・・・・

天気予報、当てにならん・・・

しかし、微風、弱雨。まあ、夕方には増水するだろうが、水流も昼過ぎくらいまでは持ちそうな感じ。

◆今日の釣りを組み立てる?(笑

今日は、今年開拓中のポイントではなく、一昨日と同様。昨年の石狩合流ポイントに戻る。

・しばらく釣りから遠ざかっていたこと
・新しい開拓中のポイントは、非常にシビアで緊張すること
・比較的釣りやすい、やさしい釣り場で自分の「カン」を取り戻すこと
・自作(舟和製を加工)イモヨウカンのテスト

などを意として、まずは「レギュラーサイズ(60+)を数本上げる」事を目標にする。

水量が多く、水流が速いだろうから、それに合わせた対策を立てる。スパイクオモリを利用して、落としオモリでゴミを交わす。

12時台のゴールデンタイムに数を重ね、夕方静かになる頃、最後の大型を狙う・・・

などと、シナリオを描いて、釣り場に急いだ・・・


◆予想通りのアタリラッシュにニンマリ!(笑

千歳川_1番ポイント
1番ポイント

ここは勝手をよく知った手の内に入っているポイント。底探りもごく簡単に。
今日は、カケアガリも滑るようにオモリが戻ってくることから、まだ、まだ底荒れはそれほどひどく無さそう。

1番ポイントは、中通しオモリではなく、コーダのセーフティリグ。チューブ長は30cmとやや短め。これに、30号のスパイクオモリを装着。オモリは、底の色に合わせてダークブラウンに着色してある。

狙いは枝の先15m位。ここに大きなカケアガリがあり、そこをピンポイントで狙う。

千歳川_2番ポイント
2番ポイント

2番ポイントは、いつもの中通しに20号。これで、どの程度流されてしまうかテスト。今日はこちらは捨て竿というか、テスト竿的位置づけだ。

オモリの誘導長は20cm。こちらのオモリもダークブラウンに着色。

雨がひどくなってきて、コマセの撮影が出来ない。(笑

大麦粉砕+麦ふすま(麦ヌカ)ベースに、パン粉を4カップ。麦茶カスを2カップ。(オール麦)
これに、サツマイモを加える。今日は水温が18℃とかなり下がってきたので、ちょっと迷ったが、
配合餌3:イモ1と、まだ夏用の配合。

10:38 1番エサ入れ
10:47 2番エサ入れ

11:20
投入後30分もしないうちに2番のドラグが鳴く!よし!予想通り今日のコンディションはいいぞ!

と、思いきや・・・・鳴ったのは一度だけ、あとは大人しくなる・・・・

ん~、これは超小型の鯉か、大型のへらぶな・・・だろうな。

案の定、さしたる手応えもなく上がってきたのは30cmにも満たない鯉っ子・・・
なんたること、朝イチのアタリは型モノが多く、それからサイズが段々下がるのに、いきなり30では、この先どうなることだろう・・・

11:27
やはり、このポイントは釣り人が多くなり、スレて場荒れしちゃってるんだろうな・・・

などと、やや意気消沈していたところ、1番の穂先がやわらかく揺れる。

2度、3度と穂先を柔らかく揺らせて、一気に穂先が水中へ!そしてドラグが鳴き出す!

しかし、今度も手応えは重くは無いがそこそこの重量感はある。

「60cm越えたら良いんだけどなぁ・・・・」

久しぶりのアタリに、ヒキを少し楽しませてもらって取り込んだのは・・・

鯉60cm 
鯉60cm

ジャスト60cmのスラリとした半野生系スタイルの形の良い鯉。

投入後30分そこそこで、このサイズ、この姿形が上がれば上々だ。

12:02
気を良くして打ち換えた1番に、また、アタリ!
今度は20分も経たずに喰って来てくれた。

しかし、手応えは軽く、走りも弱い・・・

鯉50cm 
鯉50cm

ありゃりゃ・・・一気にサイズダウンの完全養殖系・・・・この手の個体はヒキが弱い。尾びれはそこそこのサイズなんだけど、やはり養殖系は極端にヒキが弱かったりする。

しかし、まあ、釣れないよりはいいに決まってるし、気分が悪かろうはずも無い!

雨は依然として強く、もう全身ズブ濡れ、下着まですっかり濡れてしまっているが、気分は上々である。(笑


12:33
気を良くして、1番を再投入。次のエサを用意しようと準備をしようとしたら・・・・
目の前で、1番のドラグがまたしても鳴く!

アタリラッシュ!?

私は雨と相性がいい・・・って、鯉釣り師はみんなそうだろうけど(笑)・・・とくにこの水域では、豪雨とならない限り、雨は好ファクターで、アタリをもらえることは多いんだけど、ここまで立て続けはそう無い。

しかも、こんどのヤツは力強くドラグを鳴かせ、どんどんミチイトを引き出してくれる。迷わず水の中に入り竿を立てる。

ここはカカリが少ないので、少し走らせてあげる。

対岸に向けて一気に走った相手が止まったので、一度軽く合わせてみると、まだ走る!

無理をせず、ゆっくりヤリトリを楽しみながら取り込んだのは・・・

鯉68cm
鯉68cm

惜しい!あと2センチあれば、待望の70台だったんだけどね。

しかし、このサイズが来てくれれば、まあ、言う事は無い。堂々として黄金色に輝く美しい魚体に、しばし、見ほれてしまった・・・。

しかし、私のコマセとイモヨウカンのクワセはやはり相性がいい。

今回のイモヨウカンは、浅草・舟和製を購入し、

・サイコロ状にカット
・冷蔵庫で1週間ほど寝かせ
・釣行の度、天日で干し
・釣行から帰ったら冷凍

imoyoukan20140817
(この写真のみ一昨日撮影)

この「冷凍」と「影干し」を繰り返す事で、弾力があり柔らかく、かつ粘りがありエサ持ちが良い、クワセになる。イモヨウカンそのままでは、柔らかすぎて、どうしても割れたり、極端にエサ持ちが悪くなってしまうのだ。

作戦成功、である。(爆

11:30に60を上げてから、わずか1時間で3本のヒット。お昼ご飯どころか、煙草一服つけるヒマもなかった。

この1時間、まったく「仕事」をしなかった2番を打ち換え。今度はちょっと沖目へ投げて、大きなカケアガリを探して、そこにエサを置く。

この作戦が功奏!

13:35
もの凄いうなり声で、2番のドラグが鳴く!今度もちょっと沖目にポイントを変えた作戦成功である。
今度の一尾は、一気に下流岸寄りに走る!

手応えはさほどではないが、とにかく浮いて来る。上に上に浮きながら走り回る。養殖系小型の走りの感じではある。水面をスプリンターの様に駆け回る感じ。

重くは無いが、手こずる。ヒキは強くないんだけど、なかなかコントロールが出来ず、右に左に走り回る。時として、ジャンプさえする。

底を切らせてくれないヤツは幾度となく相対してきたけれど、こうして水面付近を飛び回る相手は、ちょっと記憶に無い・・・というより始めてかもしれない。

ついにヤツは左の一番の竿のラインをまたいで上流へ疾走。

あ~あ、一番のドラグも鳴かせてしまう・・・・

結局1番のラインごと、取り込んだのは・・・・

鯉62cm 
鯉62cm

う~ん、コイツも満足の60台!しかも、スラリとした野生系のスタイルで、なかなかの美鯉である。

ヤリトリに感謝しつつ丁寧にリリース。あと20cmもデカくなってくれ、さらにズル賢くなったら、私の技量では、上げられないかも知れない。そんな知恵モノで最後まで諦めないグッドファイターだった。


千歳川_泥田の様な足場

気がつくと、釣り座は、もう泥田の様相・・・

この釣り座は写真ではわかりにくいのだが、川に向かって軽く傾斜している。私から見るとカケサガリ。
表面の泥がつるつるして非常に滑る。

今日は2度、大転倒をしてしまった。

ストックとスキーがあれば、まあ、大概の斜面はこなせる私も、この滑る釣り座には往生した。

最後の方は、竿掛けを杖代わりにして、まるで老人のようにモタモタ竿の回りを徘徊する有様。(笑

一昨日ご一緒した方が見学に訪れて、「もう一本!」何とか釣り上げたかったが、その後はアタリ無し。

雨が非常に強くなり、タックルも、バッグも、私自身も何もかも、芯までズブぬれになってしまったので、

15:30頃、少々早めに撤収した。

クルマの中は泥だらけ・・・・後刻、悲鳴と共に家人の厳しい叱責が合ったことは言うまでもない。(笑

 

 

しかし、楽しかった。

釣行前に組み立てたシナリオ通りに、狙ったコンディションに、狙ったポイントで、狙ったタックル・エサで、狙ったサイズを釣り上げることが出来た。

この場荒れしてスレたポイントで60台3本は、まずまずの釣果。自分にとって自信を回復させてくれるには充分である。

これでまた、自信をもって新しいポイントへのチャレンジが出来る。

リハビリ的釣行、成功。(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/974

コメント(4)

Nice catches !
I went there this early morning, but water level was too high and too fast, so I went to a pond instead...

David!!!

I am a carp angler crazy a little. (Laughs)
I go out fishing snow also falling even if it rains.
Rain like yesterday will raise the activity of the fish.
Therefore 3 was also able to catch carp of good size of 60cm over.
I knew it well.
Since I had the same experience many times past!

I have scheduled the English translation of the text.
Please wait a little.

Also, let's fishing together!

よしかわさん、こんにちは。
お忙しい中の釣行で型を見ることができ、本当に良かったですね。
しばらくぶりのコメントなんですが、実は、スパムメールに埋もれて、一緒に処分されてしまったようで、時々はコメントさせてもらったいたのですが。
このコメントが埋もれてしまわないよう祈るばかりです。(事情はわかっていますので気になさらぬよう。)
今年はつるたろうさんと同行し、色々と良い目にも遭わせていただきました。
少しはポイントを見る目ができてきたのか、よしかわさんの釣り場に近い方で釣り場を見つけることができました。
そこではアベレージサイズは同じくらいですが、非常に元気に走ってくれるのでとても楽しく釣りができます。
お盆が終わると雨が降って、川が落ち着かないとちょっと厳しい状態ですが、この後を楽しみにしています。
それでは。

TheOldMan様
いや~お久しぶりです、コメントありがとうございます!
そして、レス遅れてスミマセン。
spamコメントは記事を投稿すると一日400。普通の時で200位で、結構処理には難儀しています。m(__)m

私は「雨に強い」・・・というより「雨を苦にしない」のです。どんなに風雨が強くても、「アタリがある」と言う事がわかるので、平気です。
傘をさして、竿のそばでイスに座ってます。

真性、ほんまもんのキチガイの域ですな。(笑

つるたろうさんと同釣なされたのですね。氏は巧いですからね。
一緒にいると本当に勉強になります。特に、
「寄ってくるのを待つのではなく、いるところを探して釣る」
というスタイルを徹底されているところは、まさに「攻めの鯉釣り」を
実践されていると脱帽してしまいます。

秋風が吹いて、これからがベストシーズンなので、頑張りましょうね!!

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2014年8月19日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014初釣行は、初めてのポイントでアタリラッシュも、鯉に翻弄される・・・千歳川/早苗別川合流」です。

次のブログ記事は「水温低下、北風の悪コンディションでまさかのアタリラッシュ? 千歳川・石狩川合流右岸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02