対岸はアタリラッシュでお祭り騒ぎ、此方は・・・アタリ・・・無し・・・千歳川石狩川合流左岸

◆2013年10月6日(日)の釣行記

koi20131006

天気:晴れ、のち、くもり 気温:19℃ 水温15℃ 風向き:南~南南東(5~7m)

◆天候・コンディションは上々

8:20 釣り場着

天気も良く、ぽかぽかと暖かい。水も先週来の雨の影響も大分納まり、やや濃いめのササ濁りというところ。そして風も弱く、まず、鯉釣りには絶好のコンディションである。

空気は澄み、風は鋭さを増し、季節の移ろいを感じる。

今日も佐々木さんと竿を並べての釣りである。

koi20131006-7

コンディションは良さそうだが、ただ、水位が下がっているのが気がかり・・・

koi20131006-8

平常より、-30~40cm位水位が下がっている、いわゆる「ソコリ」の状態。これは、正直あまりよくない。

だだ、気温、水温、水色、風などの要件が揃っているので、このソコリでもなんとかなりそうな・・・気がする。(かなり希望的観測なのだが・・・)

対岸には、珍しく釣り人が・・・

今までは、草藪だけだった対岸だったが、工事の測量が入ったため部分的に「草刈り」が入り、丁度良い釣り座になっている。

ここ数年、誰も入った事のないポイントでもあり、対岸も良さそうな雰囲気ではある。

今日のコマセ

黒糖蜜を少量加える

いつものコマセに、黒蜜(黒砂糖のエキス)を入れる。
かりんとうや黒棒など私も大好きなお菓子の材料でもある、黒砂糖のエキス・・・非常に甘い香りがして、良い雰囲気。

koi20131006-4

クワセは2時間煮込んだサツマイモ・・・角イモである。

8:56
第一投。

今日は静かに釣りたい、水の中に入る回数も極力少なくするため、竿は一本。

先週、型が伸びなかったので、今週は極力静かに、大物の警戒心を解きたい・・・・と、思っていたのだが、対岸の釣り人は二人、5~6本、全ての竿に「鈴」がついており、回収、打ち返し、アタリと常に鈴がリンリン鳴っている。

ん~、これは、なかなか厳しいかもしれない・・・・・

 

9:40
対岸では・・・・

またまた対岸でアタリ

6~70cm位のそこそこの型モノが上がっている!

10:10
またまた、も対岸でアタリの様子。取り込みからみて、やはりそこそこの型の様だ・・・

対岸でアタリ 

ん~、やっぱり、しばらく釣り人の入っていなかったポイントは、アタリも早いし、型も揃うのか・・・

10:26
打ち替えの為竿を上げると、なんと10cmの極小ウグイがハリがかりしていた・・・・ん~、こちらは幸先が悪い。

10:30
風向きが変わる・・・・南風から北向きの風に・・・これは良くないのだが・・・そして、やはり北風の影響か、寒くなってしまった。

10:40
対岸でまた、ヒット!今度も、それなりの型モノらしい。

10:51
対岸でまたまたヒット・・・しかし、今度はバラシてしまったようだ。

10:56
穂先がモタれていたので、打ち返し。やはり穂先がモタれる位の大型の草ゴミ。

その後も対岸では、11:09,12:01、12:30とコンスタントにヒット。私が数え初めてからだけでも、わずか2時間そこそこで6本もの数が上がっている、しかも、アベレージはおそらく60台と思われる・・・

私も経験がある、やはり対岸の五条通り樋門で、一日かけて草刈りをした「何年も人が入っていなかった過去の名ポイント」で、70台2本を含む10本という大釣りをしたことがある。

なので、対岸のアタリラッシュはわからないでもないし、工事が入り、釣り人が毎週の様に入り込んでいるこちらのポイントは、アタリが遠い・・・というのもわからないでも、ない。

しかし、それにしてもアタリが遠い・・・

と、ボンヤリと竿先を見つめていると、いきなり穂先が水中に刺さり、ドラグが鳴く!

おお!来たか!ようやく、こっちにも来たか!

竿先を見つめる視線が険しくなるのが自分でもわかる・・・

濃密な数十秒?数分?が流れる・・・

しかし、後追いのアタリは無く、「ウグイか・・」と、回収してみると、なんと相手は30cmにも満たない当歳のコイッ仔・・・・

その後、また、ドラグが滑るようにアタるも、後が続かない。しかし、こちらもようやくコマセが効いてきただろうか・・・

しかし、やはりアタリが遠い・・・

ちょっと気分転換に散歩。

千歳川、石狩川合流点。

千歳川石狩川合流点

なんと、ここまで干上がってしまっている。こんなに干上がった合流点を見るのは初めてである。

ここまで、水位が下がってしまうと、こちらのポイントはダメなのだろうか・・・

でも、この写真は貴重なものかもしれない。ここまで、川底の様子が見えていることはそう無いこと。

千歳川側が、かなり浅いことが良くわかる。千歳川側に投げる場合は、浅瀬で食いが立っている場合に限ると言うことだし、石狩川側には、深く大きなカケアガリがある。

左手の千歳川側にはやや遠投、右手の石狩本流側には、ほんのチョイ投げで良いと言うことだ。

ふむ、これは良い情報を得た。

釣り座に戻る。

穂先は相変わらず、ビクともしな・・・・い・・・・と、いきなり竿先が水中に刺さりドラグが鳴る!

今度はしっかりと鳴り続ける!ようやくアタリだ!!

しかし、竿を立ててみると、手応えは非常に軽い・・・

鯉46cm 全長40cmをちょっと越えただけの今度も仔ゴイ・・・
そのまま撮影すると、非常に写真映えしないので、ちょっと工夫して撮影。

こうして撮ると、やや大型に見える。(寂・笑

恥ずかしくて、佐々木さんを呼ぶサイズでも無いかとは思ったが、一応報告。(笑

その後も、対岸の釣り人には、そこそこアタリをもらっている様子。

しかし、流石に、型が小さくなってきているのが遠目にもはっきりわかる。

まあ、あれだけ鈴を鳴らしまくって打ち込み、取り込み、岸際で走り回って・・・と、やれば、どうしても、型は下がってしまうだろう。

こちらは相変わらずアタリが遠い・・・

koi20131006-12

北風はどんどん強くなり、釣れそうな気配は・・・・無い。

koi20131008-9

ソコリは、更に酷くなり、一投ごとに周囲をグチャグチャに踏み荒らす感じである。

その後、粘りに粘るも釣果に恵まれず、最後の一投を放り込みバケツを洗っていると、背後でドラグが鳴く!

おお!最後の最後でアタリだ!

しかし、やはり、手応えは相当に軽く・・・

koi20131006-13

あ~あ、の40cmクラス・・・

しかし、最後に釣って終わるのはまあ、気分は悪くは無い。(笑

 

◆来週こそ、リベンジだ!!!!

来週は、対岸でやってみるのも一つの手ではある。対岸であれば、多分間違いなくそこそこ、アタリはもらえるだろうと思う。

さて、どうするか?

コンクリート護岸の釣り座は、私にはどうにも釣趣にかける・・・やはり、自然の岸辺で竿を出している方が、「鯉釣りをしている・・・」という気分に浸れる。

しかし、これだけアタリが遠く、小物ばかりの「荒れ場」となっては、どうだろうか・・・

それでも、来週もこのポイントを攻めるのだろうか・・・・?


多分、こちらのポイントに来るだろうな・・・自分は。

ここで、今シーズンは心中だ。釣れても、釣れなくても、今シーズンはこのポイントを攻めきろうと思う。

 

 

次回へのメモ。

ソコリが来ると、このポイントはやはりアタリが遠いと思われる。
今日は大潮で、9時満潮から40cm近く潮位が下がるため、こちらも水位が下がったと思われる。

黒蜜の効果は不明。しかし、甘やかで強い香りはウグイや仔ゴイを寄せやすくしてしまうと思われる。

 

 

To Foreign Peoples=================================

Weather : Sunny , later , clouding temperature : 15 ℃ 19 ℃ water temperature wind direction : south - south-southeast (5 ~ 7m)

◆ weather condition on the people

8:20 Fishing Locations Arrival

The weather is good today , warm and warm .
Where river water effect of rain last week fits Oita , called turbidity rather deep somewhat .
And weak wind , first , it is a great condition to carp fishing .

That I feel , the air tends to be clear , the wind increases the sharpness , autumn came .

The fishing side-by-side pole and Sasaki today .

I think condition and looks good to me. However , it's disturbing the water level 's down .

40cm in water level is lower than usual today , the carp fishing , this is not so good .

However , I think the requirement temperature , water temperature , light blue , and the wind so are aligned , and might somehow .

There are people fishing on the opposite bank uncommon .

Until now , it was the other side was the only grass thickets , but grass is mowed in part because the survey of the construction is on, it has turned out to be just about the right fishing rod .

The past few years , is also the point that no one even entered , the other side is a good atmosphere .

Also food for today .

I will add a small amount of black molasses

Also to feed usual , I put ( extract of brown sugar ) black honey .
Sweet smells to extract ... very brown sugar , good .

Bait hook is attached to the sweet potatoes stewed for two hours .

8:56
First throw .

In order to reduce as much as possible you want to quiet fishing , also enter the number of times into the water , today Thao this one .

Last week , I did not catch is large .
So , I fish in very quiet this week .
I want to solve the wariness of big game .
However, the bell is attached to the pole two people , six or five people fishing on the opposite shore , when the recovery , when the backstroke , bell is ringing Lingling always as in the nibble .

This is not good . The noisy sound to .

9:40
In the other side , ...

Nibble at the other side once again

I have caught a fish good 6 ~ 70cm in .

10:10
Once again , nibble at the other side . It's like a fish still good ...

Nibble at the other side even more .

After all , nibble and fast , and points that were not filled with people fishing for a while , how many good fish ...

10:26
Increasing the pole for the interchange bait , dace minimum of 10cm was suffering what .
Auspicious bad here.

10:30
Wind it bad is this ... in the wind of the north-facing and south wind from ...... change
And how the influence of north wind , it has become cold .

10:40
Also the other side , hit ! Once again , it seems to be good fish .

10:51
But hit ... once again in the other side , it seems to have missed this time .

10:56
Here catch a large chunk of grass .

In the other side , hit the constant and 11:09,12:01,12:30 thereafter. Alone from the first time I counted , as many as six have gone up in two hours just so so , moreover , the size of the fish caught seems to be more than 60 all ...

Have experience and I , in the gutter gate Gojo street on the opposite shore also , in " a good place in the past where people did not contain any years " you have the mowing over the day, was a large fishing of 10 animals , including a 70cm2 animals there is a thing .

So , nibble there are many on the other side I can see well . Point of this place that anglers have come to like every week , distant fish trust

But , even so well nibble is less ...

When looking at the pole ahead blankly , tip is Sasari in the water suddenly , the drag is reversed !

Oh ! Came ! Finally , you also came over here !

I can see myself gaze stare pole destination has become steeper ...

Dense several tens of seconds ? Few minutes ? I flows ...

However , there is no hit of catch-up , and "... or dace " When I recovered , opponent Koi~tsu offspring of yearling to less than 30cm Nantes ...

Also then , and Ru Ata , after is not followed by a drag to slide . However , scattered bait or would have worked also finally here ...

However , Atari is far too ...

Drag rings rod destination Sasari in water suddenly !

I continue to sound firmly this time ! Nibble ! !

However, when we put up a pole , response is very light ...

Goi pups once again just a little beyond the carp 46cm total length 40cm · · ·
If you take a picture as it is , because it does not photogenic very , taken to devise a little .

In this way, you take , it seems to somewhat large . ( Rust laughs

I thought for shame , and whether there even in size to call Mr. Sasaki , the report once . (Laughs
Since then , the fishing people on the opposite shore , how are getting a nibble .

However , I can see clearly even from a distance indeed , size 's getting smaller .

Well, driving like crazy to ring the bell only that , capture , and ... and running around at the shore when , and if it does , by all means , type will give way down .

Atari distant as ever this place ...

North wind becomes stronger and stronger , it is not ... • The signs likely catch .

Then , hold out the stickiness also is not blessed with a catch , and washing the bucket and toss the last Itto , drag the sound behind !

Oh ! It is a nibble at the end of the end!

But , still , challenging lightly considerably ...

40cm class unfortunately ...

However , it's end up caught in the end Well , there is no bad feeling . (Laughs

 

◆ what next week , it's revenge ! ! ! !

Next week , it's try at the other side also some in the hands of one . I think if the other side , all right , to be given per definitely maybe .

Now , what to do?

Is the person who still ... applied to the fishing flavor any way , you are taking out the pole on the shore of nature , fishing seat of concrete seawall , is immersed in a feeling of "... have a carp fishing " for me .

However , Atari far only this , it has become a " rough place " just small , and what about ...

Still, I wonder attack this point next week , ...?

Maybe myself ... Might come to the point of this place .

Here , this season is a double suicide . I think even if I catch , even if you do not catch , and Kiro will attack this point this season .

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/928

コメント(1)

よしかわさん、お疲れ様でした。
石狩川との合流点付近ではそんなに水位が下がっていましたか。
上流ではかえって少し高い位なのですよ。
月曜日、釣りではなく、防災センターに訪れた帰りに千歳川をちらっと眺めたのですけれど、釣り人の姿は見えませんでした。
もっとも、左岸側は見通せませんけれども。
残り少ないシーズンで良い釣りができますように。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年10月 6日 23:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2ヶ月ぶりの釣果!・・・もサイズは??? 千歳川(石狩川合流点左岸)」です。

次のブログ記事は「迷いながらも、やはり来てしまったいつものポイントで、やはりの惨敗・・千歳川」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02