2ヶ月ぶりの釣果!・・・もサイズは??? 千歳川(石狩川合流点左岸)

◆2013年9月29日(日)の釣行記

koi20130929 

天気:晴れ 風向き:南 気温?度 水温15度

竿 :ダイワ:PSサーフパワー 25号-420
リール :ダイワREGAL-X4550BRT
ミチイト:ダイワアストロン・ナイロン4号(ブラック)
オモリ :スパイク30号 セーフティリグ
ハリス :ミクロン20lb(迷彩染め)
ハ リ :チヌ7号
袋仕掛け 1本針

コマセ :配合餌3:サツマイモ2
(大麦+麦ふすま+パン粉(4cp)+ふすまペレット(1cp)+麩(1cp)
喰わせ:蒸かしイモ ゆでトウモロコシ

仕事が大忙しの上、ゲリラ豪雨などもあり、結局9月は一度しか釣りに来られなかった。(今回でようやく2度目)なんどか足を運んだが、激流・草塊の山で撤退ということもあり、なかなか釣りが出来なかったのだ。

そして、その数少ない釣行も、8月から9月にかけての釣行で4度連続のボウズを喰らっていた。もう、すっかり鯉の釣り方を忘れてしまってきている。(笑

釣り場に着くと、早くも佐々木さんが竿をだしておられた。

彼も、私の「釣れない病」が伝染してしまったらしく、最近釣果に恵まれていない。

しかし、今日の川は違う!

水色は、まだやや泥濁りが残っているモノの、ここ最近のコーヒー牛乳のような濁りではなく、草塊も流れていない。透明感のある爽やかな風も南向きで心地良い。

今日は釣れる!(と、思う・・・笑)

koi20130928-2

今日のコマセと喰わせ。

コマセは若干リニューアル。今回は「麩」を足して、水平方向への広がりを計った。麩の原料は「麦」。
粉砕麦に麦糠(ふすま)、そして、麦ペレットに、「麩」と、私のコマセは麦100%である。(笑

水温の低下を考慮し、芋の割合を夏までの配合餌:芋=3:1から、3:2まであげてみた。

9:55 一番竿投入

koi20130929-3

今日は、水位がいつもより低いので、気持ち遠目に25m程度のポイントに投入。カケアガリがはっきりと感じられ、底の状態も悪く無さそう。喰わせは昨晩2時間煮込んで作成した、角イモ。

9:58二番投入

koi20130929-4 

こちらも、水位の低下を考慮し、いつもより流心近くに投入。こちらのクワセはゆでトウキビ。

投入を終えて、さて、一服・・・・と、煙草に手を伸ばした瞬間、入れたばかりの一番竿のドラグが鳴き出した。

アタリだ!早い!

このポイントは、これがあるのだ。

このポイントは複雑な水流があり、水の流れに変化のある「エサ場」、食い気のある鯉が入って来てくれれば、投入後5分で喰って来ることも珍しいことではない。

しかし、何せ2ヶ月ぶりのアタリである。ややモタついてしまった(笑

しっかりとした手応えを感じさせながら、相手は右手のブッシュ帯に向かって一目散。

えっ?右?

右手は、確かにブッシュなどのカカリもあるのだが、とにかく浅い。

大物ほど浅場を嫌うので自ら浅場に突っ込んで行く相手は・・・大物ではない・・・・

案の定、一度竿をタメて、動きを止めると、スルスルと寄って来た相手は・・

うわ~、小さいぞ!!!!

しかし、左右に首を振って、最後の最後まで抵抗を示し水際で暴れまくったヤツは・・・

koi20130929_9 59 
(鯉 52cm)

ん~、もう一声デカかったら満足サイズだが、まずは2ヶ月ぶりの釣果ということで、佐々木さんもお祝いを言ってくれた事でもあり、まあ、よしとしよう!

数年後デカくなってからの再会を期して丁寧にリリース。

サイズにやや不満はあるものの、やはり、釣れると嬉しい・・・というより、ホッとする。

10:10
一番竿の準備をし、再び同じポイントに投入。今日は底の状態がいいので、カケアガリがはっきりとわかる。多分先程とほぼ同じ場所に入れられた、と、思う。

と、投入を終えて水際から岸辺に上がりかけた途端、背後でドラグが鳴く!!!

早い、いくらなんでも早すぎる。

エサ場にピンポイントで入った場合、アタリが早いのがこの場所の特徴だが、それにしてもこのタイミングではコマセもバラケきってすらいないだろう・・・・

早すぎる喰いアタリは・・・・

しっかりした手応えで、ずんずん走る相手は、一旦走りを止めてしまうと後はスルスル・・・

やはり・・・

鯉52cm

(鯉52cm)

先程と、全く同じサイズ、ん~、しかし、小さい・・・

隣で釣っている佐々木さんに声をかけるのもはばかられた。(笑

しかし、今日は、いままでとは明らかに違う、魚の活性が違う。あとはサイズアップをはかるだけだ。

一投目投入直後から一時間、ようやく座れたと思ったら、いきなりのアタリラッシュ。煙草一本吸うヒマもなかった。

九州の高橋さんに「釣れたよ~」メールを入れて、イスに腰掛けた途端記憶を失ってしまった、爆睡。

目が覚めると、一番竿の穂先が大きくモタれている。おそらくは、ミチイトがゴミを拾ってしまっているのだろう。

koi201309-5

この塊・・・・これを拾ってしまうようだと、また苦戦が始まってしまう。

12:10
一番竿を再投入・・・と、こちらもまた、投入後5分でアタリ!

今度は、強烈な引き込みが何度となくあり、一直線に流心近くへ走る!今度は型モノの予感が漂う。

じっくりと竿をタメ、引き込みに耐える。一旦動きを止めて相手の出方を見る・・・逆にこちらの出方を見るように相手は止まったまま。

試しに少し巻いて見る。あれ?・・・あれれ?

フッと竿先が軽くなり、するすると寄ってくる・・・

鯉50cm
(鯉 51cm)

先ほどより、さらにサイズダウンである・・・トホホである。

サイズはともかく、秋特有の,綺麗な魚体に、やはり数年後の再会を期してリリース。

その後、ぱったりとアタリが止まる。

私も、仕事の疲れが出たのか、とにかく眠くて眠くて仕方が無かった。

爽やかな秋風に、つい居眠りをしてしまい、目が覚めては打ち返し、眠り、目が覚めて打ち返し・・・

魚釣りに来たんだか、昼寝をしに来たんだか・・・・

しかし、悪くは無い、水辺で竿を出しながら昼寝を決め込む。

鯉釣り人としては、最高の休日だ。(笑

 

眠気さましに、コマセダンゴの溶け具合を確認。

koi20130929-5

イモの配合がやや多すぎて粘りが出すぎたか、思ったよりバラケが悪い。もう少し水分を控えて、バラケを早くしたほうが良さそうではある。

イモの素練りとイモと配合餌を加えたものと、小魚の寄りを確認。

甘くて微粒子のイモに小魚が群がると思ったら、意外にも配合餌に小魚は集中。

煎った香りが水中で広がり、好評のようだ。今後の参考になる。


そのまま17:00まで粘ってサイズアップをはかったが、結局午後はアタリ一つ無く納竿。

楽しかった。

サイズはともかく、3尾の釣果を得たことで、まずは良し。

川のコンディションは間違いなく上がっているので、来週もまた来よう。

来週は土曜日に会社の草野球があるので、日曜の出撃。

天気と気温、風向きが今日の様であればいいのだが・・・

雪が舞うまで、あと1ヶ月、悔いのない釣りをしたいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To Foreign Peoples

On busy , there is heavy rain as well as guerrilla work , I could not come to fishing only once in September after all . I visited many times or ( second time finally this time ) , but also that withdrawal in the mountains torrent , grass mass , and he could not quite fishing .

And its one of the few fishing line was also the crash Bowes four-time consecutive fishing line through September to August . The other , it has forgotten how to carp fishing completely .

However , the river of today is different ! Condition is good .

The light blue , of mono mud turbidity remains somewhat still , rather than turbidity , such as coffee milk recently , grass mass also does not flow . A refreshing wind and transparent feeling comfortable in the south direction .

I catch today! (And you smile ... I think )

Also bait renewal slightly . From adding " bran " , and tried to spread in the horizontal direction this time . Raw materials of bran " wheat " .
Wheat bran and ( bran ) , and wheat pellets , and " bran " , my scattered bait is 100% wheat to milling wheat . (Laughs

Considering the decrease in water temperature , the mixing of food until the summer the percentage of potato : from potato = 3:1 , I tried to raise up to 3:2 .

Today is lower than usual water level , the input to the point of approximately 25m long distance feeling . Kakeagari is felt clearly , the state of the bottom also so bad to be no . It was created by boiled for two hours last night , sweet potatoes stewed to make it eat .

After finishing the input , now , and potions ..., the moment when I reached for the cigarette , the drag of the rod began to cry most of just put .

A nibble ! Fast !

This point , but there is this .

There is a complex water flow this point , a change in the flow of water " feeding grounds " , carp with the appetite if Kurere come in , I do not mean that to come eaten in 5 minutes after turning unusual .

However, it is a hit of 2 months anyway . I have been turned on Mota somewhat

While I feel the response that I did well , your opponent as fast as one can go towards the bush band of the right hand .

Huh? Right ?

The right hand , he is also engaging , such as Bush , to be sure, but the shallow anyway .

It is not a big game ... the other party to go in -depth on the shoal about their own big game so hate the shoal , ...

Sure enough , Te Tame the pole , When you stop the movement once , whom came to stop by and smoothly to ...

Wow ~ , I'll small ! ! ! !

However , a guy who was Abaremaku~tsu at the edge of the water and shook his head from side to side , shows the resistance until the end of the last 52cm

Carefully release the sake of reunion from the increased number of years later .

Some complained a little size , but still , rather than to be happy ... If you catch , heave a sigh of relief .

The preparation of most pole , and up to the same point again . The state of the bottom so good today , I can see clearly Kakeagari . That it was put in place about the same as just maybe , I think .

And , soon as I was about to go up on the shore from the water's edge after finishing the input , drag crows behind the scenes ! ! !

The early , too early how much anything .

When it gets a pin point to feeding grounds , it's a feature of this place Atari 's early but , even so will not even loosened stamp also scattered bait This timing ...

Hit on fih is too fast ... ...

In response the firm , partner running Zunzun is , the later and would stop running once smoothly ...

Again ...

Size before, exactly the same , small ...

Today, clearly different and up to now , the activity of the fish is different . I just measure the size up the rest.

If you think one time from Itto eye immediately after start-up , to have finally sit down , hit rush suddenly . There was no time to suck one cigarettes .

Has lost the memory as soon as I put the mail "... I was able to catch " to Mr. Takahashi of Kyushu , was perched on a chair ,sleeping

Woke up , tip of the rod most is big Mota . Perhaps , line would have ended up picking up trash .

Struggle resulting in the beginning also , and would seem to pick up this mass ...... this .

And cycle ..., also here the most pole , and hit 5 minutes after turning on !

This time , there is time and again retracts intense , Running to heart close to flow in a straight line ! Premonition of type thing drifts this time .

I endure Tame , to pull the pole slowly and carefully . Opponent while stopped to look at the way of coming out of this place in reverse ... see the attitude of the other party stop moving once .

View by winding a little to try . That one? Drats ... ?

Pole and destination fluoride is made lightly , I rally around and smoothly ...

Than earlier , it is ... is a miserable size down further .

Size aside, the fall -specific , to clean the fish , and released the sake of reunion in a few years still .

After that ,  stops .

I also tired of the work is what came out , there was no choice but to be sleepy sleepy anyway .

There is an invigorating autumn wind , it would be a snooze on, I backstroke eyes are awake , and backstroke sleep , wake up ...

Do I came to fishing , or I came to take a nap ... ...

However , there is no bad , take a nap while producing a pole in the water .

As a carp angler , it's the best holiday .

I tried to size up in Neba~tsu 17:00 as it is , but it paid no pole hit one in the afternoon after all .

It was fun.

Whatever the size , by you got the catch of 3 fish , first I am good .

Condition of the river because it definitely up , so you Pocoyo also next week .

Because there is a grass baseball company on Saturday next week , sorties Sunday .

Weather and temperature , wind direction , but I wish if like today ...

It 's the snow to dance , I want to one month later , the fishing with no regrets .

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/922

コメント(7)

よしかわさん、ご無沙汰しております。久しぶりのコメントです。
私の釣りをしている場所でもだいぶ水が落ち着いてきました。
思わぬ所に掛かりができており、先週はそこに逃げ込まれてしまいました。
ところで、よろしければご助言をいただきたいと思うのですが、よしかわさんは芋と水の分量でバラケ方を調整されているようですが、他にもバラケ方の調整に有効な方法がありますでしょうか。
明日から10月です。ラストスパートがんばりましょう。

吉川さん 久しぶりの?釣果おめでとうございます。
それにしてもDavidさんほかEnglish speakerさん宛ての完全英訳版の
すばらしいコト!!
時間がないと言っていながら、、、、、、まさかコレ自動翻訳ソフト??
今どきはそういうのもありますけれど??
吉川さん今週末は野球のあとに釣りですね、川のご機嫌が良く良い釣ができますように。
僕は今、長崎県に出張中で週末から山梨県ですわ。
来週もちょっと忙しくしばらくは釣りにいけないのかも??

The Old Man さま

おお!お待ちしておりましたよ。(笑
お久しぶりです。
山のような迷惑コメントの嵐で、ブログデータベースを保護するために、
コメント欄を冬期間閉鎖してしまっておりました。
またまた、コメント頂ければ幸いです。

さて、バラケ・・・に関してですが、The Old Man様のコマセのベースは何ですか?

①パン粉
どんな配合餌でも、「パン粉」はなじみが良いと思います。
御自身の配合餌に、分量を量りながらパン粉を加えて、小玉を作り足元へ放ってバラケ具合を観察してみて下さい。

私は、基本、「バサバサ」で、握ってようやく固まるか、少し崩れるくらいの硬さで、手水をつけて握りしめます。これで、水中で5~10分位でばらけるように調整しています。

あと、もし、ご家庭に「ミル」「粉砕可能ミキサー」があれば、

②もみガラ
これをミキサーでパウダー化すると、バラケの調整に良いです。
これは、水平方向にバラケます、早く、香りを拡散させたい場合、特に湖沼などの止水域で有効だと思います。

③生米
これも、ミキサーでパウダー化すると、とても良いバラケ調整剤となります。こちらは比重があり、縦方向にバラケますので、流れの速い川で有効だと思います。

④麩
これは、おろし金でパウダー化します。コマセがとてもしっとりとして、でも、バラケが早くて、なかなかイイですよ。これは、どちらかというと水平方向に拡散してくれます。

⑤米ぬか
これも、定番ですね。できれば軽く煎って香りをだしてあげるといいと思います。手に入れば麦ぬか(麦ふすま)が最高です。これに麩のパウダーを合わせると、非常に良い感じのエサに仕上がります。

⑥麦茶
これは、ミキサーで粉砕してパウダー化したものと、粒そのまま残したモノとをブレンドするとイイですよ。

参考までに私の配合・・・
http://www.yo4.jp/koi/2013/06/post-10000063.html

さてさて、これらの中で、イメージ会う物があれば、是非お試し下さい。
また、これを読んで頂いた方で、「もっと良いのがあるぞ!」というのがありましたが、是非教えて下さい。

高橋さん

わはは!バレましたね。勿論翻訳サイトを使っています。

一度ブログを(日本語で)書き上げてアップしたら、その文をテキストエディタで編集します。

形容詞、副詞など修飾的な語を極力削って、SVOまたはSVOCを意識した文章に直します。

私は釣りに行った。的に文章をそぎ落として翻訳サイトにかけると、比較的意とする英語になっていそうな気がします。(あくまで自分の感覚ですが・・・(爆

David氏から、毎日メールが来て、大変なんですよ・・・(笑

来週は土曜日野球なので、佐々木さんにも「日曜は絶対来ます!」と既に宣言しております。

もう10月、今月は毎週やります。有給取って金曜か月曜もやります。
雪が降るまでが勝負なので・・・ですね!

Nice catches !

よしかわさん、詳細なご助言ありがとうございました。
私は家庭的な事情?により独自の配合はしにくいので(笑)、市販の配合餌を使用しています。
私の釣りしているところは水深も浅く、川の蛇行の関係で流れも緩やかです。
今の寄せ餌のバラケ方ですとよしかわさんの釣り場のように水深の深い流速の早い釣り場では底につくまでにバラケて広範囲に散乱してしまうのではないかと思いました。(それで良いのかもしれませんが。)
どうもありがとうございました。

やっぱり! なるほどいくら吉川さんが原稿を書くのが速くてもこれだけの長文を
2時間やそこらで翻訳するのは無理ですよね。
なんとなく同じ表現やチョッとカタイ表現があるなァと思ってました。
でもこれが最善の方法ですよね。
今週もまた台風が近づいていますが日曜はイケそうですね、お互いいい釣りを!!

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年9月29日 23:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「う~ん、釣れないぞ~ スランプ突入の惨(三)連敗! 千歳川・石狩川合流左岸」です。

次のブログ記事は「対岸はアタリラッシュでお祭り騒ぎ、此方は・・・アタリ・・・無し・・・千歳川石狩川合流左岸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02