う~ん、釣れないぞ~ スランプ突入の惨(三)連敗! 千歳川・石狩川合流左岸

◆2013年8月20日(火)の釣行記

遅ればせながらの夏休みも、今日を含めてあと2日。

と言うことで、今日もイソイソとやってきました千歳川!

chitosegawa20130820-7

◆コーヒー牛乳のような水色とゴミの嵐に苦戦の予感・・・

9:05釣り場着

釣り場に着いてビックリ!結構な雨が降ったので、ある程度の濁りとゴミは覚悟していたつもりだったが、それにしても酷い。

これでは、ほとんど釣りにならないと思える位酷い・・・

しかし、夏休みも今日と明日しかない。やるしかない!(笑

コマセと喰わせ

コマセはいつものパターン。クワセは今日は蒸かしイモ。

10:05第一投

一番竿

一番ポイントは、いつもの通り・・・ではなく、ご覧の通り増水で釣り座が水没しており、いつもの距離でよいのかわからない・・・

何せ、水深が80cmから1m近く深くなっている。

これだけ、水深が変わってしまうと、魚体に掛かる水圧の関係で泳層、タナ、捕食場所も大きく変わってしまうだろう・・・それより、食い気が出てくれるのだろうか・・・という不安がある。

ゴミが酷い上に、水深がいつもよりありすぎるので、落としオモリも浮いてしまう可能性があるので、竿先をグッと沈めてあげる事にする。

二番竿

二番も、何処へ投じて良いかわからず、とりあえずいつもより若干手前に・・・

それにしても、普段は膝上くらいまで水に入って打ち込みをするのだが、今日は胸近くまで水が来る。

ちょっと怖い位だ。こちらも、竿先を水中に落として、ゴミを避ける。

水温がやや高く23℃もあるので、エサ換えも1時間を目安に打ち換える事にする。

 

予想通り、アタリは遠い・・・


1時間経っても、クワセは無傷なので、1時間半、2時間と打ち替えの時間を延ばす。

しかし、アタリは全く無い。


今年初めてトウモロコシを試す・・・

何も手を打たないと、迷いが出てきそうなので、自分自身の目先を変えてあげるために、今日はクワセを変えて見る。2番だけ、トウモロコシをクワセにしてみる。当然、コマセもバランスをとってトウモロコシをバラして入れる。

コマセに加えるトウモロコシは、わざと半分潰すようにして、香りと甘みを出してあげてみる。

ウグイの猛攻に遭うかは、コレは出たとこ勝負といったところか・・・


いつしか、得意の睡眠釣法・・・・爆睡・・・・


目覚めても、竿先にも、リールにも、何の変化も無し。

厳しい・・・

ふと、見ると・・・

水面が鏡の様に・・・

風が止み、水面は鏡の様に静かになってしまっている。

まずい、これは非常にまずい・・・

それでなくとも、アタリが遠いのに、水面がこんなに静かになっては、さらにアタリが遠くなる・・・

9年前、2004年の8月~9月にかけて、6連続ボウズ・・・という悪夢のような釣行を重ねた経験がある。

あの悪夢が、頭をよぎる・・・・

ん~、まずは、型を見たいところだ・・・


しかし、アタリは遠く、川面も微動だにしない・・・

 

と、お昼を過ぎて、ポツポツと雨が降り出してきた・・・


これは、起死回生の恵みの雨になるだろうか?

私は(私だけではないだろうが・笑)雨と、本当に相性が良い。

雨が強くなればなるほど、釣果も伸びる。

雨よ、もっと降ってくれ! 土砂降りの雨粒が水面を叩き、活性酸素を水中に送り込んでくれ!

魚の食い気を上げてくれ~!


祈るような気持ちで、空を見上げる・・・・

空は晴れているのに、雨???

え?

は、晴れ間????お天気雨??

これでは、土砂降りなどは望むべくも無く・・・すぐに上がってしまった・・・




その後17:00まで粘ったが、魚の気配すら感じられず、三連敗丸ボウズ・・・となってしまった。



 

五条通り樋門

対岸の五条通り樋門ポイントに足を運んでみる。

案の定、こんなに素晴らしいポイントなのに、私が来なくなると草ボウボウ・・・誰も来ていない・・・

次回は、こちらに回りたい気持ちが強くなる・・・が、我慢我慢である。

せっかく2012年丸一年休ませたポイントである。2013年も、もう一年休ませてあげたい。

(2014年度満を持して勝負だ・笑)

釣れてくれないと、迷いが出てくる。その迷いで、下手に動いてしまうと、結果はもっと悪くなるような気がする。

スランプ気味の時は、動かず、自分の釣りを信じて、あえて動かずに自分のスタイルを我慢して通して行く事が大事ではないかと思う。

来週も、竿を出してみよう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To Foreign Peoples

Today is included also during the summer vacation with too late, and it is two more days.

◆Premonition of hard-fight at the storm of a light blue like coffee-flavored milk, and garbage

Arrival at 9:05 fishing spots
It is reached and surprised at a fishing spot!

Since splendid rain fell, even so, a certain amount of muddiness and garbage are severe, although he planned to have been determined.

Now, it is as severe as it seems to hardly become fishing... It is a pattern with usual food which brings near.
It carries out and  sweet potato today.

the sweet potato was added to the parched wheat, bread crumbs, and this -- bringing near -- food.
It is made to eat and food is a sweet potato.

Where should it supply? Since there is depth of water from usual, it has wavered.

As expected, a bite is far...
If no measures are adopted, illusion comes out, and that will be right and it will make corn .

It brings near, and food also maintains balance, and takes into pieces and puts in corn.

Place [ Colet called it leaving a matter to chance whether the vigorous attack of an "ugui" minnow would be encountered

Change of what is also nothing to the pole point and a reel.

applying in August, 2004 ? September nine severe years ago -- 6 continuation no fish -- it has the experience which piled up fishing like the nightmare ...
That nightmare goes by the head....

even the sign of a fish is not felt although it was sticky to 17:00 after that -- a 3 continuation no fish -- it is ...

I visit a  point as five 「gojyoudoori-himon ]of the opposite shore.

It is many grass when I stop coming, although it is as expected such a wonderful point... Nobody is coming...
... to which desire to turn here becomes strong is patience patience next time.
It is a point from which he will be excused with much trouble for circle one year in 2012.
Also 2013, it will already rest for one more year.
(It will be fully prepared in the 2014 fiscal year, and is a match - smile)

If it cannot fish, illusion will come out.

If it moves by the illusion poor, I will feel that it gets worse for a result.

It does not move at the time of a slump, but I believe fishing of me, and think that it is a serious happening to keep putting up with one's style and to go, without daring to move.

A pole will be taken out next week also!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/918

コメント(2)

よっしーさんへ
私のブログにコメントを頂きありがとうございます。
早苗別川の大型樋門の件ですが、私もお話しようと思って
おりました、それと向かい側の泉の沼樋門も気にいっているポイントです、
しかし、どちらもいつでもいいポイントとは言えず、早苗別川の方は
春先からお盆までがいいのですが!(お盆すぎに水が少なくなってしまう!)
泉の沼樋門の方は大きな洪水の時のみが最高のポイントになります?
千歳川と泉の沼樋門の水位が同じか千歳川から逆流している時が樋門の
入口に大型の鯉が群で入っていますよ。

それと、お願いがあるのですが、ジョークで書いているのでしょうが?
師匠と言われるのは冗談でも気持ちよくは感じないのでご勘弁を・・・?

それから、私もFBを楽しんでおりますので、よかったら覗いてください。
(太田一美として)

つるたろうさん
ん~、私にすると、釣果といい知識といい、(特に春先にアタリの遠い茨戸でミミズで爆釣されるあたり・・・など)色々教えを乞いたい、お師匠様的存在なのですがね・・・正直・・・(笑

さて、早苗別はやっぱり良いポイントなのですね。写真撮ってきたので、あとでアップします。お盆過ぎはダメとのコトですが、水量まだ、ありましたね。最近雨が多いからでしょうか?いつものホームグラウンドのポイントが、流れがきつすぎて、草塊ゴミが酷くて釣りになりにくくなっています。

その点、この早苗別樋門下は、適当に水がよどんで、非常に良さそうに感じるのですね・・・

泉の沼樋門はまだ見に行ってません。(浅いと言うイメージがあって・・・)
今の時期は増水しているので、良いのかもしれませんね。
今週末、日曜日はどちらかで試し釣りをしてみようと思います。
(やはり天気が悪そうで、ホームグラウンドでは釣りになりそうもないので。。。)

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年8月21日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏休み最終日は釣り座開拓! 茨戸川開拓(その2)」です。

次のブログ記事は「2ヶ月ぶりの釣果!・・・もサイズは??? 千歳川(石狩川合流点左岸)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02