2013シーズンバージョンのエサ完成!

◆2013年6月29日(土)

明日は、2013年シーズンの初釣行を予定している。

毎年の事ながら、初釣行はわくわくする。

すでに購入していた材料をモトに、今日は新エサ作り!

アッペン大麦 

アッペン大麦

今年は、より大物を狙うために、コマセの香りを大人しくしてみることにする。

①アッペン大麦を粉砕、パウダー化
②麦ふすま(麦ぬか)
③パン粉
*麦茶の出しガラ(麦茶かす)

これらだけで仕上げる。パン粉も原料は麦なので、麦100%である。

大人しい麦の香ばしい香りで、おだやかに大物を寄せよう・・・という作戦である。

大麦をそのまま煎るとその作業だけで40分以上かかってしまうので、今回は先に粉砕/パウダー化をすませてしまい、煎る時間が少なくて済むように試してみた。

粉砕した麦

最初に細かく粉砕しておく。

麦を炒る

中火でさっと煎ってあげる。粒のままより1/3以下の時間で済むことがわかった。しかし、問題は香りである・・・

この作り方で、コイの好む香りになってくれるだろうか・・・こればかりは、実釣で試してみないことには何とも言えないところではある。

koiesa20130630-4

2回にわけて煎り、浅煎りと深煎りにしてブレンドする。

koiesa20130630-2

麦ふすま(麦ぬか)も、さっと、軽く煎って香りを出し添加する。

麦ふすまを炒る

こちらも、浅煎りと深煎りのふたパターンをブレンド。

koiesa20130630-6

煎り上がったベースに、粉砕まえの大麦をプラス。これは、「底残り」を意識したモノで、水温に合わせて量を調節するところ。

今回は水温がわからないので、1カップ。

パン粉を添加

つなぎにパン粉を添加。今回は3カップ。粘り具合がやってみないとわからないので、バラケを重視して、ひとまず3カップを目安とする。

麦茶カスを添加

麦茶の出がらしを1カップ加えてみる。これは、全くの思いつきで深い根拠は無い。(笑)

ただ、今回の麦中心のエサは全体的に比重があり、底に残り気味かな・・・と思えたので、バラけて流れに乗って匂いを拡散してくれる、比重の軽いモノを少し混ぜたかったという理由はある。

2013バージョン完成!

全体をざっと合わせて、2013年度バージョン完成!である。

明日は、これに、サツマイモを「配合餌3」:「サツマイモ1」の割合であわせてみようと思う。

 

しかし、手の掛かるエサである。我ながら、よくこんな面倒な作業をいとわず出来るモノだと関心する。(笑

このエサは、「ウグイをよけて、より大きいヤツを手にする」為に開発している。(つもりである)

千歳川水域はとにかく「ウグイ」が多い。それも、エゲツナイほどである。一度ウグイを集めてしまうと、猛襲に遭って鯉釣りにならなくなってしまう。

3匹続けてウグイが来てしまったら、1時間くらい竿を上げてしまうくらいの覚悟が要る。

そんな環境で、市販のエサを使ってしまうと匂いが強すぎて、ウグイを集めてしまうのだ。

市販のエサは、コイを「より早く」集めてくれようとする。集魚力が強いということは、そのまま、「ウグイの寄りも早い」と言う事でもあるのだ。

なので、ウグイをよけて、でも、コイは寄せたい・・・・となると、必然的に、コイの好む、かつ、できるだけ大人しい香りのエサが必要になる・・・・というわけだ。

私なりの研究?と試行錯誤の一品・・・


さあ、明日が楽しみだ!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/904

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年6月29日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「釣り場紹介、執筆依頼を受けるも・・・釣行出来ずで、とほほ・・・」です。

次のブログ記事は「2013シーズン初釣行!は我ながらのヘタクソぶり炸裂!(笑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02