山の水族館で淡水魚のお勉強? 北海道留辺蘂町・山の水族館

◆2013年6月5日(水) 札幌は晴れ

留辺蘂_山の水族館

温根湯温泉、山の水族館・・・・

6/2、先週の日曜日は、家人のリクエストを受けて、北見温根湯・山の水族館に遊びに来た。ここは、「イトウ」の展示があり、有名な水族館。淡水魚の展示が充実している。

大迫力のイトウ

幻の魚・イトウ 80cmクラスだが、大迫力!

鯉の80cmクラスとは、また違った迫力がある。

ゴンボとか、ミサイルとか言われる「野生種の鯉」もこんな魚雷のような、スリムでズン胴な形だという。

ゆったりとした、淡水大魚らしい、本当にゆったりとした泳ぎっぷりに、しばし見とれてしまう・・・

コイツを喰わせたら、どんな手応えなのだろう?

重いトルクのある引き味か・・・・

スプリンターのようなダッシュか・・・

スタミナはあるのだろうか・・・

水槽の中にいるサカナなのに、見つめる目は、完全に釣り人の目ですね。(笑

 

 

淡水魚の充実している水槽群は非常に面白かった。特に面白かったのが、「水位が上下する水槽」

水位は40cm近くある 

水位40cm以上の水槽の水が、減る、水槽がある。この水が20分に一度、ドンドン低下するのです。
ここには、ヤマメ、オショロコマ、アメマスらが、沢山います。

どんどん水位が下がると・・・

水位が5cm迄下がると・・・どうなると思います??

ヤマメの滝登り・・・

何と、魚たちは上流へ向けて川を遡上するのです!ジャンプして、上へ上へと川を遡ります!

水位が下がることで、上流をめざすのか?

流速が上がることで、上流をめざすのか?

個人的には、後者がその理由ではないかと思うのですが、どうなのでしょう?

流速が上がると、流されてしまわないように、流れに向かって強く泳ぐ・・・これを「向流性」と、いうらしいです。

これが、こうじて、ヤマメの滝登り・・・と、なるのでしょうか?

 

いずれにしても、流れに対し、魚たちは一様にアタマを上流に向けます。水量がたっぷりあり、流れが緩やかなときは、下流にアタマを向けたりする個体も見られます。

しかし、水位が下がり、流速が上がると、魚たちのアタマは揃って上流を向き、一定以下に下がると、ジャンプ!と相成るわけです。

これは、非常に興味深かったです。

水位(場合によっては自分(魚体)にかかる水圧・・・かな?)や流速というのが、魚の習性、活性に、どれだけ重大な影響を及ぼすか・・・

水位と流量・流速で釣れた時のパターンを記録しておくことが、どれだけ重要か・・・と、随分考えさせられました。

 

また、悩みの要素を増やしてしまったかもしれません・・・(T_T)

鯉釣り迷人・・・釣れない事に、ますます、悩んでしまうかも・・・(笑

 

山の水族館、楽しかったです!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/897

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年6月 5日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013シーズンの「鯉釣りエサ」 材料到着!!!」です。

次のブログ記事は「釣り場紹介、執筆依頼を受けるも・・・釣行出来ずで、とほほ・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02