【前編】2012シーズン最後の釣行は、珍客・・・なんじゃコイツ?で閉幕 千歳川(石狩川合流左岸)

◆2012年11月11日(日) 晴れ 気温9℃ 水温8℃(12:30計測)

koi20121111-3

来週は、会社の仲間達と太平洋へカジカ釣りに行くことになったので、これが多分今シーズン最後の鯉釣りとなるだろう。

◆晴天・無風(微風)と絶好のコンディション

最低気温が1℃まで下がる日があり、水温も8℃を割るかどうか・・・というところまで下がった。まともなポイントで鯉釣りをするのは、もう難しいかもしれない。

と言うことで、気温の上がる昼に向けて釣行することにする。

朝8時に起きて、麦を炒り、イモを蒸かす。

文字通り炒りたて、挽き立ての味・・・コーヒーのCMそのままである。

まだ、熱を持っている麦と、熱いイモを釣り座で合わせる。こんな、新鮮なエサを使うことは初めてだ。

koi20121111-01
(クワセは、左角イモ、右ブランデー漬けヨウカン)

冷たい水温下でのアピールを考え、麦は強めに炒って香りを出す。

koi20121111-5

風は微風~無風・・・王子製紙工場からの煙も、真っ直ぐ上り、水面は鏡の様に静かになる。釣りをするには最高のシチュエーションに見えるが、実は、この鏡面状態は良くない。アタリがとても遠くなる。


釣り座に着くと、予告通り?佐々木さんがお見えになっておられた。先週、雁里沼で70オーバーを上げられていたので、こちらではなく雁里に向かうのでは・・・?と、思っていたのだが、何故かこちらに。

私なら・・・というより、フツー良い型が上がった次は、そこを引き続き攻めたくなるだろうと思うのだが、雁里はやはり「遠い」と言う事で、近場のこちらにお見えになったらしい。

まあ、釣り座に仲間がいるというのは何とも楽しいものなので、大歓迎ではある。


◆「新・情報で、新しいエサに挑戦」

今日は(私にしては珍しく)3本目の竿を出した。


水温低下(サケの産卵期)は、その卵を狙ってウグイが上流まで遡上する

という「情報」を会社の釣り仲間(彼の専門は磯)から仕入れたからだ。

「最近、ウグイが釣れることが少なくなったような気がするのだが・・・」

と言う私のつぶやきに、

「ああ、そりゃそうですよ。ヤツらサケの産卵狙って、海から遡上して、上流に行ってしまうんですよ」

何?上流へ遡上? 海にもいない?

私は、大ゴイの最強エサは「動物性」に限る・・・と考えている。この時期、厳しい冬場を乗り切るため「少しでも体に脂をつけたい」と思うコイ達に、「動物性」エサはうってつけなはずなのだ。

秋~冬にかけて、釣れてくる鯉達は一様に、腹がパンパンである。ドコで何をこんなに喰ってるんだ?と言うほど。それは、多分、藻や水草などではなく、タニシなどの貝類、ミミズなど、トンボなどの昆虫類、そして小魚達・・・・という、動物性のエサ達だろう。

自然界では、動物性のエサで満ちているはず。従って、大鯉への最短距離は動物性エサなのだ。

タニシ、ザリガニ(剥き身)、、ミミズ・・・これらを使いたい。しかし、タニシとザリガニは入手困難。ミミズは、ウグイの大好物で、コイよりウグイが先にきてしまって釣りにならないのだ。

しかし、その私の天敵ウグイが、超上流まで遡上していない・・・ということであれば、話は別。

ということで、今日は竿1本を捨て竿的に、これを試してみる・・・

エビ

ザリガニの剥き身・・・

 

(この釣行記、続く・・・・)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/775

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年11月12日 00:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この悪条件で3尾の釣果は上々というより、出来すぎか? 千歳川石狩川合流左岸」です。

次のブログ記事は「【後編】2012シーズン最後の釣行は、珍客・・・なんじゃコイツ?で閉幕 千歳川(石狩川合流左岸)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02