強烈な風と強い流れに、撤退を決意・・・も、ポイント変えて一発逆転の1尾・・・? 千歳川石狩川合流左岸

◆2012年10月28日(日)

気温9℃、水温8℃ 南向きの強い風・・・

 

白波が立つほど、風が強い

 

◆一泊組に合流も、条件が悪く・・・・

9:30
釣り場着。

昨晩より、泊まり込みで釣りをされている、高橋さん、安田さんと合流。

昨晩、一度釣り場を引き上げた後、夜中に様子を見に来た。その前に、安田さんは一本手にされていたようだ。

(初めての場所で、何気に釣果をだしてしまうあたりは、タダモノではない。(笑) )

sasayan氏は、アタリに恵まれずだったらしい。

そして、高橋さんには、今朝メールで「良型来たよ~」との報告があった。

良型ゲット得意満面の高橋さん! 潮回り的に、5~6時半位には、喰って来るはず・・・
という予感がしていたのだが、

やはり、6時半頃に喰って来たらしい。


77cmという、かなりな良型である。
(この水域では、80台大物! 70台良型!と、
私は思っている・・・笑)

未明の良型・・・一晩かけて、手に入れた貴重な一尾だ!

121028おデブの77cm 


今日は昨日に比べると、気象条件が非常に厳しいことはわかっていた。天気予報では、風は方向こそ南だが、予測で9m以上・・・・暴風である。

南向きの風は、流れと正方向。つまり、それでなくても強くなり気味の流れのさらに背中を押す・・・というわけで、ゴミ掛かり、根掛かりが多くなってしまう。


一人なら、竿をだすのを諦めるだろうと思える位、コンディションは厳しい。さて、どうしたものか?

結局、高橋さん、安田さんがおられる・・・というだけで竿を出す事にした。

場所は、昨日佐々木さんがチャレンジされたポイント。私は、初めて入る場所だ。

コマセを作ろうとして・・・ああ!・・・配合のイモを忘れてしまっていた!昨晩、冷蔵庫に格納してそのまま取り出すのをわすれてしまったわけだ。やはり、今日の私はちょっと、どこか、集中力が欠けているかもしれない・・・

こういう時の為に、鯉武蔵と鯉パワー白虎(または鯉夢想)そして、スーパー鯉むぎ、はリュックに常備してある。

鯉武蔵をイモの用に作る。

鯉武蔵 

大量の水分を何度かにわけて練り込む。しっかり練り込んであげて、粘りを出し、蒸かした芋と同じような質感に近づける。手で潰したイモの粒が、つぶしきれずに、「ダマ」が残る感じ・・・と言えば、イモエサを使ったことのある方はわかるだろうか?

蒸かしイモのように・・・

とにかく、鯉武蔵は、水加減と練り加減で、結構イモに似てくれるので私は非常に重宝している。

出来上がりの質感と香りは、いつものとそれほど変わらない・・・

いつものコマセ

 

流れがとにかく強いので、仕掛けを流されないように、今日はオモリを30号のスパイクにする。そして、中通しではなく、セーフティリグにして、しっかりと底に定着させたい。

セーフティリグ

 

まずは底探り・・・・

 

ん~。オモリが着底するまでに、すでに相当流されてる感じ。そして、底を引きずると、すぐに底掛かリ。それも、ガッチリ根掛かり。

オモリを失い、付け替え、打ち替えて再び底探り・・・・またも、一投ですぐに底掛かり。

昨日、佐々木さんが、「ここは根掛かりも結構多いですね」と、言っておられたとおりだ。

底探り三回目、またも、一投で根掛かり・・・

 

ん~。

 

初めてのポイントでは、ある程度釣り座とポイントの概要をつかむために、底探りはじっくりやりたいところだが、こう根掛かりが酷くては、どうしようもない。

「根掛かりが多いポイントは、それに比例してアタリも多い」

これは、私の乏しい経験からのセオリーだ。

なので、果敢に?チャレンジ。(笑

「橋桁回りはアタリが多い」と、これも、私の経験からのセオリーに従い、左一番竿は、橋桁の近くへ。
(しかし、橋桁回りは、根掛かりもまた激しい・・・・覚悟の一投)

千歳川は流れも風も最強・・・

右二番竿は、やや左目に。10m程のちょい投げ。

 

風が強烈に木々を揺らす 

投入後、一息ついて、さて、高橋さん、安田さんのポイントに様子を見に行こうとすると・・・

突然、1番のドラグが鳴る!よし!やはり、カカリがあるとアタリもある・・・ん・・・あれ?

ガッチリ根掛かり・・・・

アタリではなく、投入後流された仕掛けが根にかかり、ミチイトについたゴミがドラグを鳴らしてしまうらしい・・・

それからは、投入→根掛かり・・・の繰り返し。

結局、6投して5回の根掛かりに、Give UP !


撤収して、高橋さんらのポイントに引き上げた。ベースとなったテントには、平さんもお見えになっており、こちらも1年ぶりの再会。体調はやや良化しているとのことで、何よりである。

1泊2日の釣りを終え、皆さんは撤収、帰還の準備である。

私も、そのまま帰途につこうとしたのだが、高橋さんより、

「まだ、引き上げるのは勿体ない、せっかくだから竿を出して行けば?」

と、強く薦められ、そのすすめに背中を押されるように竿を伸ばす。

いつものポイントに戻る・・・

橋下のポイントでは、台風の様に吹き荒れていた風が、ここではほとんど感じない。

何か、いい感じなのだ。

攻め慣れたポイントは、打つべき場所もよくわかっている。

この雑木の先、20mに打ち、すこし引きずる。

手前から、対岸にかけて斜めに潮目があり、引きずるとその途中でグググッと重くなる場所がある。

そこで、待つ。

左1番を打ち終え、2番の準備をしていると、背後でいきなりドラグが鳴く!

早い!

投入後、5分も経っていないのではないだろうか?

また、ゴミかねぇ????などと、半信半疑で竿先をみると、これは明らかに鯉のヒキである!

水の中に入ってしまって、タモが無いことに気付く・・・(笑

大声で高橋さんを呼んで、タモをお願いする。

いかんせん、こんなに早いアタリは予想もしていなかったので、自分のタモは釣り座の遙か上・・・

高橋さんは安田さんのタモをてに、川岸まで降りてきてくれた。

鯉63cm_2012年10月28日

鯉63cm 気温9℃ 水温9℃ 投入後5分。

ん~、このサイズが来てくれれば、言う事無しだ~!

121028_1303~02 タモでリリース

タモごとリリース!

やはり、諦めてはいけない・・・と言うことですね・・・・

その後、続けざまに

鯉53cm_2012年10月28日

53cmが喰って来て、

釣果としてカウントできない?40台以下も、もう一本!

ビックリするほどのアタリラッシュ!だった。

赤羽さんのタックル

そして、最後には、何と赤羽さんまで遠征してきて頂いて、竿を並べることが出来た。

この後は気温の低下とともに・・・二人とも、パタリとアタリはとまってしまったのだが・・・

 


2日間で、この狭い水域に6人もの方々が集まってきてくれて、賑やかで楽しい時間を過ごすことが出来た。

気付かなかった自分のクセに関しても指摘をもらう事が出来て、非常に参考になった。

この賑やかな方々が去った後のテントがあった場所、釣り座付近・・・・

ゴミひとつ落ちていません、きれいなモノです。お見事!

 

やっぱり、鯉釣り師は、こうありたいですね。

釣った鯉を丁寧に扱うことや、自分が過ごした釣り場をキレイにすることも、りっぱな技だと思います。

 

そして、何と言っても、

「(釣りに)来たのなら、一本釣る、絶対に釣り上げる」

という強い、意思/執念を持つことで、それが結果にも繋がる・・・・

ということを改めて感じさせられた。

楽しく、意義深い二日間だった。


気温、水温が下がってきた。

これで、今シーズンは最後だろうか?

もう一度来れるだろうか?

 

気温が13℃、水温が8℃を越えればまだ釣りにはなる。

来週も竿をだしてみよう!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/769

コメント(6)


先日はありがとうございます!

最近思ってる事が、釣った魚を丁寧に扱うなんて矛盾してますよね。

釣ってる事自体が魚への虐待みたいな(笑

だって死にたくないから必死になって暴れて逃げてんのにそれを人間は、

「おー!引くー!」って楽しんでるんですから!

痛い思いしてるのにー 


なんて 釣りはやめられないです!(笑

ンだね~ 確かに矛盾してるし疑問ではあるな。
モノは見ようでどうとでも解釈できるもんだからね。
僕は自分勝手(ササヤンほどではないが)なんでこう考えることもできるけど
強い引きを楽しむ → 単なる虐待
ハリのカエシを折る → 魚のダメージ軽減
釣った後は丁寧に → 成長して次も楽しむため(更なる虐待)
でも次釣られなければOKという魚にも余地がある
後片付けして釣り場をきれいにする → 第三者の攻撃をかわすため
釣った魚を食べる → 魚にとってはそれでおしまい → 情け容赦のない虐待

どちらにしても遊び心を満たすか、食欲、味覚を満たすかの違いだけで
きれいごとを言っても結局は人間のエゴで魚達を利用(イジメ?)している
ってコトに変わりはないでしょ。
せめてもの気持ちと思い僕は釣り場に着いたときは川や魚達と自然に
「釣させてもらいます、よろしく」と
そして帰るときは釣れても釣れなくても「ありがとうございました」と挨拶しいます。
ササヤンが好きないつもの話じゃないけど不思議と返事が返ってくるものですよ。

毎度支離滅裂でしたね  先ほど川崎に帰ってきた高橋

こんにちは、ジョージです。
流れが強くて根がかりの多いポイントって、すごく大変なんですね^^;
僕はウキ釣りなので、流れが速いところは最初から避けてしまっているので。
いつもいらしてるポイントで、たくさん釣れたんですね!さすがです!
それと、来た時より綺麗に、という事も、本当に大事だと思います。

余談ですが、僕も最近、やっと鯉を再び釣り上げる事ができました。
よしかわさんのアドバイス通りシートを用意して、鯉を傷つけずに返してあげることができました。ありがとうございます。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年10月28日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2時間半の短時間釣行も、充実・納得の一尾! 千歳川(石狩川合流左岸)」です。

次のブログ記事は「この悪条件で3尾の釣果は上々というより、出来すぎか? 千歳川石狩川合流左岸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02