さあ、鯉用オリジナル配合餌2012を作ろう!

◆2012年10月12日(金)

明日は、久しぶりの釣行・・・なので、先日届いた「材料」を元に、早速今年の「新作」を製作する。

煎りアッペン大麦

まず、大麦(あっぺん大麦)を煎ります。

大麦を煎る

ヒトの食用に精白されたビタバレーや押し麦と違って、煎ると甘いお菓子の様な香りが立ちます。
「バクダン」という麦菓子がありますが、あの香りですね。

色が付いてきて、パチパチとはぜるようになれば出来上がりです。

左、煎り済。右、煎り前。

左加工後、右加工前(・・・どれだけ色が付いたかを確認するために撮影)

次いで、ふすまを煎ります。

麦ふすま

パウダー状の麦ふすま。

ふすまを煎る

焦げやすいので、注意して煎ります。


煎り上がった、大麦をフードプロセッサーで粉砕、パウダー化します。この時に、全部パウダーにしてしまわず、

①大麦の粒そのまま
②半分くらい粉砕
③大きな粒に鳴るように粉砕

というように、底残りを考慮して適当に粒を残します。

フードプロセッサーで粉砕

その後、煎ったふすまと合わせるのです・・・

左ふすま、右粉砕麦

いい感じに合わさりました。

粉砕麦

そこに、パン粉を合わせます。500gにプリンカップ1杯くらいでしょうかね。今日の量の場合だと、3カップくらいです。

パン粉を加える

最後にスーパー鯉麦を合わせます。

スーパー鯉むぎを加える

これで完成!

 

さあ、明日は大ゴイを釣るぞ~

 

◆おまけ

塗装したオモリを「イモ汁(蒸かしたイモの残り汁)」でゆでる。塗装のいやな匂いを消してあげるのです。

esa20121013-11

塗装後のコイン25号とスパイク30号

ゆで汁でゆでてあげます。

esa20121013-12

塗装した部分がまだらになって、いい感じです・・・・

加工後

ん~、茶色のままの方が見た目はキレイだけどなぁ・・・・(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/757

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年10月12日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分のタックルを今一度検証?」です。

次のブログ記事は「強い風と、底荒れ・・・草塊ごみに無念の撤退」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02