自作「鯉エサ2012バージョン完成!」(と、言っても目新しいものでは・・・無い・笑)

◆自作配合餌2012年度バージョン

2011年度バージョンからの、今年は若干バージョンアップ!

偶然手に入った圧片トウモロコシ

牛の飼料、圧片(あっぺん)トウモロコシ!

◆偶然に入手出来た材料で自作配合餌をリニューアル

先日、出張で釧路に行った際、訪問した会社が偶然にも牛の配合飼料の製作会社だった!

商談終了後に、恐る恐る「アッペンコーンとか、アッペン麦とか小売りってして頂けるのでしょうか?」と訪ねたところ、

大笑いされ、「よしかわさん、トン単位で買ってくれるのでしたら、明日にでもお送りしますよ!」だって・・・

最小ロットは「t」との事!参った・・・

私は1度の釣行で煎り麦(+煎り糠)を、大体1~1.5kg使用する。

1tと言ったら、1000回だよな~。毎年、多くて20回も釣行出来ないから自分だけで消費するとしたら、単純計算で!50年はかかる計算になる。

1tって、○キューさんの仕入れ単位じゃないかなぁ・・・ということで、しおれていたら、その社長さんが、倉庫からもって来てくれたのが、サンプル!

「これだったら、差し上げますよ、どうぞお持ち帰りください」

狂気しつつ、大事に持ち帰ったのは言うまでも無い。

さて、このアッペントウモロコシだが、どう料理しょうか・・・しばし考えて、

全体の1/3程度の配合、その半分はパウダー、その半分は1/2ほど粉砕・・・

ということで今年はやってみることにする。

圧片トウモロコシを炒る

まず、香りを出す為にトウモロコシを軽く煎ってみる。

煎り麦、煎り糠、そして、煎りアッペンコーンである。

原材料3種

そして、フードプロセッサーで粉砕!

フードプロセッサーでパウダー化

まず、麦。鯉エサの場合は、麦も1/3程は粒のまま残して、底残りをはかる。

煎り麦

上2/3が細かくパウダー化された麦、下1/3が大粒にした麦。
(最近、依頼を受けて「フナえさ」を製作する事もある。その場合は、粒を残さず全部パウダー化する。マッシュなどの軽いエサと混ぜると、マッシュは水平にバラケ、麦は垂直にバラケるので、非常にバランスの良いえさになる)

そして、コーンも同じように半分以上を細かいパウダーに、そして、残りは粒状に。
(フナえさの場合、コーンを入れるか迷うところではあるが・・・在庫が無いので入れない・・・自分の為に使う・爆)

パウダー化された圧片トウモロコシ

麦と糠を軽く混ぜ合わせたものに、粉砕アッペンコーンを混ぜる。

koiesa20120629-6

この時点で、製作工場(自宅キッチンとも言う)には、麦の香ばしい香りと、コーンのほのかな香りが混じって、何とも言えない良い香りが漂う・・・(家人、および家族の評判は今ひとつだが・・・それは気にしてはいない・・・)

軽く混合したら、今度はパン粉を加える。パン粉の量は好みだが、私はベース1キロに対し、大体3~4カップ程加える。これは、全体のツナギで、水を加えると粘る元になる。

パン粉を加える

続いて、生米を加える。

生米

これも、粒のままの場合と、半分ほどパウダー化させる場合がある。夏場で食いが落ちてきたときなどはパウダー化してあげる。(フナえさの場合も完全にパウダー化する)

最後に、麦茶とスーパー鯉むぎを加えて完成!

麦茶、スーパー鯉むぎを加える

完成!

自作配合餌2012完成

 

さあ、このリニューアルされたエサで、大物にチャレンジである!!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/692

コメント(3)

エヴァです。
明日は新作の手作り餌で爆釣すると良いですね。
今日は釣れなかったですが、明日もいつもの場所でリベンジ釣行です。

アッペンコーンは、10年位前に一度使ったことがあります。
使い切る前に家人に捨てられてしまいしたけどね。。。

サツラク農業共同組合で20kgで、たしか1500円位だったと思います。
〒065-0043 北海道札幌市東区苗穂町3丁目3−7 011-721-7301

では。

エヴァです。おはようございます。
9:30頃に白のワゴンRで釣り場に行きます。
昨日は、3時間の釣行でしたが水位も低くく不発でした。
麻の実は準備不足で未使用です。

アッペーンコーンですが、サンプルのようなアッペンコーンだけは
なかったかも知れません。
でも何種類かあるのでサツラクさんで確認してみてください。
ちなみに私が購入したのは牛の配合飼料です。

では。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年6月30日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012待望の一尾!喰って来たエサは何と!? 千歳川石狩川合流左岸」です。

次のブログ記事は「こんなん、アリ?2週続けて同じサカナを釣ってしまった???(千歳川・石狩川合流左岸)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02