2012待望の一尾!喰って来たエサは何と!? 千歳川石狩川合流左岸

◆2012年6月24日(日) 晴れ

気温19℃・水温16℃(ともに12:00計測)

千歳川石狩川合流左岸

◆満を持しての釣行だったのだが・・・

1週間、この釣行を待ち焦がれて日曜日を迎えたはずなのだが・・・

目覚めると、どうにも体が重く、起きられない・・・・疲れているんだなぁ・・・それもひどく・・・
それこそ、「三度の飯より大好きな鯉釣り」なのに、行く気になかなかなれないのは、これは「重傷」である。(笑

先週も、どうにも体調がすぐれずパスしてしまった。

6月3週、最終週は絶好の時期でもあり、「気分転換なんだから、行ってきたら?」という家人の声に押されて、自分にムチを入れるようにクルマに乗った。


◆コンディションは最悪・・・

11:05

釣り場着。突いてみると水は薄茶色に濁っている。昨日の弱雨のせいか・・・?例年、この時期はもう少し澄みはじめてくるのだが・・・さらには、王子製紙からの何とも言えない悪臭がする。この匂いがすると言う事は風向きは北または北西である。良くない・・・このポイントだけではないだろうが、やはり南向きの風が良い。

さらに、流れが速い。水面がグッと下がり、河岸の砂が露出している。これは、石狩本流の流れが速く,それに引きずられるように、千歳川も流速が増しているからだ。このポイントは、流れが早すぎると仕掛けが止まらないだけでなく、仕掛けやミチイトにゴミが絡んで釣りにならない・・・

コンディションは最悪。私のテンションも上がらない・・


◆新ポイントはなかなか難しい・・・

水面から釣り座を見上げると・・・  
河岸に降りて、釣り座を望むと・・・・こんなに距離がある。高さざっと2mというところだろうか?

喰わせる度に、崖を降りては登る・・・ということになる、大変なポイントなのだ。

対岸の五条通り樋門ポイントから眺めていると、ハネ、モジリが非常に多く、いかにも良さそうに見えていた。

しかし、実際に来てみると、これはなかなかやっかいな場所ではある。
竿が見えない・・・  
写真では、草に隠れてしまって竿が見えないが、木のすぐ下が2m以上のドン深になており、ここがなかなか良さそうなポイントである。

しかし、流れが速いと、ゴミや、倒れた草の塊がミチイトに絡む、やっかいな場所でもある。


コマセ、クワセはいつもの自作。

自家製コマセと喰わせ

自作配合餌=( 煎り麦1:煎りヌカ1 ) + (パン粉2カップ,スーパー鯉麦1カップ,生米1カップ,麦茶少々)

配合餌3:蒸かしイモ1・・・

という夏バージョンの配合。水温が16℃だし北風なので、イモの割合をもう少し高めても良いかもしれないと迷ったが、天気が良さそうなので、思い切って夏仕様にする。

クワセは2時間ゆでた自作特製角イモ。しかし、やや硬めにできてしまい、今ひとつエサ持ちが悪そうだ・・・このポイントは流れがキツいので、エサ持ちの良さがキーポイントのような気がする。なので、必殺クワセエサを今日は用意している。

今日はこの新しい釣り場に慣れる・・・勉強とテストの釣行としよう。

12:27

第1投

向かって左の1番ポイントは20mラインに、2番ポイントは15mラインに投げてみる。底はカケアガリも何も無いフラットな砂岩の様子。コマセは1番のそばに4発ほど投げ込む。

予想以上に流れが速く、15m~20mラインに入れた仕掛けが、気が付くとすぐ足元まで流されてきている。

20号や25号のオモリでは、全く仕掛けが止まらない。

しかし、「仕掛けが流されてきて止まる」場所であれば、他のエサもそこに溜まりやすいだろうし、仕掛けが止まる場所でちょっと待ってみることにする。そこで喰ってくれるかもしれない。

川掃除・・・?

13:40

一時間経ったので、1番ポイントを打ち換えようとすると・・・ゴミ回収である。やはり、流速があるだけに、底も荒れていると思われる。仕掛けが流されるので、やわらかい角イモではエサ持ちが心配だったので、クワセを代えてみる。

何の変哲もない普通のタクアン

今日のテストクワセは「タクアン」!どこのスーパーでも売っている、ごく普通のタクアンである。

漬け物は,以前「へら彦師匠」に勧められていた事もあり、エサ持ちが必要なポイントで一度試してみようと思っていた。

私のコマセは「煎り糠ベース」であり、この釣り場では実績もある。「煎り糠にたっぷり漬け込まれた」タクアンであれば、ここの鯉であれば喰って来るのではないかと思う。

そして、このタクアン。ウグイなどのジャミがほとんど見向きもしない・・・という点が更に魅力的なのだ。

この千歳川は言わずとしれた「ウグイ場」でコマセにしっかり寄られてしまうと、ウグイ祭りでどうにもならなくなってしまう。ウグイが寄らずに鯉だけが喰うのであれば、これはまさに最終兵器とも言える喰わせである。さて、どうか?

13:40

1番、2番両方ともタクアンに代えて打ち換え。この水域は14時台に一番の釣果実績があるので、ちょっと遅いタイミングだったかもしれない。

釣り場に到着してから、ピトンセット、コマセ作り、投入、次のコマセ作り、打ち換えと、非常に慌ただしくしていたのだが、ようやく少し落ち着いて、釣行記を付けはじめる。気温、水温、仕掛け、コマセの配合などメモをはじめる。

竿先から目を離していると・・・・

13:55

投入から15分も経たないうちに、何の前触れもなく、いきなり2番のドラグが鳴き始める!!!

すっかり油断していたので、本当にビックリした!嬉しいと言うより飛び上がるほどビックリした・・・というのが本音だ。(笑

う~ん、釣り座から5m・・・ほとんど足元と言えるポイントだが、ここで喰って来る訳だ・・・・

このポイントでの初アタリだけに、どちらに走るのか、リスクを承知でしばらくじっくり眺めてみた。

ミチイトは下流の石狩川本流の合流点へ向かって走っている。

なるほど・・・ここで喰って来ると下流に走る訳ね。

どれどれ・・・と、竿を手にすると、軽い!?これは、50代かもしれない。思わず苦笑いであるが、2012年私にとっての第一号である。バラすわけには行かない。

崖を滑り台のように滑り降り、水に入る。軽く竿を立てクラッチを切りテンションをかけると、

おっととと・・・・

テンションを嫌った相手は、一気に向きを変え、川岸に逃げ込む。そこには、木の枝が水面にふれている。

なるほどね、逃げ込み場所は河岸の掛かりと言うことか・・・

ならばと、竿を岸側に倒し、向きを変えて見ることを試みる。うん、素直に向きを変えてくれて、流心に戻る。

そこで、ストップ。

巻こうとすると潜る。手を止めると相手も止まる。

底を這う相手は、すぐ近くまで寄ってきても、なかなか浮かない。ふむ、なかなかタフではある。

しゃがみ込んでリールを巻き、そのまま立ち上がる。こうするとサカナは浮く。二度ほどこの垂直ポンピングをくれてやると、サカナがスッと浮いてきた。

おお!60は軽く越えているグッドサイズだ!

慎重に寄せつつ、しかし、半年振りの取り込みにややモタつきながらも、すくい混み成功!

2012年度初の嬉しい1本!

68cm!このサイズが来てくれれば言う事無し!

やや、頭でっかちの養殖系の姿で、お腹がペッタンコ・・・産卵後のプロフィールである。

しかし、今シーズン最初の一尾。なんとも嬉しいものである。計測後、すみやかにリリース。

その後は、ぱったりとアタリが止まる。

食い気のある群れではなく、単独での回遊中の捕食だったのか、よくわからない。

何度上げても川掃除・・・

打ち替えの度に、こうして、ゴミをひろう・・・・濁りのある水といい、ゴミまみれの強い流れといい、なかなか難しい釣りではある。
(小さく、タクアンが回収されているのが解るだろうか・・・?エサ持ちは格段に良い!)

15:46

16時~17時台の第二ピークに向けて、打ち換え。

バタバタして、昼食をとっていなかったことに改めて気付く。一度、意識してしまうと空腹感は非常にタイトである。余りにもお腹が空きすぎて集中力が無くなってしまう。

葉っぱのセンサー

すぐ帰ってくるつもりで、リールに葉っぱのセンサーを取り付けて、近くのコンビニにクルマを走らせる。

16:04

コンビニから帰ってくると、あああ!!1番竿の葉っぱが無い、竿先は流れとは逆側の上流側へ深くお辞儀している。

喰って来たんだ!イトはそれほど引き出されてはいない・・・

タモを持ち、また、崖を滑り降りて竿を立てると、サカナはまだ付いている様子。しかし、川岸のブッシュ帯に潜り込んだらしく、何かに擦れる嫌な感触。

ゆっくりと引きずり出してみようかと、じんわり力を入れると、サカナが頭を振った感触があり、フッと竿先が弾む!

あっ!!!!

ミクロン20ポンドのハリスが・・・

ものの見事にハリス切れ・・・

やられた。向かって左の岸には、掛かりがあるんだ・・・(後で確認しにゆくと、上流側の川岸には鬼のように乱杭がうたれていた・・・)

ん~、このポイントは川岸のあちこちにカカリがあり、竿先から目を離してはいけないようだ。

くやしさより、なるほど・・・という感が強い。テキもなかなかやるものである。

 

◆テストにしては良い釣りだった。

その後もアタリはなく、川は夕暮れから夜に向かう・・・

釣り座に夕闇が迫る・・・

18:10 納竿

今日のコンディションで型を見られたのはラッキー以外の何物でも無かろう。キツイ流れと、不利な風、シビアな条件だった。

この悪いコンディションでも、1尾が上がり(ずる賢い)バラシが1回のアタリをもらえた・・・と言うことは、条件が良ければ、このポイントは大釣りも可能であると言うことだろう。

大きなカケアガリこそ無いけれども、複雑な流れと、そこら中に沈んでいるカカリに乱杭。難しいけど、アタリは遠くないポイントだ。ここで、回数を重ねる事で、自分の釣りも上達するのではないかと思う。

タクアンのクワセは、予想通り、鯉は喰ってきてくれた。ウグイの食いはナシ。上々である。

楽しかった、そして良い釣りだったと思う。

来週も、自分の体調と相談ではあるが、是非、来てみたいと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/691

コメント(8)

吉川さん。エヴァです。
ご無沙汰です。体調か悪いとのことで釣りはしても仕事はあまり
無理をしないように。
私も最近は、年のせいか忙しすぎて中々疲れが取れません。

タクアンにヒット!!!ですか、流石、雑食性の鯉ならではですね、
ともあれ今シーズンの第1尾おめでとうございます。

私の今年の釣行はというと、例の場所で6/10に70cm、昨日70cmと63cm
が釣れました。
今年も90オーバを目指して釣行に励みます。

今年初ゲットおめでとうございます
多摩川は逆に風が吹いて釣りにくい時に限って
食ってきます
凪の時は全然ダメ!
しかし漬物で釣れるんですね
こちらは昨日
サシに10円玉位練り餌さを巻いて
やたらと引く
70㎝と80㎝のコイをゲットできました
手竿なのでこの2匹で疲れてギブアップしました

これから季節がどんどんよくなるので
じゃんじゃん釣っちゃいましょう

吉川さん今年の初鯉!しかも初ポイントで初のエサ という記録まで。
さすがはよっしーさんですね おめでとうございます。

水中で目立つ白や黄色いものに食いついて来るとはいえ本当に大根やたくあんで
釣れてしまうんですね!?
特にそちらではウグイ対策としても有効ですしなにしろ安くて作る手間も要らないなんて
素晴らしいエサですよね。今度僕も試してみます!

uribauです

竿はですね今回は
がまかつのがま鯉X4.5Mを使いました
現在記録の96㎝はDaiwa波紋15J超硬を使用しました

道糸はいつもVARIVASのVLS4(低伸度)号を使っています

あとはへら用のクッションゴムを2本重ねにして
その下は中糸でヘラ用のナイロン糸3号に中通し重りをつけて
ハリス1.5~2号位で
針は鯉鉤10号をメインにしています
一本針仕掛けです
(スレているので針が触るとすぐ吐き出すから小さい針です)

浮きは基本的にMサイズのドングリ浮きですね
すぐ沈むしケミホタルが装着できるので

多摩川のコイは流れに乗って厳しい横走りするので
クッションとナイロン糸のダブルクッションで
ハリス切れを何とかカバーしています

説明が難しいかなり変則的な仕掛けです

こんな感じでOKですか?

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年6月25日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「せっかくの休日も、体調不良で釣行出来ず・・・」です。

次のブログ記事は「自作「鯉エサ2012バージョン完成!」(と、言っても目新しいものでは・・・無い・笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02