鯉釣りノート記帳のススメ・・・釣行メモは役に立つ?

■自分の釣行記録ノート

koiNote20111025

今年でノートも6冊目に入った。

■ 私のこの鯉釣りブログ、一番の読者は・・・?

それは、他の誰でもない、この私自身である。(笑

昨年の今日(今週)の天気、気温、水温などのデータ、エサ、ポイントなどの記録。そして、その結果としての釣果。

それらを付け合わせて、次回の釣りを組み立てる。

釣行前の自分自身での作戦会議・・・これが楽しい!

今週末の天気は?晴れ?風向きは南?気温は17℃・・・よし、であればポイントは岸から15mくらいか?水温は14℃前後だろうか?ふむ、8時前にエサうちを済ませて10:00頃がアタリの時刻か???

などと、空想/推理する。

釣り場に来る前までは、私も名人である!(笑


■ 私が記録していること

koinote20111025-2 koinote20111025-3 koinote20111025-4
【釣場スケッチ】 【投入時刻】 【釣行メモ】


1.釣り場のスケッチ、タックル、天気等

竿をだしているおおよその位置、流れの強さ、水色、気温、水温などの環境パラメータに、仕掛け、ハリ、エサなどのタックル。等を記録

2.投入時刻

投入した時間とヒット、またはエサ換えを行った時間。

3.総合的な釣行メモ

これらが、私の記録の基本である。

とくに投入時刻の記録は参考になる。投入後何分くらいで喰ってくるか、季節ごと、水温ごとなど、釣行の度に本当に参考になる。


■ 何より、自分の記録を読むのが面白く楽しいのだ。

アタリが無くて暇な時間、私は過去の自分の釣行記を改めて読み返す事にしている。

釣れたときより、釣れなかった時、どの位の時間でエサを打ち換えて、何を考え、どう動いたか・・・悔しい思いをしたか・・・釣りの最中に自分で自分にガソリンをいれているよいうなものだ。燃えてくる。(笑)

これが、溜まってくると「意外に自分の釣りが偏っている」と言う事が、客観的に見えてきたりするから面白いのだ。

他人の釣りは客観的に冷静に評価出来ても、自分の釣りは意外に客観的になれないものだ。つい、熱くなってしまうからかもしれない。

その点、自分の「記録」をあとで振り返ると、自分の行動でありながら、結構客観的に冷静に振り返れたりする。

自分の下手さ加減に打ちのめされることもあるのだが・・・

なかなか、アタリの遠いひととき、みなさんも、ちょっと記録されては如何だろうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/511

コメント(3)

自己レスです。

忙しい中でも、「投入時刻」メモだけでもつけておくと、自分のパターンと、釣れる(釣れない)パターンが傾向となって出てきて良いですよ!

是非、お試し下さい。

よしかわさん こんにちは!

 自分も鯉釣りのメモはつけてるんですけど、釣りの
 思い出だけで、なかなか釣りにいかせて無い感じです。
 今はブログがメモ代わりかな?

エヴァです。
6冊にもなるんですか、継続は力なりですね。
確かに不調時の脱出の鍵となるかもね。
私も見習わなれければ。。。
投入時の時刻、ヒットした時刻、打ち返しの時刻だけでもメモしようかな。
面倒くさがりな私が、いつまで続くかわかりませんが。。。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年10月25日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先週に続き、再び豪雨の中3時間で4尾の釣果はまずまずか・・・千歳川5条通り樋門」です。

次のブログ記事は「【再UP】出た!98cm!(私の釣果ではないのだが・・・)って、コレ1mあるんじゃ? 豊平川」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02