先週に続き、再び豪雨の中3時間で4尾の釣果はまずまずか・・・千歳川5条通り樋門

■2011年10月16日の釣行記

千歳川

またしても・・・雨?

天気予報は「弱雨のち曇り」降水量1mm・・・・

昨晩、エサや仕掛けなどの準備にやや手間取って就寝したのが4時過ぎ・・・、Yahooの天気予報では「曇りのち、午後から弱雨」予想降水量1mm、との事。

おし!、雨量1mmならたいしたことは無いな・・と、釣行決行を決定して眠りに就いた。

1時間ほど寝坊して、起きたのは7:30。あわててクルマを出す。

気温はすでに16℃。これから上がってくるだろう。空は曇天、まだ降りそうな気配は無い、風は南で暖かい。これから気温もあがってくるだろう、よし、今日はイケそうだ・・・

7:50
釣り場着

おお、今日は先客ありだ!知っている方だと嬉しいな・・・などと思いながら築堤を降りる。

竿が2本出されており、それをにらみつけている釣り人。

挨拶を交わして、ふとエサを見ると・・・サンマとイカ・・・

あらら、これはサケの密漁・・・

以前、全く同じシチュエーションで、それ(密漁)を指摘したところ、相手が逆上しつかみ合いの大げんかになった嫌な思い出がある。(その後、この場所で釣りをする気が起きず、4年も、ここへ来られなかった・・・)

なので、今日は穏便に(?)見過ごすつもりで談笑。

しかし、相手もそれ(密漁)を意識していたのだろう、私の姿を見るとそそくさと帰り支度を始めた。

お互い、かなり「気まずい」時間ではあった。(笑

8:50
予定外の「先客」との入れ替わりに、思いもよらず時間がかかってしまい、この時間になってようやく準備完了である。
今日の自分のテーマは、

「エサの香りを大人しく、そして、自分も極力おとなしく、静かに釣り大型を狙う!」

と、決めていたのだが、先客があっては早くも挫折気味ではある。

  自作配合鯉エサ 今日のコマセは昨晩作成した新バージョン。麦の香りを抑え、ウグイや小ゴイを抑え、穏やかに大ゴイを寄せる。

と、うまく行けば良いのだが。(笑

仕掛けはいつも通り袋仕掛け1本バリ。

ハリスはミクロン20lb 茶/緑染め。

ハリはフカセ13号

喰わせは3時間ゆでた角イモ。


8:54
ポイント右手2番竿、第一投。20mほど投げる。カケアガリの先5~10mになるのだが、何故かカケアガリ直接ではなく、その先のほうが最近は数も、方も伸びる。

続いて左手に1番竿も第一投。同じようにカケアガリの先10mほどに投入。(9:04)

と、エサを投入した前後から、パラパラと小雨が来た・・・・

おいおい、弱雨が来るのは午後からだったんじゃないかい?気象庁とYahoo天気予報にブツブツ文句を言いたくなった。しかし、先週の雷雨/豪雨の中での釣りを経験してしまっている。私も少し逞しくなり(?)、少々の雨は全く気にならなくなった。

手早く、カッパを着込み雨支度をする。

雨は弱くなるどころか、どんどん酷くなってきた。今日は前回ほどの雨用の重装備はしていない。前回は予報でも結構降ると言うことで装備をしてきていたのだが、弱雨ということで少々ナメてしまっていた・・・(予報を過信してはいけないと言う事か・・・笑)

しかし、傘をさしての釣りは何度行っても、あずましくない(どうにも落ち着かない)ものだ。

傘をさして1番竿を見る

傘をさしながら1番竿の穂先を見つめる・・・・足下は早くも泥の海と化してしまった・・・・

傘をさして2番竿を見る

こちらは2番竿。足下は先週よりさらに雑草が整理されているのがわかる。サケ釣りの連中の仕事だろう。

弱雨どころか、豪雨の先週よりひどくなって来た。

たまらず、一旦橋の下へ雨宿り。

いきなりのアタリラッシュに嬉しい悲鳴・・・

9:33
雨宿りして煙草を一服つけたのだが、どうにも「胸騒ぎ・・・」がして、すぐに釣り座に戻る。何か予感がした・・・

案の定2番竿が左に大きくお辞儀をして、スプールのイトのストックが半分もない!

やっぱり!

あわててハンドルを回すも、重い!尋常ではない重さ。

その理由はすぐにわかった。今回もへら彦師匠にアドバイスもらった「落としオモリ」を使っていたのだが、その落としオモリに巨大な草ゴミが絡みついていたのだ。半端な大きさではない・・・これではラインを出すのも無理ない。

ラインをたぐり、巨大な草ゴミをほどく。思ったより時間がかかったが、ミチイトは絡まずにすんだ。

ほっとして仕掛けを回収しようとすると、まだ半端無く重い・・・

これはオモリにも草ゴミか・・・と、ゆっくり引っ張ってくると、かすかに首を振る動きが伝わってきた!

付いてる!

しかし、重い、尋常ではない重さだ。これは多分ゴミと鯉の両方なんだろうなぁ・・・と、水の中に入るのが面倒だったので、岸から、サッと取り込もうとする。

水面を割った鯉の顔をみてビックリ!デカイ・デカイ・・・これはデカイ!

先日釣り上げた82とは比べものにならないサイズだ!これはデカイ!

相手がデカイとわかると、一気に緊張してしまった・・・(笑

多分、重い草ゴミを引っ張って走ったので、相手も相当疲れてしまったのだろう、抵抗はそれほどでも無く、すんなりタモに収まってくれた。

あれれ???

アタマのデカさや体高は、先日の82より遙かにデカイのだが、全長はやや寸詰まりで78しか無かった。しかし、丸太のように太く、とにかく重かった。先日の82もかなり重くて撮影に苦労したのだが、コイツも本当に重かった。一人で、岸に上げるのが一苦労・・・投入後30分で喰って来た。

本日一尾目の鯉は78cmのビッグワン!

スリムな80台より、余程デカく見えて重い78cm!

雨が相当強くなってきて、全身がズブぬれになる。しかし、70オーバー、それも80に近い良型があがると一気に気分が盛り上がってくる。

やっぱり、大物向けにエサをリニューアルした効果だろうか?

しかし、雨の中の作業で、私は致命的なミスをやってしまった・・・手早く撮影、リリースして上げようと思いあせってしまっていた。ハリを外して上げるのを忘れてリリースしてしまったのだ・・・・私はいつも、鯉が暴れてハリが深く刺さりすぎないように、タモから出すと、まず、オモリや袋仕掛けのスナップをはずし、ハリス(ハリ)だけを口に残して、その後ハリを外してあげるようにしている。そうすると、仮に鯉が暴れたとしても、オモリやミチイトのテンションがかからないから、深く刺ささりすぎてしまわない・・・

しかし、今日はそれが裏目にでてしまった。

ケータイをぬらさないように、かつ、足下が滑るので非常にやりにくいなか、早くリリースしてあげようと焦ってしまった。

すまん・・・何とか生き延びて下さい。m(_ _)m

10:03
2番竿を投入。この投入で、家で作成したコマセは使い切ってしまった。しかし、この雨の中で、コマセを作るのは大変である。

田んぼと化した釣り座付近

もう足下は、ほとんど「田んぼ」の状態。

少し、雨足が弱まるのを待たないと次のコマセが作成中にぐしゃぐしゃになってしまう・・・・

10:26
傘の下で、コマセを作る準備をグズグズしながら行っていると、1番竿のドラグが鳴く!

先週もそうだったのだけれども、やはり雨の中では酸素量の増加と、鯉の警戒心の緩みで、喰って来やすくなるのだろう。

今度の手応えは軽い・・・って、先ほどのバケモノのように重いサイズをあげてしまったせいもあるのかもしれないが・・・

ヤリトリの最中に、先ほど入れたばかりの2番竿のドラグも鳴り始めた!連続ヒットだ!!!

急いでいたので、水の中に入らず、岸から取り込めたのは57cmの中型?小型?

本日2尾目の鯉57cm

うわぁ・・・小さいなぁ・・・とおもったら60チョイ欠けのサイズだった。

コイツを検寸、撮影、リリース・・・と、手早く片付け2番竿に向かう。

今度はさらに手応えが軽く、スルスルスル・・・と寄って来てくれた。

本日3尾めの鯉57cm  

先ほどと全く同じ57cmの微妙なサイズ。でも、ぴかぴかに光る美しい魚体の一尾だった。

時合いが来ていると感じ。雨の中、コマセ作りを強行。(笑

雨足がようやく、幾分弱まってきた。まあ、これほど酷い雨はそう長くは続かないだろう。


10:58
やっとコマセが出来上がり、1番、2番とも打ち換え。

しかし、この1時間は本当に忙しかった。1時間と20分で78cmを含む3本の釣果に恵まれた。雨の中で、やや落ち着かなくはあったが、楽しい時間でもあった。

11:10

気が付くと、雨が止み、青空まで顔をのぞかせている。

千歳川は晴れると美しい

何なんだろうなぁ・・・今日の天気は・・・・

しかし、雨が上がると、今度はボートの襲来である!

この川はいつもは一艘のプレジャーボートが行き来する。(水上スキーの業者さんのようで、操縦者はいつも同じ方なのだが、乗る方が違う。)

しかし、今日はゴムボートが何度も往復し、別のゴムポートも現れ、いつものプレジャーボート、そして別のプレジャーボート、しまいには、川漁師のボートまで登場・・・・

プレジャーボート1
いつものプレジャーボート
プレジャーボート2
別のプレジャーボート


静かな釣りをしたかったのだが、こうも頻繁にボートが訪れてしまっては釣りにならない・・・

11:36
1番竿のドラグが静かに鳴り始めた!手応えは一番軽く、上がってきたのは・・・・

本日4尾目の鯉50cmジャスト 

50cmジャスト・・・一気にサイズダウン。

やはり今日はもうダメかもしれない、これだけ川が慌ただしくなっては・・・・

川そうじ?

その後昼過ぎまでやってみたが、このようにゴミがドラグを鳴らすようになってしまったので、諦めて撤退。

今日も楽しい釣りをさせてもらった川に一礼して撤収。

雨の中での短時間釣行は・・・

今日は結局実質3時間ちょっとの短時間釣行となってしまったが、中身は非常に充実した良い釣りが出来た。

コマセに関しては、大型も来たが、相変わらず小型も来てしまったので効果の程はどうだろうか?不明である。

もう一度条件の良い時に静かに試してみたい。

まだ、土砂降りなどで条件が厳しくなると手際が悪いと感じられる。コマセはふた付きのバッカンに入れておかないとすぐにズブぬれになってしまう。私のコマセは特に湿気をきらうので、次回までに容易が必要である。

水温計も買わないと・・・

いずれにしても、雪がちらつくまであと2回?3回だろうか・・・?

それまでに、このポイントでもう少し試してみたいことがあるのだが間に合うだろうか?

今シーズンの締めくくりに向けて良い釣りがしたいものだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/504

コメント(11)

 よしかわさん こんにちは!

 毎回、確実な釣果ですね!
 サケの密漁は北海道らしい話です。
 北海道はもう終盤の釣りのようですが
 頑張って大物釣ってください。

よっしーさん こんにちは♪ 永い冬に備えて沢山食べているのでしょうね。こんどは、体重も測りたいですね。

よしかわ様、
エヴァです。雨降りってやっぱり釣れますよね。
ニューバージョンのコマセでの釣果流石ですね。
私も10/1(土)雨の中、65cmと72cmをあげました。
久々だったので嬉しかったです。

3連休の出張の代休で今日は2週間ぶりに前回と同じポイントに釣行です。
今回は前回のハトの餌に加えて麻の実をダンゴにプラスしてみました。
食わせはオーソドックスにハトの餌に含まれているコーンです。

餌替え後、少ししてから竿先がゆっくりとお辞儀です。
このさわりは間違いなくなく鯉だ。
警戒しているのか直ぐにヒットはせず数分後に見事ヒット。
あまり走らなかったがやけに重い、やがて顔をだした鯉はデカイ、デカイこれはひょっとすると。。。
慎重にやり取りしてネットインです。
なんと初めての90オーバは、98cmのスマートな巨鯉でした。
尾びれを伸ばすと1メートルジャスト、なんと今日は嬉しい日なのだろう。
今年の不調が一気にふきとんでしまいました。
30分後に2番竿にも70cmがヒット。
このポイントは家からチャリで15分、車ではこれませんが、ホームグラウンドに決定です。

10月に入ってからボウズなし。
ポイントが良いのか、餌が良いのか、偶然なのか、秋の乗っ込みなのか?
何れにせよダンゴに加える餌としてはハトの餌+麻の実で暫くの間やってみようと思います。
あまりの嬉しさに誰かに報告したくコメントしてしまいました。

10/1に雨上がり後、石狩川のポイント偵察に行ってきました。
なんと排水口から湯気がたっているではありませんか。
これは期待出来そう。。。
川に向かって排水口の直ぐ左で2本位なら竿が出せそうですね。
10m位左の少し開けた空間は、釣り禁止なのでしょうか?

よしかわさん、こんにちは。
そう言うことでしたか。
サケねらいの密漁はてっきりルアーやフライのスタイルでしているものとばかり思っていて、コイを釣っているのと同じような形でしているとは思いませんでした。
どうりで最近になってから、どうも釣り場に先客のあることが多いのかも理解できました。
私の行く場所の水温も13.4℃となり、4時間ほど竿を出しましたが、うんともすんとも言いませんでした。
よしかわさんは餌の工夫などをされているようですが、初心者の私にはもう手に負えないと思い、週末に鯉釣りの道具を片付けました。
あとは一度お会いできればと思っています。
試行錯誤のこの一年(と言うより一人で勘違いばかりしてきた)の結果を見てもらい、できれば優しく教えていただければうれしいです。
それでは、また。

koituriman様

いつもコメントありがとうございます!

サケの密漁・・・確かに北海道ならではでしょうね!
私は川で釣り上げられるのを何度も目撃していますが、
なんとも言えない気分になりますねぇ。
鯉釣りは、こちらはすでに終盤戦ですね。ただ、水温が下がって、
一発大物のチャンスもあり、がんばり所でもあります!

へら彦師匠

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりなんです。80cmと、80cm・8キロとでは、
文字から伝わるイメージが全然違いますよね。
この「重たい78cm」を上げて、「計量」したくなりました。
でも、どうやって計量したら良いんですかね?鯉を傷つけずに・・
ちなみに師匠はどうされておられますか?「計量」?

エヴァ様

コメントありがとうございます。

おおお!!!!
凄いじゃないですか!98!?おめでとうございます。
写真撮りました?北海道での98は内地の108に匹敵すると思います。いや、素晴らしいですよ!凄い!ひょっとして、月○・豊○合流点?(伏せてもこっちの人はわかっちゃうか・・・笑)麻の実ですね、私も早速試してみましょう。
メールで写真頂けますか??王子製紙排水樋門は、おっしゃるとおり左の空間はダメです。川漁師さんに思い切り叱られます。参考まで(→)http://www.yo4.jp/koi/2010/10/post-11.html

よっしーさん おはようございます。♪ 
 計量は、アンフッキングマッドの四隅を紐でしばって、秤に引っ掛けます。ビニールシートならばね、四隅に鳩目金具を打つ付けて紐を通せるようにすると良いんじゃないですか(=_=)。

よしかわ様
了解しました。メアド教えて貰えますか。
携帯での写真なので余り良く撮れていませんが。
ちなみに月寒川との合流点ではありません。
鯉釣りを始めた10数年前は良く行っていたのですが。。。
ここも昔、真冬に知り合いがメータオーバをあげたと聞いています。
写真見てないですけどね。
私が釣ったポイントは雁来排水機場の下流です。
やはり左の空間はNGですか、確認してといて良かったです。
漁師さんに怒られては、楽しい鯉釣りが台無しなってしまいますからね。

The Old Man様

コメントありがとうございます。
そして、亀レスごめんなさい。

鮭釣りの人たち・・・(私は彼らを「師」とは呼びたくないのです)は、
おしなべてマナーが悪いんです。

吸殻などのゴミはちらかすわ、釣り場で騒ぐわ、焚き火はするわ・・・で。


まあ、もともとが非合法の釣り・・・というか犯罪ですからねぇ。


おっと、もう納竿ですか?ちょっと早い?(笑

私は11月1週まではここにいます。
その後、王子製紙排水に逃げようかなと思っています。
一度ゆっくりお会いしたいですね。

エヴァさま

カメレスごめんなさい。

kimamaniyo4@gmail.comに写真付きでメール下さい。

できれば、そのときの模様も、もう少し詳しく報告して頂けると
ありがたいです。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年10月16日 23:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「季節も変わり、より大物を求めてコマセをリニューアル」です。

次のブログ記事は「鯉釣りノート記帳のススメ・・・釣行メモは役に立つ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02