3時間半の「チョイ釣り」で4本の型が揃う! 千歳川5条通り樋門

■2011年9月25日(日)の釣行記

天気:晴れ 風:南/南東(微風) 外気温21℃(11:30) 水温?
水色:泥濁り 流れ:正流(強)

chitosegawa20110925

■早起きして釣りに来た!

昨日は家人を伴って、札幌ドームへファイターズの野球観戦。そして、今日は息子を伴って札幌ドームへ。

チケットが取れてしまったので、やむを得ない二日連続の野球観戦なのだが、釣りが出来ないのは非常に痛い。何せ、今日9月25日は、昨年(9月20日)も、一昨年(9月27日)も「大釣り」が出来ている「特別な日」なのだ。

11:00に釣り場を上がれば、野球に間に合う・・・と言うことで、早起きしての釣行。

本当は4時には釣り場に着く予定だったのだが、前日2時まで起きてしまっていたこともあり、目覚めたのが6時10分!(笑

 

■いかにも釣れそうな、そんな予感の雰囲気が・・・

6:42釣り場着

天気は爽やかな秋晴れ。やや肌寒いが水色も笹濁りと泥濁りの間くらいでまずまず。川面はゆったりとしていて(流れはとっても速そうだが・・)何より、中ゴイ、小ゴイのハネがあちこちで見られ、非常に活性が高い。

いかにも釣れそうな予感がするのである。

釣り場は先週の雨がたたり、昨日まで再び水没していた事もあり、またしても泥の海。
(釣行後の家人の悲鳴は聞こえないことにする・笑)

さて、大急ぎで竿を伸ばす。コマセは昨晩中に二投目分までは作ってあるのだ。

今日のコマセ(さつまいもベースとジャガイモベース)

(2番竿は、今日も小ジャガイモの丸付けを試す。勿論コマセはジャガイモベース)

ベースエサ 煎り麦1:煎り糠1 パン粉3カップ 米粉1カップに麦茶を何パックか
ベース3:サツマイモ1・・・喰わせ サツマイモ角切り
ベース1:じゃがいも1・・・喰わせ 小ジャガ丸付け(またはじゃがいも角切り)

7:05
2番竿投入

7:07
1番竿投入

足場は今日も泥の海

足下はドロドロ・・・

やや肌寒いので、「必殺睡眠釣法」は今日は無理かなぁ・・・などと思っていたのだが、やっぱりいつの間にかウトウト・・・

7:37
けたたたましいドラグの音で叩き起こされる!目の前に1番竿が置いてあるので、きょうは「どの竿が当たっているか、わからず右往左往」しなくて済んだ。(笑

軽く竿をたてて合わせる。ズシッとした重量感があり、じりじりと底を這うような手応え。中型以上!を確信してすぐさま水にはいる。

水温計を無くしてしまって、水温が測れていないのだが、ウェーダー越しに感じる水温はかなり冷たい。

前回の釣行は大物80オーバーで終わっているので、その感触が少々残っている。なので、今掛けている獲物が軽く感じてしまう。しかし、30や40のサイズの手応えではない。

60台から70台と見当をつける。よく走ってくれて70mから100m近くは走ったのでは無かろうか?走ればイトを出し、止まれば巻くを繰り返し、じっくり寄せる。

静かな水面を割って鯉が顔をのぞかせる

水面を割って鯉が顔を見せる瞬間は、何度釣ってもいいものだ。

ネットインしたのは64cmのまずまずの型。野生系の面影のある、スタイルの良い一尾。まずまず?いや、上出来のサイズだろう、この型が上がってくれれば言う事無し!

スタイルの良いカッコイイ魚体!

今日は時間もない、チョイ釣りなので、「もう止めても良いかな?」と思える位満足感のある一尾だ。

7:55
2番竿もドラグが鳴る!しかし、どうもおかしい・・・重いのだが、サカナの気配が全く無いと思ったら、大きな草ゴミ!底はゴミが強烈に流れているのだろうか・・・?

時間が無いので、ジャガイモの丸付けのテストは中止して、小さめのジャガイモ角切りに直して打ち返し。

8:13
おしっこがしたくなって、釣り座を離れる。(ウエーダーを履き込んでいるので、小用も大変なのだ・・・笑)もどってイスに座った瞬間、やわらかくはじけるように目の前の1番竿がアタる!二度、三度とやわらかくアタッた後、ドラグを鳴かせる!

今度のヤツは一気に右(上流)側へ走り、岸よりに逃げる。まずい・・・今日は足元が泥海なので、サボって落としオモリを使っていなかったのだ・・・案の定右側の2番竿が何度かお辞儀をする。

自分のミチイトで自己オマツリ・・・してしまうか・・・?

クラッチを入れ、テンションを維持しながら竿先を上流岸辺に向ける。こうすると、サカナはこのテンションを嫌い、逆側にむいてくれるはず・・・よし、うまくいった!

岸から離し、自己オマツリを何とかかわせば、あとは沖に出して疲れさせじっくり取り込めば良い。

さほどの抵抗もなく、すんなりタモにおさまったのは(シートに上げてからが大暴れだったが・・・)62cmのおデブ!

お腹がパンパンにふくれたデブ鯉

1時間も立たないうちに2尾の釣果を得て、やはり今日は「釣れそうな予感」は当たったな・・・とニンマリしながら、ハリをはずしてやろうとすると、2番竿のドラグが鳴る。

さっきの2番竿のお辞儀は自己オマツリではなく、前アタリだったんだ・・・

この2番竿は、先ほどのゴミ釣りでクラッチのドラグをややキツ目にしている。そのキツ目のドラグをいとも簡単に引き出すのは、これは小物ではない。

(↑)のおデブの計測、撮影、リリースを大慌てですませ、2番竿を手にする。

今度は重量感は余り無いのだが、右に左に走り回る。カケアガリを越えて浅場に寄せようとすると猛烈に抵抗し潜り込む。

浅場をこれだけ嫌うのはそれなりの型モノなのかな・・・とも思い慎重に対処。

タモに収まってくれたのはジャスト60cmのスマートな野生系。銀白色でスラリとした体型がとても美しい。

スラリとした野ゴイ系

体高が無いため、写真では小さく見えるが60台の中型である。

釣り開始後、わずか1時間で3本の型が揃う。しかもすべて60台だ。

実は、このポイントでは「60台ラッシュ」が珍しくない。昨年も、一昨年も9月の25日前後はそうだった・・・

なんとも忙しくも楽しい時間を過ごす。竿を2本ともあげてしまったので、打ち返しだ。

8:34
大急ぎでコマセを作り、タモを洗い、シートがわりのライブバックも洗う。
2本の竿を打ち返し、コマセのストック作成にとりかかる・・・ん~、何とも忙しい。煙草1本吸うヒマが無かった。

9:11
全ての作業を終えて、一服つけようとしたら再び1番竿のドラグが鳴く!投入後30分も経っていない・・・・

今度もタップリとした重量感と力強いヒキで中型以上を確信。

「今日は午前中で終えるのは、本当にもったいないなぁ・・1日通してやったら何本釣れるだろう・・」

と、サカナとヤリトリしながらボンヤリとそんなことを考えていた程、余裕をもったヤリトリだった。

相手は、40台や50台のヒキではない。左岸のブッシュ帯へ一目散に駆け込もうとする。そこを目指すのは、ずる賢いヤツがおおいのは経験済みだ。

左岸へ一直線に走ったかと思うと、くるりと反転し、テンションをゆるめ瞬間的に首を振る。そうしてスッポ抜けを誘うのだ。

しっかり竿をタメ、テンションをキープしながら、岸と反対側へ穂先を向ける。

こうすると、このテンションを嫌い、サカナは逆に向きを変えて・・・くれない!さらに、左岸のブッシュへ走る!

今度は竿先を寝かせ、ゆっくり引きずるようにやや強引に引っ張る。ズルッとサカナが動く気配がある。もう一度強引に引っ張り、瞬間的にテンションを維持しながらアオリ気味に穂先を岸と反対側へ向ける。

よし!今度は沖目にアタマを向けてくれた。

沖目には掛かりはない。あとは疲れるのを待って浮かせるだけだ。

じっくり疲れさせて取り込んだのは、64cmのまずまずの一尾。

これも60台だが、結構手こずった

相手が超大物でなければ、相手の行動を予測しながら落ち着いてヤリトリを楽しむ余裕が出来てきたのかな・・・?などと思いながらハリを外そうとすると、右側にオモリでこすった大きな傷!ケガさせてしまった・・・ああ、すまん!m(_ _)m

しかも、ハリは、さわるとすぐに外れてしまうほど浅いかかりだった。

あと一度首を振られていたら、間違いなくバラシていただろうと思われる。しかも、はずしたハリは大きく伸びていた。(なので、すっぽり外れたものt思われる)

落ち着いてヤリトリ・・・どころではない、鯉にケガを負わせて、ハリを伸ばすほど強引なアクションだったのだ。

思い上がってはいけない。もう少し丁寧に、上手にヤリトリが出来ないとダメだ。ヘタクソである・・・・

ちょっとこの一尾には考えさせられた。反省である。

9:25
1番打ち返し

9:56
30分もしないうちに、打ち返したばかりの一番竿のドラグが鳴く。しかし、これはスッポ抜け。どうやら食いが浅かったようだ。
帰ってきた仕掛けには、大きな草の塊・・・

底荒れ?

川底は、荒れてきている・・・それも段々ひどくなっている気がする・・・底が荒れているので、魚の「喰い」も落ち着いておられず、結果として浅くなってしまう事も考えられる・・・・

10:05
この釣行メモをつけていると、ノートの上にトンボが止まった・・・・

ノートにトンボが・・

トンボも産卵後?それとも雨に打たれたか、とても疲れているようで、容易に飛び立たない。

気の毒になり、そっとノートを置いた。

って、持ち時間はあと1時間も無いんだがなぁ・・・(笑

その後は、竿先が小刻みに揺れることが激しくなり、上げるたびにゴミを釣ってしまう。キリの無い川底清掃に10:40で納竿とした。

慌てて後じまい、釣り場に一礼して今日の釣りを終えた。


時間的には物足りなかったが・・・

短い時間、やや物足りない感じはしたが、3時間とちょっとで4本。それも全てが60オーバーと来れば文句は無い。

ただ、いくつか自分の技にまだまだの点が多いことも気付かされたので、課題は残った。

水温が下がってきてくれているので、これからが段々型が良くなるのかもしれない。水温計の買い直しが必要だ。(笑

雪がちらつくまでに、あと何度、こうして満足できる釣行ができるだろうか・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/481

コメント(13)

よっしー様
 お疲れ様です。鯉釣りはのんきな釣り!と誤解されがちですが、以外ややること考えることが多いものです。こちらでは、秋の入喰いがあまり見られないように感じます。やはり場荒れが良くないのかもしれないですね。よく肥えた鯉が大漁とは羨ましく嫉妬心しら感じてしまいました。(@_@;)体調に気を付けてがんばってください。

よしかわさん こんにちは!

 3時間半で60cmオーバー4匹はいいですね!羨ましい。。
 もう北海道は秋のシーズンなんですかね?
 東京も急に涼しくなったので水温が安定したらそろそろ
 食いそうと期待してます。
 

へら彦師匠
早々のコメントありがとうございます。

そうですよね!鯉釣りって、意外に「楽な釣り」って思われがちですよね。
まあ、バーベキューやりながらとかでも出来てしまいますが。(笑

例えばエサ
配合エサ、生きエサ、ボイリー類、パン、食品(おにぎり、ちくわ、ソーセージ)類
大まかなカテゴリだけでもこんなにあります。こんなに多様なエサがあるのは鯉釣りだけじゃないかと思うんですよ、私は。

エサひとつとっても、こんなに「迷いの要素」が多くて大変です。

当地は「競合鯉釣り師」ほとんどいません。
私のホームの千歳川5条通り樋門・・・他の釣り人に合うことはシーズン通してもほとんど無いんです。
もう、独占状態です。

そんな釣り場がいくつもあります。
釣期が短く、魚体も小ぶりですが、それを差し引いても北海道は鯉釣り天国!と、言っても良いのではと考えます。

koituriman様

コメントありがとうございます。

9月第4週は特別なんですわ。
良く釣れます。

当地はすでに秋の釣り期全開という趣ですね。
雪がちらつくまでに、こちらも全開といきたい処です。

東京も水温が早く安定するといいですね。それでなくても難しい釣り場ばかりですからねぇ。

先週の3連休のうち1日と半日自宅から最も近い多摩川でやってきました。
台風が直撃した2日後で増水とにごりで釣りになるのかも判らない状況下むちゃくちゃな作戦を立てて
それを実行したら、、、意外にもたくさん釣れてしまいました。
そのメモをまとめてありまして、よしかわさんにもお伝えしたいのですが
多くの人からすれば単なる「イヤミな自慢話」でしかないかなァとも思い
こちらに投稿するのはどうしたものかと。 
もしよしかわさんに興味があって、メルアドでもいただければ写真付きで送らせていただきます。

なお来月の後半から3週間ほど札幌へ仕事に行きます。
土日には安田君達と茨戸か雁里、はたまた石狩川のどこかに出没するかと思います。
もしご都合がよろしければご一緒にいかがですか?
私のことは巨鯉の日記や掲示板等でご存知のことと思いますが、
もうひとつ4年前から放置されている鯉マニの「こいしん」に
初めて北海道で鯉釣をした時の写真が残っています。

高橋さんコメントありがとうございます。

多摩川で良い釣りをされたご様子ですね。

コメントはどんなものでもありがたく、大歓迎ですので遠慮無く
書き込んで下さい。
(ただ、残念ながら写真が添付出来ないですよね)

来月後半お見えになるのですね。

スケジュールが合えば、安田さんらとも是非、ご一緒させて頂きたいものです。
皆さんの釣りは楽しそうですからね!(笑

僕は先週23日と24日の1日半(実釣16時間)で鯉の合計33本でした
40台が4本 50台が17本 60台が11本 70台が1本 だったかな?
その顛末にもしかしたら興味を持ってくれるカモ?と思い
後半で作戦組み立てと釣りながらの修正について説明します
よしかわさんほどの名人にそんな説明を押し売りするまでもなく
条件さえ合えばもっと大きいのばかり1日に20本なんて、空気を吸うより
カンタンなこと とは思いますが恥を忍んで投稿します
とか言ってこんな文章を投稿したらカミソリどころか手製爆弾でも
送りつけられてしまいそう?かな

23日の朝、巨鯉の掲示板で知り合ったK君から多摩川の下流域の
とある水門で釣りしているというメールが来た
本流とその水門の間には台風による増水と流れを避けてたくさんの鯉が
集まっていたそうです が残念ながらボーズで終わったようです
その読みは良かったと思います、ただ濁流で落ち着けない鯉に
食わせるのが難しかったのかなぁと

僕は台風後でどうせ釣りにならないだろうと自宅で寝ていましたが
彼のメールに刺激され川の様子見に
すると水量はあるものの前回の台風に比べ流れがマシという印象
それならやってみるかと簡易釣セットを持って午後1時半から開始

今までも何回か十数匹釣れたことはありますが、小物ばかりだと僕は半日位で
飽きてしまい中断するのでまともに1日したことないんですよね
多くの鯉師の方々と同様に本心は“70台100本よりも80台を1本”
その“80台を100本よりも1本の90以上”そしてさらに大物ミサイル!を
狙っています 話はそれますがおデブのメーターよりも以前話したミサイル90cm
の方がずっとずっと大変ではるかにスゴい引きが楽しめ強烈な思い出となります
でも今回は数釣りでデータ取りと割り切って飽きても続けると決意!しました

24日の午後には23日惨敗だったというK君も釣に参加し、夕方には
7月に鯉カレーを作ってくれたインドレストランのご主人夫妻の訪問があり
飽きることはありませんでした
僕の地元、中野島はレギュラーが50台前半と北海道よりも小さいので
連続でも手返し、体力ともどうってことはないんです でも
いつかの多摩川下流域や荒川のときみたいに潮回りが良くて80,90台が
15分から20分ぐらいで10本も続いたら(信じてくれない?)
やり取りしてあげて、計測と写真、打ち返して、また次が1本当たり20分以下では
さすがにテンテコしちゃいますよね 過去に2,3回そんなことが
前置きが長くなりまして さて本題です

この日多摩川の自宅から最寄ポイントで釣るために予想した条件は
1.台風後で一時2mも増水し川が落ち着かずどのポイントも食いは悪い
しかし当然鯉達は腹を減らしているハズ
2.ここの堰は普段から釣り人が多く鯉は思い切りスレている
3.流れ出しの水門寄りに50台が元々100匹近くいる
4.強い流れを避けて本流からも避難鯉がいるハズ
5.地元とよそ者がそれぞれのスクールを作って
合計200から300匹になっているかも!

前回の台風12号の後には堰の上でやっているので今回は堰の下はどうか?
この条件に対応して立てた作戦は
1.鯉がよく通るルートから僕のセオリー通りで決めたポイントに誘導するべく
ポイントごとにコマセダンゴを2つ3つ投げる
2. 小物ばかりとはいえ場荒れさせると戻るのに30分以上はかかるので
ポイントを少し離して3,4箇所作る
場荒れと速い流れによる道糸のカラミ防止でひとつのポイントに竿を1本だけ
3.いつも(と言っても2ヶ月半ぶり)のように多めのエサで寄せて
誰かが食えば集団心理でみんなが食いまくるような興奮状態にさせる
4.時期的には動物性のエサが好まれるだろう
 市販の吸い込みエサにいつもは数種類のクワセを使うが今回は2種のみ
5. 竿は3本で始めて釣れ出したら手に負えないので減らす
場荒れしたら数mから20m離して用意してある次のポイントに移動する

以上の作戦を立てて実行!
開始1時間後からテンポよく釣れ出すが吸い込みダンゴをいくつも
作り置きしていなくてすぐに無くなりエサ作りでチョコチョコ中断してしまった
こういう事態は想定できたのにドジだね
こんなおマヌケしてなければひょっとして1日30本もイケたかも? 
オールボイリーならどうか? イカン!また変なテーマを作ってしまう

季節や地域、ポイントによって流れの有無、強弱、水深、水温、外道の多い少ない
何よりも鯉の多い少ない、サイズ 釣り人の多い少ない 他の人が使っているエサ
などなどいろんな条件があるのでコレを良―く考えて作戦を立てます
それが狙った通りにうまくいくと最高に楽しいですよ ねぇ よっしーさん!!
僕もこの数年はこんなに作戦を考えたりなんてせずに慣れに任せて
“ののほん”とやっているときが多いですし、ましてや狙った通りに作戦成功なんて
年に一回あるかどうかです で今度はナニをやってみようか?

 以上バカバカしくて聞いてられないような戯言を長々失礼しました
 ではまた

高橋さん

コメントありがとうございます。

わはは、エントリーに転載してしまいました。

私宛のメールは(→)「kimamaniyo4@gmail.com」へお願いします。


すばらしい!実にすばらしい!

おお、中井さん、お待ちしておりました!(笑

最近、スランプですか?ちょっと心配してましたよ。

何をやっても、うまく行かなく感じるときは、思い切って釣りをしましょう!(爆

仕事でも全然違うアプローチをしたり、
釣りでも、何かを変えてみたり、

ちょっとした気分転換してみては如何ですか?

釣果報告、楽しみに待ってますよ!

最近実はウズウズしてきてるんですよ。でも、関東は去年の8月以降みんな苦戦してます。北浦では数が出ている人もいますが、サイズが全然伸びないですね。

中井さん

了解です!

良い報告楽しみに待ちます。(笑

そうらしいですね、北浦、型が伸びないみたいですね。
やせた鯉が多くなってしまったとか・・・
アメリカナマズに餌を取られてしまうんでしょうか?


もうみんなでアメナマを徹底して釣って、肥料にするしかないのかも・・・

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年9月26日 01:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またしても小鯉のオンパレードに自信喪失も、最後の最後で・・・・千歳川5条通り樋門」です。

次のブログ記事は「9月第4週は「秋の荒食い」の始まり? 千歳川5条通り樋門ポイントを知る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02