実はこれも「至福の時間」の鯉エサ作り・・・自家製「マル秘」エサを作る!

・秘伝の鯉エサ!

先週の釣行前日はやる心を抑えながらも、シコシコとエサ作り。

特製角イモ

鯉釣りのクワセ餌はイモに始まりイモに終わる?

コマセの作り方は昨年書いたとおり。

手前味噌だが、このエサは本当に気に入っている。まず、香りが良い!

前日炒りたての麦の香りと、炒りヌカの香りが何とも香ばしく釣りの気分を盛り上げる。実際に投入しても、集魚材の一切入らない大人しい香りに、ジャミのウグイもそれほど寄らず,じっくりと大型が待てる。何より、自分のエサに自信がもてるので、待ちに余裕が持てるのがありがたいのだ。

粒の大きさ/粗さ、生米・粉砕しない麦・パン粉などの配合物のバランス、イモと合わせる比率など、まだまだ研究/改良の余地が大あり。

ボイリーなど新しいエサにもチャレンジしたいのだが、まだ、この自分のエサを極めるまでには至っていないので、当分無理だろうな。(笑

今年は水温が低いので、麦もヌカも少々強めに炒ってみた。配合も、水温が低いだろうからイモ1:配合エサ1位にしてみたい処だ。

今回は、クワセの「角イモ」の製造工程を紹介!

イモは甘みの強いキントキが最高なのだが、何せ高いので、安いコウケイなどで我慢する。(数釣りではなく、野生種の大ゴイに絞って狙うときには奮発して金時にすることもある。)

野生ゴイには何と言っても、サツマイモ。それも角切りがいい・・・・らしい(笑

イモヨウカンも試作してみるのが、どうにもうまく行かず、ほとんどが「家人のエサ」になってしまう。(家人の「食い」はすこぶる・良いのだが・・・爆)

1:まずは、イモをラップ。多めのラップで少し大げさな位まで包み込む。

角イモ

本当は、カットしたくないのだが・・・鍋に納まりきらないのでやむなくカット・・・・

2:次に、タコイトでイモをガッチリ巻く。

自作角イモ

すき間は柔らかめの場合は1.5~2cm間隔。固めの場合は5mmから1cm間隔。今回は右半分を柔らかめ、左半分を固めに実験。

3:最後にアルミホイルで包み込む

アルミで包む自作角イモ

これで、準備はOK ! あとは、じっくり煮込むだけ。

今回は水から煮てみる。水から煮だしたほうが芯までムラ無くゆであがるような気がする。このあたり、料理のプロの師匠に教えを乞いたい処だ。

4:鍋に水を張り、水のウチから煮出してしまう。

手鍋で作る角イモ

このままでは、ラップやホイルの間に入った空気で浮いてしまうので・・・・浮くと煮え方にムラが出てしまって良くない。なので、

5:落とし蓋をする

角イモの作り方

手頃な皿で充分。

あとは、沸騰したらとろ火にして、ぐつぐつ2~3時間煮込んであげるだけ!

3時間経過したら、鍋から出し、粗熱を取ったらそのまま冷蔵庫へ入れて一晩!寝かせる。(←コレ、ポイント

うまく行くと、ムラのない、綺麗な角イモが出来上がる!

自家製角イモ!

綺麗にむらなくゆであがった角イモ。これ、最高のクワセエサ!

しかし、気を配らないといけない。つい、油断し家人に発見されてしまうと、即喰われてしまう!実際この半分のイモは、すっかり喰われてしまった。実に甘かったそうだ・・・・このイモは本当に喰いが良いのだ。(笑

実釣の場合、水温によって大きさを変えてあげる。10℃から15℃までは8mmくらい。15℃を越えたら1cm。20℃を越えたら1.2~1.5cmくらいと大きくする。

このエサの良いところは、「日持ちする」事だ。日向に置いておきさえしなければ1ヶ月はもつ。

大型には絶大の威力を持つ、角イモである。是非試してみて下さい!
(そして、効果を教えてもらえると嬉しいです。)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/369

コメント(2)

どうも!
食わせ餌ね・・・!
私もイモを何度か使ったことがありますが、
普通に茹でていたのですが、こんな茹で方があるとは
知りませんでした。
ラップやホイルで包むのはどんな効果があるんでしょうね?
それにタコ糸でしがるのは硬さを調節できるとは
これも初耳でした・・・?
私もテストしてみますよ。

先日安田さん達と鯉釣りをしたのですが、
この日はあえて私は練り餌を使わずイソメとミミズでアタック
したのですが、とっても楽しい釣りになりましたよ。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年5月25日 02:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「前日までの雨で増水!に無念の撤退・・・千歳川/石狩川」です。

次のブログ記事は「2011年シーズン初釣行は空振り!丸ボウズ・・・千歳川、防災センター下」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02