鯉釣りのミチイトに伸びるナイロンは一つの武器でもある!

山豊テグス 王冠Crown印 ナイロン4号

釣り糸メーカーの山豊テグスの漁師さん業務用のナイロン糸。

line20110117.jpg

たまたま、釣り具店で特売のラインを見つけたので即買いでした。。

4000mも巻いてあって3000円しない価格だったのです。。100mあたり何と75円!私のリールには4号だと300m以上巻けるが、め一杯巻いても300円しない。これは心強いのです。

私の竿は腰がしっかりとしているが全体的に胴調子で穂先がとても柔らかいグラスロッド。この腰としなやかな曲がりで、4号の細いラインでも余裕をもって対処できるのです。

糸鳴りを抑え、出来るだけ気配を消し静かに大物を狙うには、やはりミチイトは細ければ細いほど良いのです。

最近の鯉専用竿は、そのベースがイシダイ竿となっています。イシダイ竿はもともとが、10号から12号のミチイトを扱うように設計されているのでその竿にバランスの良いミチイトはやはり8号~10号となるわけで、最近の流行はやや太めのライン/ミチイトとなっているようですね。

4号クラスの糸だと、8号から10号に比べると段違いに抵抗が少ないのです。この場合、かかった鯉にかかるテンションが少なく、まっすぐ掛かりへ走るというより、沖目へ疾走するケースが多くなります。

これ、実はとても重要な事なんです。

以前、私は6号のミチイトを使っていたのですが、このクラスの太さでもテンションを嫌う鯉はハリがかりすると、もの凄い勢いで掛かりへ行こうとします。それが、4号を使い始めてから、「沖目」へ走る事が多くなってきたのです。ドラグをゆるゆるにして、やわらかいナイロンの細イトだと、走りたいだけ走らせてあげる事ができるのです。そして、コンディションのよい新し目のナイロン糸はよく「伸び」てくれます。

このミチイトの「伸び」も私にとってはとても重要なポイントだと考えています。

糸鳴りが少なく、比較的警戒心を解きやすい、さらには根に潜られにくい・・・といういいことずくめのナイロン細イトですが、デメリットもあります。

それは、非常に「巻きグセ」が付きやすいと言うことなのです。

これにはアタマを抱えてしまいます。穂先に巻き付く、エサ換え・投入時に簡単に穂先に絡んでくれたりします。これは夜釣りには致命傷になりかねません。

また、投入後ゆるめにしているとイトよれでミチイトがよれよれになり、アタリが非常に取りにくい事や、場合によってはバレに繋がる事にもなります。

これを防止するには、「常に新し目」の物に巻き替える事しかありません。

なので、私は(価格が安いので)3~5回の釣行でサッサと新しいイトに巻き替えてしまうことにしています。まあ、贅沢と言えば贅沢と言えますね。この安価なラインが無くなってしまっても出来るかどうかは未定ですが。(笑

シーズンに多くて2回。少なければ1回の巻き替えですから、それほどコスト高とも言えないかもしれませんね。

6号以上のミチイトをお使いの皆さんは、アタリの遠いときや、掛かりが近くにあってどうしても潜られてしまうような時は「替えスプールに」5号・4号の細めのラインを用意しておき、試してみて下さい。

使いやすいく、鯉のあしらい易さにびっくりされるはずです。また、掛かりではなく、沖目へ走る点にも驚かされます。

一度お試しあれ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/256

コメント(4)

これはいいラインですね!買ってみようかな。

中井様
コメントありがとうございます!

私も偶然手に入れられたので、いつも手に入るとは限らないみたいですね。

なにせ漁師さんの漁網用・業務用らしいですからねぇ・・・

でも、手に入れば絶対お得だし、なにより他のイトより「伸び」がいいように感じます。

鯉釣りにこの「伸び」は意外に大事なポイントだと私は思っています。


昨日も多摩川に出たのですが、また坊主食らいました~(号泣)

もうこれで4回連続です。福岡筑後川の坊主も入れるともう5回連続・・・

およよ・・・

今「すぐにピュロロロロロとなるライン」と「繊維の糸のようなライン」と使っているのですが、どちらも一長一短ありますよね。名称がわからないので、擬態語オンリーですいません。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年1月18日 00:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アタリの瞬間を見る!鯉が餌を咥える瞬間の水中映像から考える・・・・」です。

次のブログ記事は「シーズンオフはタックル紹介!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02