鯉釣用としては究極のスピニング? ダイワ・リーガル4550BRT(鯉ハンタークラッチ)

ダイワリーガルX-4550BRT

鯉ハンタークラッチ付きリーガル4550BRT

その名も「鯉ハンター・クラッチ」付きの(私にとっては)名機!

私にとっては、「このリールが無くては鯉釣りがそもそも成り立たない」と思える位惚れ込んでいるリールです。
(4000番台なので、やや巻き取りのパワーが少ないのが難点で、もう一番台あがると非常に使いやすいとは思うのですが・・)

本体後方に付いているクラッチ、これを切る(入れる?)とドラグがフリーとなり、ミチイトが鯉のヒキにあわせて出て行ってくれます。

誰もが経験されていることと思いますが、寄せの最中に急に鯉が暴れて、予期せぬ猛烈な引き込みが来ることがありますよね。これが鯉釣りの醍醐味ということでもありますが・・・。その際もスプールにちょっと指をかけて、このクラッチを切ってあげるとその強烈な引き込みを緩和し、再び走るか、その引き込みが止まることが多いのです。

待望のアタリがあり、ドラグが鳴き出します。そのまま竿を取り、走りたいだけ走らせてあげます。千歳川の私が良く行くポイントの場合根掛かりが少ないので、この「走りたいだけ走らせる」のが効果を出すケースが多いです。(近くにカカリが多い場合にはまた別でしょうが・・・)

千歳川では、大体100~150メートル以上走って止まることが多く、そこで一旦大アワセをくれて、巻き取りに入ります。ここで、巻き取りのテンションがかかると、70台以上のクラスになると、もう一走りしたがります。この「もう一走り」の時に、このクラッチが大活躍するわけです。

このクラッチが無い場合フロントにしてもリアにしても、「ドラグを一旦締めて巻き込み、必要に応じてゆるめてあげる」という作業がこの釣法の場合必要になるのです。これは面倒くさいばかりでなく、やり方を間違えると即座にバラシに繋がってしまうわけです。(私の技量がつたないせいもあるのですが・・・・)その点、このクラッチ機構があると、一瞬でドラグをフリーにしてあげることが出来るので、非常にありがたいわけです。

最近の鯉釣り専用リールでもスピニングでは、この「クラッチ機構」を搭載している機種が増えているようですね。

せっかく喰わせた待望のあいてをバラさず、確実に取り込む為には「ドラグ」を上手に利用することがどうしても必要なテクニックになります。


私が購入したのは1995年位だったでしょうか?定価で8800円を確か何割か値引いてもらったので確か6000円前後だったはずです。超高級機でも、格安機でもなくフツーの価格帯でしょうか。

竿でもそうですが、リールも「直接、魚を寄せてくれる訳ではない」ので、最低限の機能があれば安価なもので充分なのです。気に入って、使いこなせればそれで(自分にとっては名機なのです)

糸巻き量は7号170m、6号200m、5号250m・・・です。私は普段4号を巻いているので300m以上はストックされている計算になりますね。

上位機種Z-4550BRT

上位機種にZー4550BRTという機種があります。これは私が普段使っているXー4550BRTと「ボールベアリング」の数が違います。
  X-4550BRT・・・ベアリング2個
  Z-4550BRT・・・ベアリング4個
の違いがあります。(その他、ハンドルがワンタッチ格納とかやや装備が充実していますが、鯉釣りに必要な機能としてはベアリングの数以外は全く同じと言えます)

ただ、このベアリングの数はやはり、「回転の滑らかさ」に強烈に影響します。XとZでは、ハンドルを回したときのスムーズさが驚くほど違ってビックリさせられます。
(最近の機種は6個とか8個とかが主流になり、滑らかさも上々のようです)

現状は発売開始後すでに15年経過している為、パーツはすでにデッドになっており、入手は困難です。私は2年ごとにオーバーホールにだしているのですが、一昨年よりメーカーから「必要なパーツが無い場合はご容赦下さい」と言われております。

できれば、完全にメンテナンスを受けられる新機種に移行した方が良いのでしょうが、手にしっくり馴染んでしまっている為、どうにも浮気ができません。(笑

なので、オークションを利用して同型のモデルがあると買い漁っています。

私の在庫?リーガルX4550Z4550BRT

稼働可能な機種は全部で7台!こうなると、もはや「コレクター」の域かもしれませんね。その位この機種に惚れ込んでしまっているのですね。一台は何と新品未使用を昨年手に入れることが出来ました。

まだ、かろうじてオーバーホールを受け付けてくれているので、将来故障することを考えても実釣は竿3本ですから1~2台壊れたとしても、あと10年以上はこの機種を使い続けて行けそうですね。(笑

良い点ばかりではなく、悪い点もあることはあります。

それは、スプールが小径なので、(私の様に細イトを使う場合には特に)イトよれが激しいという事です。「ツイストバスター」という機構があり、イトよれを極力させない構造・・・とカタログには出ているのですが、有名無実。実釣では、ものの1ヶ月でミチイトによれが出てしまいます。これは結構やっかいで、夜釣りなどの時はサオ先やガイドにからまないように、細心の注意が必要です。

これはスピニングリースの宿命のようなモノです。この点、ベイト型のリールはイトよれしにくく非常に便利と聞いています。また、まっすぐ飛びやすく、水深も測りやすいと聞いてもいます。このあたりがやはりこのリールの弱点ですね。

弱点克服の為に・・・イトよれは回避不能です。実釣にあたっては私は釣行10度(大体2~3ヶ月でしょうか)をメドに新しいモノに巻き直します。これしか対処法が無いのです。シーズンはじめに新しくして、シーズン半ばで一回交換というペースです。

なので、高価なミチイトなんて使ってられません。消耗品と割切って、安価なミチイトを使っています。(ミチイトの項でも紹介するつもりですが、4号4000mで2900円という抜群に安いものがあります)

方向性が安定しにくい、水深が測りにくい・・・スピニング共通の欠点はこれは「慣れ」しかないですね。実釣後に(実釣前は釣り場を荒らすのがイヤなので、ほんの数回の底探りしかやりません)何度もオモリだけ投げて練習しています。





いずれにしても、自分が気に入った(納得した)タイプの機種を徹底的に使い込む事が鯉釣りにはとても重要な事だと私は考えています。

シーズンが終わって、全てのドラグをゆるめて、可動部分に注油されたリール達を眺めていると、早くも来シーズンが待ち遠しいです。

来シーズンは黒色のミチイトをテストしてみようと考えています。ダイワで安価な黒色のナイロン4号が発売され、早速手に入れました。(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/232

コメント(3)

コイハンター!立派なコレクターでしょう。糸よれ対策?難しいですね。わたしは以前PEラインを使っていた事がありますが、PEならよれが気にならないですが、ばらしやすいです。サーフパワーは軟らかいのでどうですかね。ナイロンより細いので流れや風の抵抗が少ないと言う利点も大きいです。

この方もサーフパワー大好きな鯉釣り師です。ホームページ紹介します。
http://www.geocities.jp/go_seven_7/profile3.html#syumipage1 

へら彦師匠

情報ありがとうございます!

GOセブン氏のHPワタシも以前から注目してました。
サーフパワーへの愛着と愛情が伝わってくるページです。

再塗装までやってしまうんですから、ここは圧巻ですよね。

PEライン。

反発力のあるカーボンに比べて、「柔らかすぎる」グラスに合いますかね?
ワタシはイトの強さに竿が負けるのでは?と、今まで使ってませんでした。

竿全体で力を吸収してくれるサーフパワーと、伸びのある(細めの)ナイロンは滅多に来てくれない(笑)大物を掛けた時に絶大の力を発揮してくれそうな気がしています。

まあ、ナイロンは価格が安いので、2~3回の釣行で巻き替えてもいいんですけどね。

わたしの場合は、糸を伸ばさずに、腕を伸ばしましたね(^u^)
でも、この課題はなんとか解決策がありそうな気がします。今後も格闘してください。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2010年12月26日 01:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鯉釣りのリーサルウエポン?ダイワPSサーフパワー!」です。

次のブログ記事は「釣友の戦果速報!多摩川にて中井氏のザリガニでの獲物は75cm!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02