生きエサはザリガニに限る!もしくは、読者・中井様への返信

鯉釣りの究極の喰わせエサ

鯉エサざりがに

このブログの読者の中井さんのコメントに触発されて書く。(笑)中井さんは汽水域でゴカイエサで大ゴイの挑戦しているとの事。

生きエサとえいば、私ならこのザリガニにとどめを刺す。千葉・花見川で鯉釣り入門をしていた頃、(1993年~1994年くらいかな?)M師匠より教わったエサである。

最初はどうしても信じられなかった、「どうしてこんな固いモノが食えるんだ?」、と、である。
しかし、いぶかる私の目の前でM師匠は70代、80代を連発。一晩中アタリが止まらない状態に度肝を抜かれたことを、昨日の事のように覚えている。本当に食うのだ。

私は、1992年に鯉釣りを始めてからの大型の釣果

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1996年  8月   84cm 千葉・花見川(ザリガニ)
2004年11月   84cm  江別・千歳川(干しイモ)・鯉パワー)
2005年  8月   86cm  江別・千歳川(干しイモ・龍王)
2009年 8月   84cm  茨戸・茨戸川(ザリガニ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4本の80越え(何故か84cmが多い)のうち、半分がこのザリガニである。70台は結構上げているか、やはり圧倒的にザリガニが多かった。

鯉は3才60cmを越えるあたりから、喉の奥にある咽頭歯が急に発達してくるらしい。この咽頭歯が発達すると、タニシやザリガニなどの固いエサもばりばり食える用になるらしいのだ。

故に、固い殻ありエサを食う=咽頭歯の発達している70CM以上のサカナ・・・と言うことになるらしいのだ。

zari20101117.JPG

ハサミをちぎり取って、腹からハリを通す。なるべくワタを傷つけないように体側のカラから抜いてあげるようにする。(ハサミを落とすのは、少しでも口に入りやすく、吸い込みやすくしてあげるためだ。イキの良さは当然ハサミ付きの方が良いが、水中で大きくハサミを広げられてしまっては、いかに鯉の口が大きいといえども吸い込みにくいのは明白だろう)

zari20101117-3.JPG

長めのハリス(25cm+)に装着して投入だ!

とにかく、ポイントに鯉がいれば、とんでもなくアタリの早いエサである。しかし、コマセのように香りが拡散するわけではないので、そこに居付きの鯉か、入ってくる鯉を待つ事に成るので、あたりハズレの極端なエサでもある。

まあ、一発大物を狙うには、格好の素材ではある。

使用はやはり夜。

昼でも喰ってくれることは喰ってくれるが、アタリまでの早さや型は明らかに夜に分がある。

調べてみるとザリガニの活動も夜が主体になるらしいのだ。昼間は石の間に隠れていて、夜になるとエサを求めて川の岸辺を徘徊するらしいのだ。当然、それを狙って、鯉も浅場を回遊する・・・・と言うことらしい。

問題は、入手のしづらさ・・・・だろう。

千葉の頃は釣り具店にいくらでも売っていた。鯉用というより、クロダイの喰わせとしてだ。一匹20円から30円。少なくとも2~3時間以上エサもちするので、3本出したとしても9匹もいれば充分。300円でおつりの来る、安くて素晴らしい喰わせエサ・・・だった訳だ。

野生のザリガニ・・・・千葉でも、江別でも探すのは至難の業。時折ペットショップなどで売っていると、10匹ほど購入して、そのまま釣り場へ走る事に成る。

ザリガニの他は、やはりドバミミズ(ミミズのぶっといヤツ)が非常によい生きエサだが、いかんせん「ウグイ」の方が先に来てしまって、どうにもならない。

エゾヤチウグイ・・・

エゾヤチウグイ
(これは支笏湖の湖底で撮影)

コイツの猛攻にあってしまうのだ。群れで来るので、当たり出すと「ウグイ祭り」となる。(笑)ちょっと怖くて使うのをためらってしまうのだが、水温が極端に下がる今の時期は、ウグイの活性も下がって、喰ってきてくれるのは大型の鯉に限られるかもしれない。

(ゴカイは他魚、餌取りには合わないのだろうか・・・?)

う~ん、こんな事を書いていると、また、腕がむずむずしてくる・・・あと、一度・・・かな?せめて10℃を越える気温の日があれば挑戦してみたいが・・・



 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/190

コメント(13)


ハゲていて女性に見向きもされず会社でも干されている私のためにわざわざトピを立ち上げてくれて・・・

うれし涙が出ます・・・(およよ)

ぼくもザリガニは使いたい、と常々思っているのですが、いかんせん、いないんです!多摩川!見たことがない!筑後川!見たことがない!

小学生のころはザルで救えるほどいたのに・・・

一体どこに行ったんだ!

で、ヌシさんはザリガニは現地調達ですか?

東京では1500円ぐらいしますが・・・多摩川の近くのぼくが知っている釣具屋ではそんな値段です。ネットでとりようせようかなあ・・・

中井様
1500円!? 一匹ですか?そんな馬鹿な・・・・(笑

こちらでは、100匹2100円ですよ~。よろしければどうぞ!
エサ・・・・というより「飼育」という感じになってしまうでしょうが!(爆

http://www.miyoshiya3448.com/SHOP/34182.html


多分大きさが違うからでしょうか。

このサイトはいいですね!でも、50匹も要るのかなあ・・・

餌持ちいいンでしょ?


ぼくも小さいときにザリガニ飼ったことがありますが、自己汚染と酸欠にけっこう弱いんですよね。ある程度きれいな水とブクブクは必須だと思います。

来たら使い切るしかないですね。もしくは、来たらさばいて冷凍?


ザリガニ注文しました~

日曜日出陣しまずぞ!

で、9時間以上粘って一匹連れました!


で、一匹ですが、釣れましたよ!

坊主脱却です!

中井さん、コメ放置ごめんなさい!m(__)m

じっくりレスさせてもらおうと思って、返って放置する結果になってしまいました、失礼!

おおおお!やりましたね!!!!!

おめでとうございます!

きっと姿形の良い「野生系」に近い良いコイだったのでは?

ザリガニを喰ってきたポイントはしっかり覚えておいて下さい。
そこはエサ場になっている可能性が非常に高いので、また喰ってきます。

そして、本来ザリガニがエサを求めて活発に活動するのは夜です。
昼ですら喰ってくると言うことはそのポイントは夜であれば、大ゴイが
捕食に回遊してくる可能性もあります。

寒いけど・・・ですね。(爆

こっちはもう、シーズンオフです。
そちらが本当にうらやましい!!!

コメントありがとうございます。

To Mr.Nakai

Great!!!!

I want to see that you caught The Big One!

構文あってますかね?(笑
それにしても、結構デカイザリガニですね。


お元気そうでなによりです。大きさはそう大きくなく、75センチぐらいでしたよ。多摩川は今常連さんでもかなり苦戦していません。大きさ、数ともに伸び悩んでいます。

お写真お送りしますので、私のアドレスまでご連絡ください。

I want to see what you caught. Was it a big one?

がより自然かと。

catch の過去形がきちんとかけている段階で、けっこう評点は高いですよ。覚えている人少ないので。

今週金曜日にも出てみようかな、と思います。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2010年11月18日 01:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マル秘のエサ公開! 私の手作りの鯉エサ、配合レシピ(笑)」です。

次のブログ記事は「野生ゴイの中の野生ゴイ?原野鯉?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02