奇跡の一尾と反省の一礼(後編) 石狩川王子製紙排水樋門

■2010年10月23日(土) 晴れ 

先週の続き

ishikarigawa20101013-2.JPG

陽気なおじさんはフナとウグイを3尾ほど釣り上げると、満ち足りた表情で「じゃ、頑張ってな~、ガハハハ!」と退場。なんか、いい。どちらかといえば、かなり自己チューと言えるおじさんだとは思う。でも、悪気のかけらも感じさせず、ひたすら陽気に「心から釣りを楽しんでいる」という様子。私もああいう、釣り師になりたいと思う。(自己チューは別だが、笑)

久しぶりに、他人と語り合いながら釣りをした。一人より二人、二人より三人・・・・ワイワイやりながらの鯉釣りも楽しい。

私が東京勤務時代、千葉の花見川で毎週竿をだしていた頃、仕掛け、エサ、技術等々、今の私の釣りの基本を教えてくれたM師匠、Oさんとの楽しかった釣行を思い出した。

自分と向き合い、一つのアタリに神経を研ぎ澄ますひたすら「修行」の様な釣りも鯉釣りなら、

気のあった仲間達と他人のアタリに一喜一憂する大騒ぎの釣りも鯉釣りだ。
(こちらは楽しく騒いでしまうと鯉を散らせてしまい、釣果は寂しくなる傾向はあるのだが・・・・笑)

などと、ぼんやり考え事をしながら穂先を眺め続けていると、また人影が現れた。今度は、腰の曲がったご高齢の方。今日は来客の多い日だ。

遠くから、なにやら大声で叫んでいるが、良く聞き取れない。

「★%▲×?*+○☆※■?????」

なにやら殺気だっておられ、親しげに声をかけてくれているという雰囲気ではない。何だ???

「ここで、釣りをするなと何度言えばわかるんだ!」

えっ!釣り禁止?

とにかく興奮してわめき散らすご老人の話を総合すると、この方はウナギ漁の漁師さんで、ここの場所は漁の船の係留場所で、流れに向かって、垂直に3本、水平に1本の係留用ロープが「錨」を基点に沈められているとのこと。(道理で根掛かりが多発するわけだ)

我々釣り人が根掛かりさせてしまったハリ・オモリは、ことごとくそのロープに絡まり残ってしまう。

この漁師がロープをたぐると、ロープに絡まっているハリやオモリで大ケガをしてしまうのだそうだ。特にハリは食い込むと、表面から見えにくくしかも、手にガッチリフッキングしてしまって強烈に痛いのだそうだ・・・・

興奮しながら差し出される両手を拝見すると、沢山の傷跡、すべて釣り人の残した仕掛けによるケガの後だという。とにかく、即刻釣りを止めて欲しいとの激しい口調に押されるように撤収を始めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの釣り場は二度目なので、この漁師さんの「忠告」を聞くのは初めてであり、釣り禁止と言うことも知らなかった。釣り人である以上、禁漁場所、禁漁時期、禁漁の対象魚等のルールを守るのは基本中の基本である。

千歳川で鯉釣りをするにあたり、秋は鮭が遡上して来る。当然内水面では「鮭・鱒」は禁漁だ。なので、釣り全体も禁止かどうか、私は道庁に確認したことがある。(結果、禁漁はあくまで鮭鱒で、フナやコイなどはその対象ではないとお墨付きを頂いた)

この場所が禁漁なのであれば、それは従わなくてはいけない。

「知らぬ事とはいえ、申し訳ありませんでした。」

平謝りに謝り、そそくさと帰り支度。あのケガの後を見せられると言葉もない・・・・。

こちらは、趣味であり、遊びの釣りの場だが、漁師さんは生活がかかる仕事の場。我々釣り人の行為は、畑で言えば素手で作業をする地に釘を巻いてしまうに等しいといえるかもしれない。

帰り際に再度丁寧に詫び、今後この場所では二度と竿を出さない旨告げた。私の態度がよほど「萎れていた」ように見えたのか、老漁師は、

「こっちの場所(排水溝直下)はロープが入っていないので、釣ってもいいんだ」との事。

ishikarigawa20101013-1.JPG

私がよほど方を落として、寂しそうにしていたのだろうか・・・?(笑

とにかく、他人にケガをさせてしまうような場所では釣ってはいけないな。

漁師さんと川に向けて反省の一礼をして釣り場を後にした。

今週は、5条通り樋門にもどって再挑戦である。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/173

コメント(2)

あの!川漁師のおじさんね!
私もよく知っていますよ、私はもう10年以上も前からあのポイントで
遊ばせて貰っていますので、確かに知らずにあのポイントに行ったら
怒られるとおもいます?
それと根がかりがひどいので、諦める釣り人も多いようですよ。
私は王子の排水口で鯉釣りをする時は浮き釣りが多いですよ。
根がかりを防ぐのもあるがヒットしてから潜られない為の対策もあります。
それと、餌のことですが、あそこはどんな餌でも釣れます、
私の今までの経験からすると、ソーセイジ・食パン・みみず・イソメ・
あとは よしかわさんの使っている餌など!
ただ季節によって食いつきのいい餌が多少違うようですが?
それと大雨の後などで水位が高くなっている時は釣れないことが多いような
気がします。
浮き釣りの仕掛けは 浮きを5号くらいで浮き下は5~60cmくらいが
いいようです食パンのときは軽いので針のすぐ上に1号か2号のオモリを
使うが、それ以外の餌は沈むのでオモリは使わない方がいいように思います。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2010年10月23日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奇跡の一尾と反省の一礼(前編) 石狩川王子製紙排水樋門」です。

次のブログ記事は「巨ゴイ日本記録更新!らしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02