盛夏・暑さに負けずに粘るもようやくボウズを免れるのみ・・・千歳川5条通り樋門

■2010年7月25日(日) 晴れ 外気温25度

暑いさなかの釣り、鯉の活性はどうなのだろう・・・?

2010年7月25日釣り日記 千歳川20107月25日釣り日記

■9:58
釣り場到着。一昨日・金曜日の大雨のせいで大増水。水位はほぼ岸際まで迫っている状況。水色も泥濁り。強い北風の影響で川の表層の流れは見事に逆流。

今日も暑い、温度計は25度しか指していないが体感温度は30度を軽く超えている気がする。先週ボウズを喰らってしまった。この釣り場は一度ボウズを喰らうとそれが連発するので怖い。今日は何とか、まず型を見ることが大事だ。

千歳川はヨットの練習場?
(練習中?のヨットが何艘か・・・気持ちよさそう・・・でも)

先週はとにかく底流れが強く、投げた瞬間、ゴミがミチイトにからみ穂先が流されてしまう状況だった。今日はそれも落ち着いている様子。先週の反省を生かして、結構入念に底を探ったが大きなゴミは掛かってこなかった。

水温は20.5℃ほどだったが、相当冷たく感じられる。ヨットレースの大会でもあるのだろうか?何艘かのヨットが練習?している。気持ちよさそうだが、私の釣りには正直言って非常に邪魔である。ポイント付近を通過されるのが怖いな~

■10:50
今日もいつものエサと仕掛け。まずは3番竿、そして2番竿の純でエサを打つ。それぞれ岸から10~15mと非常に近いポイントで、カケアガリの下にエサを置く。

自家製コマセ麦中心 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【コマセ】
ビタバーレ+押し麦(両方とも軽く炒って粉砕)2:煎り糠2+パン粉2cp+スーパー鯉麦2cp(1cpは炒って香りを出した後粉砕)+米1cp+麦茶3p これに蒸かしたサツマイモを加える。配合コマセ:蒸かしイモを3:1の割合。(水温が15℃を下回ればこれを3:2位にする)

【喰わせ】
自家製角イモ(芋をラップし、アルミホイルで包みタコイトで縛った物を2時間ゆでる・・・そのまま冷蔵)

【仕掛け】
コマセ:4本フクロ仕掛け ハリス:ミクロン20lb 10cm,15cm ハリ:フカセ15号 オモリ:ヒシ型25号(誘導長25cm)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■11:52
3番竿が突然弱々しい勢いでドラグを鳴かす。非常に軽い手応えに60台以下を確信。しかし、久しぶりのアタリである、バラすわけにはいかない。クラッチを切り走らせ、巻き、走らせを何度か繰り返し慎重に、丁寧にヤリトリ。十分弱らせ・・・たつもりが、岸際で右に左に結構な抵抗をしめすので、慎重を期し、こちらもタモを持ち水中へ。冷たい水の感触がウエィダーを通して伝わってくる、これは気持ちがいい。(笑)

鯉20107月15日一尾め
(本日1本目・ボウズを免れて良かった!)

タモに収まったのは、予想通り58cmと小型だったが、この水系でたまに現れてくれる黒褐・黄金色に輝く見事な美しい魚体。小ぶりながらなかなかの姿に、しばし見とれる。尾びれが大きく、もう少し育ってくれると良いコイになってくれそう、再会を楽しみにリリース。

■12:02
3番竿打ちかえし。

■13:03
3番竿、投入後きっちり一時間でアタリ!一度だけドラグを鳴らしてくれた後沈黙・・・・・あれ?乗らなかったかな?と巻き上げてみると、魚の気配はある、しかし軽い・・・。ウグイを確信して抜き上げてみると、これが37cmの巨ベラ!ヘラ師であればこれはお祝いサイズであろう。

巨大ヘラブナ
(ヘラも40cm近いとなかなか風格がある!)

しかし、ヘラが寄って来てしまっていると言う事は採餌音でコイも寄せてくれるのだが先に、こうしてヘラが喰って来てしまうことも考えられ痛し痒しだ。

■13:50
2番竿が3時間もアタリなし。このポイントで3時間アタなしは珍しいなとサオ先を見ると、異常にフケてミチイトがたるみきっている。「あれ!?」これは・・・と急いで巻いてみると手応えあり・・・もオモリだけの様な軽さ・・・・これは間違いなくウグイだ・・・。30cmを越えるウグイがついてしまっていた。道理で3時間以上アタリが無いわけだ。サオ先には気をつけていたつもりだったが・・・良いポイントで無駄な時間を何時間も使ってしまう・・・。貴重な時間を無駄にしてしまった自分にかなり凹む。

■14:00
気を取り直して2番竿打ち返し。

■14:06
打ち替えて次のストック餌を作り直そうとしてしゃがんでいたら、背中で打ったばかりの2番竿がいきなりクリック音!今度はもの凄くドラグを逆回転させ走る!暴力的なまでの走りである。 このイトを引きちぎらんばかりの強引な走りは、しかし、中小型の物であることも確信。70cmを越える型モノは逆に最初からはこんなに暴力的には走らない。こちらがアクションを起こすと、それに反応して強烈に走ることはあるが、それまではジワジワ・・・という感じでイトを出してゆく。「まあ、ワタシもアタリ方で型がわかるようになってきたねぇ・・」先ほどまでウグイのアタリを見逃してしまい。良いポイントで時間を浪費してしまった凹みも忘れて、といっぱしの釣り師のような余裕を見せて、竿を見る。

しかし、走ってくれる。スプールには4号のナイロンを300mほど巻いてあるのだが、1/3以上引き出してくれているので100mは走っている勘定になる。それでも走りを止めないので、スプールに指をかけて回りを一度止めてみる。疾走はそこで止まる。ここで一気に攻守ところを替え今度はワタシが攻めに入り巻き込む。それなりの重さを感じさせながらも頭をこちらに向け大人しく寄ってくる。これは間違いなく中小型。手前に来てから3番竿のミチイトとかぶってしまい、3番竿のドラグが鳴いてしまう・・・ああ・・・3番のポイントをずらしてしまった・・・・これは残念だが致し方なかろう、打ち替えだ。3番竿のラインごとタモに収まったのは64cmのこの水系ではアベレージサイズ。

あの暴力的なまでの走りからすると意外なサイズだが、ヤリトリのパターンからは予想できた事。

鯉2010年7月25日二本目
(64cmとこのポイントではアベレージサイズ)

右側のクチにガッチリフッキングしてくれていた。と言うことはポイント左側から入ってきていることになり、石狩川の合流点から上流へ上ってくる最中に喰って来ていると言うことになる。

それにしても、1本目はジャスト上げ3分、2本目もほぼ上げ7分の時間帯で喰って来てくれていることから「潮回り」は重要なファクターであることを今更ながら感じる。次回はあらかじめ潮回りを読んで釣行する必要があるな。

■15:02
納竿予定の16:00なので、最後の1時間に期待して1番竿を打ち返す。4時間半入れっぱなしのラインには藻屑・草くずのゴミが盛大にくっついて帰ってきた。これは底荒れの兆候。

■16:25
アタリがすっかり遠くなってしまった。それにしても、暑い!あと1尾追加したくて、予定を1時間延ばし17:30まで粘ることを決意。

■17:30
結局追加のアタリは全くもらえなかった。しかし、2尾の釣果に恵まれて、まあ充実した釣りではあった。満足の納竿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今回の反省、次回へのメモ】
11:00~14:00までの、このポイントでのゴールデンタイムにアタリに気づかず、仕掛けにウグイをかけっぱなしにしてしまった。これはマズかった。糸ふけには、気づいていただけに悔やまれる。ミチイトのたるませすぎも、アタリに気づけないケースがあることを念頭に置いておかなくてはいけない。

潮回りぴったりにアタリをもらえた。これは今年のデータをイマイチと整理して、アタリと潮回りを関連づけておいた方が良さそうだ。

ゴミが仕掛けに絡み始める・・・つまり底荒れが始まると・・・アタリが急に遠くなる。表層の流れだけではわかりにくいので、注意が必要。ゴミの量に応じて、打ち替えの時間を早める必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ぶろぐポータルトップページへ
■鯉にコイするトップページへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/102

コメント(3)

こんにちは、はじめまして、
安田さんのブログで拝見してお邪魔にきました。

私も時々千歳川に行きますよ、
今日は(9/7)「泉の沼樋門」で3匹あがりましたよ。

気が向いたら↓↓にどうぞ!
  http://ameblo.jp/kita-kobusi/

どうも!
返事をありがとうございます。
私のブログを見ていただくとお分かりのように
商売を営んでいる為に私が釣りに行くのはいつも
火曜日だけなんですよ!
都合が合う時は連絡を戴けたら幸いです。

それと千歳川に行く時は、今はよしかわさんのポイントより下流で
楽しんでいます。

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

最近のコメント

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2010年7月25日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全く釣れる気配なし! 千歳川5条通り樋門」です。

次のブログ記事は「1ヶ月ぶりに訪れた千歳川は今日もぱっとしなかった・・・(千歳川5条通り樋門)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02