全く釣れる気配なし! 千歳川5条通り樋門

■2010年7月17日 晴れ 外気温35.3度!(直射日光下) 28度(日陰)

今日は丸ボウズ!いつもの私に逆戻り?

2010_7_17kiroku.jpg 20100717kiroku2.jpg

今日の千歳川は大減水!岸辺の水位はほぼゼロ。つまりいつもより、5-60cmくらい低いと言うこと。この減水が結果にどう関係するのか?

水色はやや泥濁り。流れは上から下への非常に強い水流。風も東風ということで、水流を後押ししている感じ。

今日は1番竿で、シジミを試してみる。一昨年,対岸で試しに使ってみて、大型のアタリがあり、根に潜られてしまった経験がある。期待は大!

シジミエサ

仕掛け:4本フクロ仕掛け 1本バリ(フカセ15号 ミクロン20ポンド)
ハリス:15cm
コマセ:マルキュータニシ吸い込み+シジミ数粒
クワセ:シジミ丸付け

※シジミを模型様のピンバイス(キリでもOK)で穴をあけ、その穴にハリをくぐらせる。極小浮きゴムでエサを固定。

2番竿、3番竿はいつものコマセ。前回と全く同じ配合の自作エサ。

鯉用配合エサ_自家製

仕掛け:4本フクロ仕掛け 1本バリ(フカセ15号 ミクロン20ポンド)
ハリス:15cm
コマセ:自家製配合エサ
クワセ:自家製角イモ

(9:20)
釣り場到着。今日も思い切り寝坊・・・あと1時間は早く来ないと朝マズメのゴールデンタイムに間に合わない・・・流れが非常に速くキツイので、1番竿の20号のオモリ(上州屋の改造菱形オモリ)では軽くて流されてしまうかもしれない。

(10:03)
3番竿、2番竿を、まずはいつも(↑)のコンビネーションで投入。

(11:00)
1番竿にタニシ吸い込み+シジミをつけて投入。

(12:37)
今日は全く、見事にアタリがない。序盤はコマセ打ちを兼ねて、早めのエサ換えと思い上げてみると大量の草ゴミが絡んでくる。

P1000060.JPG

これでは、ちょっと釣りにならない・・・・昨日来の雨で、かなり底荒れがしているようだ。今日に限って、寝坊してしまって事や、いつも入っているポイントということもあり、今日は底探りを全く行っていなかった・・・

今日は大物は望み薄かもしれない。とりあえず、こまめなエサ換えでまず型を見ることに専念しなくては。

3番・2番竿を打ち替えると、投入したとたんにドラグがカチカチ・カチカチと小刻みにクリックする・・・・投入直後からゴミがミチイトに絡まってしまうようだ・・。ポイントが安定しないこともさることながら、この底の状況ではクワセを拾ってくれない可能性が大だ・・・

(13:42)
送り出しても、送り出しても、ミチイトのふけがすぐにとれてしまい、サオ先がガッチリお辞儀してしまう・・・。オモリが軽いかもしれないと、1番竿を20号のおもりから30号へチェンジ。しかし、投入後また、ミチイトはピンと張ってしまい。元の黙阿弥。

上げてみると大量の草ゴミ・・・・・今日はダメだ。

(16:00)
3本とも全くアタリの気配すらなく、サオ先はグッとお辞儀しっぱなしの状態。釣りにならず、失意の納竿。ますい。この水系は、ボウズを喰らうとそれが続く傾向がある。2004年にはこの場所で、なんと6連続ボウズを喰らってしまっている。次回もボウズを喰らうようだと、まったくいつもの「釣れない私」に戻ってしまう!(笑)

■今日の反省・次回へのメモ

とにかく正流の流れが強く、投入直後から藻屑・草ゴミがミチイトにからみ釣りにならない。こうしたロケーションの場合、大ワンドなど、水流の影響を受け肉ポイントをストックしておく必要がある。

タニシ吸い込み+シジミの効果は今日は全く不明。

次回、がんばろう!!!

■ぶろぐポータルトップページへ
■鯉にコイするトップページへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする

にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村Yuichi Yoshikawa

バナーを作成?

リンク集

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2010年7月17日 22:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再び爆釣!乗っ込み後の荒食いはまだ継続?千歳川5条通り樋門」です。

次のブログ記事は「盛夏・暑さに負けずに粘るもようやくボウズを免れるのみ・・・千歳川5条通り樋門」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02