上品なブイヨンの味わいは健在!カレー食堂心(こころ)札幌市北区北15西4

スープカレー食堂 心(こころ)
札幌市北区北15条西4-2-23
011-758-8758

kokoro20190715

◆札幌スープカレー店の中でも老舗中の老舗

 

私がスープカレーを初めて食したのが1998年の5月です。美味しさに目覚めて、本格的に食べ歩きを始めたのが2000年です。かれこれ20年近く食べ歩きをしているわけです。ここは、そのころから「人気店」として存在がきらめいていたお店です。

いつの間にか店舗裏が駐車場になり、「裏口」が出来ていました。

kokoro20190715-6

裏口をくぐると・・・

kokoro20190715-5

洒落たストアプレートがお出迎えし、

kokoro20190715-4

狭い通路をくぐり「魅惑のスパイスの世界」へ招かれるというわけです。

「魅惑のスパイスの世界」はこんな感じ・・・

kokoro20190715-15kokoro20190715-16

フロアリングの床に座布団を敷いてすわります。
(なかなかに座りにくい・・・笑)

kokoro20190715-13

ここを訪れるのは、何年ぶりでしょうか・・・?ほとんど記憶にないくらいですね・・・

納豆カレーがありました!

「納豆巡礼の旅」を行っている私は、さっそくオーダー。

kokoro20190715-2

納豆とオクラのスープカレー(950円)
辛さ10番(無料上限)
ライスL(350g無料)

焦がしバジルがたっぷりと浮いたすーぷは、濃厚なコクとフレンチを彷彿させるとても上品な洋食の風味。

お~これこれ。

いちど食べたら忘れられない上品な味わい。

ブイヨンの旨味、香味野菜の香りと甘さ、和風ダシの旨味・・・それらが混然一体となり、一口目で独特の世界へ誘ってくれる、そんな不思議なスープです。

そして、それに強い納豆の旨味が加わるわけで。

この一皿は「うまみのカタマリ」と化すわけなのです。

kokoro20190715-8kokoro20190715-9
kookro20190715-12kokoro20190715-11

野菜たちは、どれも丁寧に調理されて、美味しさを引き出されているのですが、そのなかでも、とりわけ・・・・

じゃがいも

これは秀逸。他では食べられない、食べたことのない食感と味です。

この店でしか食べられない品種との事。粘りのある甘いジャガイモは、食べる人に至福の時間を与えてくれます。

 

ライスも、もっちりと粘りのある水分を多く含む高級米。

これは非常においしいコメですね。

kokoro20190715-3

切り海苔のアクセントがこの店の特徴です。

2017年のミシュランにて、プレート(調査員おすすめ店)として紹介されたとのこと。

ランチタイムや土日はいまだに行列ができる人気店。

kokoro20190715-7

次回は、チキンベジタブルを最食してみようとも思います。

ごちそうさまでした!

スープカレー食堂 心(こころ)
札幌市北区北15条西4-2-23
011-758-8758

11:30~22:00
無休

 

 

◆その他のスープカレー店のガイド⇒http://www.yo4.jp/curry/
◆スープカレーindex⇒http://www.yo4.jp/curry/index/
◆私が作成のスープカレーMap(→)MAP

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1407

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村 食べログ グルメブログランキング Yuichi Yoshikawa

バナーを作成

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2019年7月18日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「味はまずまず・・・なんだけど・・・chutta!江別店 江別市」です。

次のブログ記事は「旨味の競合の無い、高い技術に裏付けられたスープの美味しさ カイエン・オルタナ(札幌市白石区菊水元町4)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ