わかりにくい場所にある店を探しあてて、ようやくたどり着けた味は・・・? 奥芝商店・標茶基地(北海道川上郡標茶町桜11-8)

◆奥芝商店 標茶基地

北海道川上郡標茶町桜11-8
015-485-2780

ザ野菜

奥芝商店 標茶基地スープカレー / 標茶駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

◆文字通りの(秘密)基地?でカレーを味わう

出張先で地元の営業に連れて行ってもらったのだが、場所がわからない・・・・

ナビを使って探すのだが、ナビが指す場所に店が無いのだ・・・

一般の住宅・・・の店舗

普通の、ごく普通の民家、一軒家にちっちゃい看板・・・こりゃ、わからないよ!よく見ていないと見落としてしまうこと必至である。まさに(秘密)基地というネーミングはピッタリか・・・?

もともと奥芝商店は、既存の民家をリフォームして店舗にするケースが多いのだが、旭川の店舗もかなりわかりにくいが、ここの店のようなわかりにくさは無かった。

メニュー表

奥芝の掟:①スープ/を選び、②メインの具を選び、③無料のトッピングを一品選ぶ、④ライスの量を選んだら、⑤辛さを選ぶ・・・奥芝のオーダースタイルである。

ワタシは、「標茶店オリジナル・カキスープ」をチョイス。(今では、チョイス出来る店舗が広がったという噂もある・・・)

う~ん、せっかく「カキ」のスープなのだが、具材に「カキ」が無い・・・それどころか相性が良さそうなシーフード系の具材が無い・・・これはチト残念。肉系の具材では旨みが競合して、スープの持ち味を消してしまうかもしれないと考えて、シンプルに「野菜」をチョイス。

トッピングは山芋。そして、ライスは中盛り、辛さは無料上限の5番。(ここからピッキーヌが入る)

ザ野菜(カキスープ)

濃いめのブラウンのスープはサラリ系で、各種のダシの旨みタップリで非常においしい。おそらくは、骨系と、じっくり煮込まれた野菜系など多種多様のスープが合わせられているのだろうが、旨みの競合がおこらず、すっきりとした味わいに仕上がっているのは流石である。

ベースのスープの旨みに、カキのダシがうまく融合されているが、ちょっとカキの旨みが出過ぎかな?

ここは、シンプルなスープに、チキンという組み合わせがベストなのかもしれない。

野菜達のオーダーは、なす、ニンジン、じゃがいも、ピーマン、カボチャ、キャベツ、水菜という定番の面々に、ゴボウやカブ・・・が加えられていて、トッピングした山芋も加えると、実に10種類以上の多種多彩の野菜である。

なす、ピーマン、かぼちゃ・・・それぞれの野菜がとにかく新鮮で香り高いのが印象的だ。

辛さは、5番では私にはちょっと物足りない。ピッキーヌの爽やかな香りと、すっきりとシャープな辛さがいまひとつ前に出てこないというか、旨みに隠れてしまう印象。

もう少し辛くすると、もっとおいしくなるだろう。

ご飯大盛り

ご飯は、奥芝名物「茶碗盛り」。個性的で面白さをねらっているのだろうが、ちと食べにくいのは否めない。やっぱり、カレーだし、「皿」で盛られた方が食べやすくはあるな。(笑

民家風の店内

店内は、カレー店とはとても思えない、ごく普通の民家の一室にテーブルとイスを配置した、そのまんま。

余りにも居心地が良すぎて、お客が喫茶店的に落ち着いてしまい、長時間の居座り→回転率悪化・・・という減少が(札幌やその他の店舗では)起きているらしいが、ここでは、比較的空いている。

味は一級品、店内も落ち着く、ただ、非常にわかりにくいロケーションさだけが、ちょっと難という、良い店である。

道東に行った際には、是非、訪れたい銘店。

おいしかった、ごちそうさま

◆奥芝商店 標茶基地

北海道川上郡標茶町桜11-8

015-485-2780

11:00~15:00

定休日 月曜日


より大きな地図で 奥芝商店 標茶基地 を表示

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/947

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02
Yuichi Yoshikawa

バナーを作成

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2013年11月18日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「釧路のインドカレーはこれでキマリ! B&Tカリーカフェ(釧路市愛国西1-37-17)」です。

次のブログ記事は「手の込んだスープには野菜の甘みが良く合う スープカレー SAI(さい)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ