オープンしたての小樽の新店は、こっさり系?celan(ケラン) 小樽市

小樽天狗山カレー&カフェ celan(ケラン)

小樽市最上2-16-21

0134-26-6955

ほろほろチキンと野菜のカレー

Celanスープカレー / 小樽駅南小樽駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

◆今年6月にオープンしたばかりの小樽のNewFace!

 

小樽で仕事をした。私のカレー好きも社内で有名になってきたらしく、現地の営業マンが「吉川さん、カレーにしますか?」との誘いをくれたので、一も二もなく連れてきてもらった。

地元民に人気の「小樽天狗山スキー場」のすぐ麓にある、ロッジ風のお店。かつては、スキースクールの山荘事務所だったらしい?

今年の6月にオープンしたばかり、まだ、新装2ヶ月の店自体ができたて、ほやほや状態である。


ぬくもりを感じさせる店内

入り口に、食材キープ用の超ド級の冷蔵庫があり、そこからの「放熱」がもの凄い!まるで、低温サウナのようだ・・・(笑

店内は、こぎれいなカフェ風で、なんとなく落ち着ける。夜になると大きな窓から、小樽の夜景がトッピングされるとのこと。


◆コッテリ、あっさり、さっぱり、濃厚・・・・なスープ?

たっぷりのスープ
(ほろほろチキンと野菜のカレー スパイシースープ 辛さ6番(+50円))

初めての店では、定番の「チキン野菜」を試す。

・ほろほろチキンと野菜のカレー

スープが2種類あり、トマトベースと、ノーマルスパイシーベース。

初めてなので、オーソドックスにノーマルをチョイス。辛さは無料上限5番にしようと思ったが、6番からピッキーヌが入ると言うことで、迷わず6番にしてみた。

相方の営業マンは果敢に8番にトライ。

ややとろみのあるスープは、濃いブラウンで、バジルが浮いていて非常に良いスパイスの香りがする。

さっぱりした飲み口に、コッテリ感もあり・・・う~ん、こっさり系か?(笑

トンコツと、鶏ガラ・・・骨系のベースだがコクと深みがあり、なかなかの味わい。かすかな清涼感のあるスパイスは、これはカルダモンだろうか・・・トンコツと鶏ガラがハッキリと識別できるほど際だっている・・・ということは、逆に言うとそれぞれが独立して自分を主張している・・・と言うことで、まだ「なじみ」が来ていないと言うことにもなるのだろうか・・・?

このベーススープなら、ルータイプも、たまらなく美味しいだろうな・・・と思う。ここは、むしろルータイプの方が激うまかもしれない。

チキンは適度な柔らかさで、軽く揚げられており、味もしっかり染みこんでいる。うまい。

野菜達がまた、種類が多くて楽しめる。

キャベツ、ニンジン、シメジ、なす、豆、ヤングコーン、オクラ、水菜、じゃがいも、ブロッコリー・・・・10種類もある!

それぞれは、ちょっと小ぶりで、もう少しボリュームがあると最高なのだが、何せ調理が非常に丁寧で、それぞれの本来の味わいがじっくりと引き出されている感じがする。

野菜達の味は特筆モノである。

さっぱりとした固めの白米 

ライスは、無料上限250g

やや固めにサッパリと炊かれており、力強いスープに負けずに、良く合う。

全体的に、チキンも小さめ、野菜も少なめ、ライスも少なめ・・・と、ボリューム感はやや乏しい。

しかし、それぞれが、とにかく丁寧に調理されており、おいしさを引き出されているのは、素人の私にも容易にわかる。

今度はルータイプに挑戦してみたい。

ごちそうさま!

 

◆celan(ケラン)

小樽市最上2-16-21

0134-26-6955

11:00~14:00 ランチ
14:00~18:00 カフェ
18:00~21:00 ディナー

月曜定休」

 

 


より大きな地図で スープカレー ケラン を表示

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/708

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02
Yuichi Yoshikawa

バナーを作成

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2012年8月 3日 03:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とってもスタンダードな味わいの中にオリジナリティが光るスープ スープカレーバー悟空(札幌市中央区南8西15)」です。

次のブログ記事は「スタンダードJazzに乗ってスパイスを楽しめる一皿 Maple Leaf(札幌市中央区南9西10)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ