札幌スープカレーのスタンダード!丁寧な接客とバジルの香り高い一皿を堪能・らっきょ(札幌市西区琴似1-7)

■らっきょ
札幌市西区琴似1条7丁目7-7カピテーヌ琴似
011-642-6903

札幌らっきょ
らっきょスープカレー / 琴似駅(JR)琴似駅(札幌市営)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

札幌スープカレースタンダード。スープカレー草分け的存在の老舗。

乱暴に、ごく大雑把に分類すると、スープカレーは「あっさり・サラサラ系」と「こってり系」に分けられるとよく表現される。

あっさり系の代表格が、アジャンタ村上カレーサボイポルコ(私の好きな店を並べただけか?・笑)などだとすると、
こってり系の代表格が、棗や ・yellowや、ここ、らっきょと言われている。
(こってり系を私はやや苦手としているので、あまり思い浮かばなかったりする。)

■季節の野菜スープカレー 時価!(今日は1000円であった) 辛さ5番

らっきょ_季節の野菜カレー

アツアツで運ばれてくるスープ。器もしっかり温められていて好感。

ややトロミのあるスープはバジルが香り高く、鶏ガラ・豚骨がよく効いている。非常にマイルドに感じられるのは多分、牛骨のダシをうまく使っているからではないかと思う。でしゃばらないトマトの酸味が良いアクセントになって、非常に飲みやすいスープだ。

辛さ5番は、私には余り辛さを感じない程度だった。次回はもう少し上げてみようと思う。

タップリと盛られたキャベツはシャッキリしていて美味。ニンジンはトロリと甘い。そのほか、なす、赤パプリカ、ブロッコリ、カットされた玉ねぎ、などが顔を出してくれる。

らっきょ_じゃがいも

そして、このじゃがいもが秀逸!香りも、甘さもたっぷりで非常においしかった!

ただ、カボチャが「ほとんど生」と思われる位固くて、噛みきれないほどであった。また、ゆで玉子も冷たかった。これはちょっと頂けない・・・・

らっきょ_ライス

ライスは玄米と白米のブレンド。しっかりとした甘みが感じられ、力強いスープの味わいとバランスがとても良い。ライスとスープを一緒に口に運ぶと、トマトの酸味がスーッと際だってくる。

カボチャとゆで玉子が少々残念だったが、全体としては非常に丁寧に調理された気持ちがストレートに伝わってくる一皿。

接客がとても気持ちよく、「もてなし」の心が伝わってくるものであった。この接客は、多分市内スープカレー店の中でも屈指のものだろう。素晴らしい。
ただ、ラッシーの押し売りには負けてしまった。

余りにも一生懸命「今日はラッシーがおすすめなので、是非どうぞ!」とセールスされるので、つい、根負けしてオーダーしてしまったのだが、私はヨーグルトが苦手だったりする。つまり、ラッシーが嫌いなのだ。(笑

らっきょ_ラッシー

熱心なおすすめて、つい、オーダーしてしまったが、これがおいしかったのかどうかは・・・私にはわからない。ごめん。m(_ _)m

次回はチキンを試してみようと思う。

ごちそうさま!!!

■らっきょ
札幌市西区琴似1条7丁目7-7カピテーヌ琴似
011-642-6903
営業時間 11:30~15:00 17:00~22:00 (土日祝は通し営業)
定休日 第三水曜日


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yo4.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/349

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村 食べログ グルメブログランキング Yuichi Yoshikawa

バナーを作成

このブログ記事について

このページは、よしかわゆういちが2011年4月30日 04:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「産地偽装疑惑に、義援金横領疑惑と・・・何かと話題のサムライに行ってみた。スープカリーサムライ西野店」です。

次のブログ記事は「シンプルだけれども、旨みタップリで惹きつけられる一皿 村上カレー プルプル 札幌市中央区南2西9」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ