法令遵守でわが社は滅びるか?(笑)

Posted at 07/07/23 Comment(0)» Trackback(0)»

■2007年7月23日(月)札幌は晴れ!

コンプライアンスがやって来た!

先週金曜日は、午後から「法令遵守・コンプライアンス研修」だった。

管理職、SE職、営業リーダの面々が
13:00?17:00まで延々と講義を拝聴させられた。

講義を受講しながら、私は桃知さん言われていたことを思い出していた。

私はパトリを擁護する。そしてそれが機能する社会や組織を中景とか種と呼ぶのだが、中景(種)が機能している社会や組織には法令遵守はいらない。なぜなら中景(種)が機能している社会ではコンプライアンスが機能しているからだ。


■中景が機能していない社会

情報セキュリティ部、法務部、事務部の各講師のレクチャの中で最も印象深かったのは
事務部・契約書作成部門の方の講義であった。

契約書を作成する時に肝要な事は、一にも二にも「自社が不利益を蒙らない」と、言う事
なのだそうだ。頻繁に出てくる言葉が、「有利、不利」または、「勝ち、負け」・・・である。
そこには、「勝ち」と「負け」、つまり、「白」と「黒」の二者択一、二項対立しかないのだ。

しかし市場原理が中景(パトリ)を破壊するとともに、守るべき掟とその監視装置(社会統合の装置)がなくなることで、機能等価的に法令を外部装置として準備し、法令遵守を言わなくてはならなくなってしまている――その社会的コストは非常に高いのにだ。


市場原理が中景(パトリ)を壊してくれてしまったがゆえに、私達はその代替装置としての法令
(ここでは、「契約書」か?)に多大なるコストを支払わなくてはならなくなった。たった一通の
契約書を作成するのに、物凄い労力がかかってしまっているのだ。

郷原先生は、その著書や講演の中で、「法令の背後にある社会的要請」をきちんと把握し、
その「意とするところを汲め」と指摘されている。つまりは、単純に「法令に合っているかどうか?」
より先に、なぜその法が存在しているか?生まれてきたのか?ということを「考える」と言う作業
を実践せよということだと私は感じている。

形式的(郷原先生は言い訳的と絶妙の表現をされていたが)法令遵守は、私達を見事な
思考停止に導いてしまうのだ。

受講者のほとんどが「眠くて仕方のない研修だった」と口をそろえていたが、私は眠くなる
どころの騒ぎではなかった・・・・

思考停止の罠・・・・法令遵守でわが社は滅びるか・・?はのど元に突きつけられた匕首にも
匹敵するのではなかろうかとすらおもえてしまったのである。

この項続く・・・・(と、思う)

"法令遵守でわが社は滅びるか?(笑)"へのトラックバック

トラックバック先URL

"法令遵守でわが社は滅びるか?(笑)"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック
にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門